Post image

おもてなしは聴器(きき)上手

"おもてなし"に不可欠な「キ・ク」ツールお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「話し上手は、聞き上手」と古より言われています。お客様や大切な人を、おもてなしする際にいつでも心掛けたいのは「おもてなし上手は聴器(キキ)上手」ではないかと考えています。「聴器」などと言う熟語は存在しませんが、敢えて当て字の「聴器」にした理由は、「聴」と言う文字を、大切な方、或はお客様の声を耳と悳とで構成されていると解釈し、直き心...

Post image

「思いやり」の心と活動を知る-3.

2.「思いやり」に大切なこと、続きお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用ト)真の思いやりは、何人何事にも見返りの求めない心。本当の思いやりや愛はいつも無欲・奉仕の精神が大切です。人は他人に何らかの見返りを望み求めた時点で、多くは駆け引きになってしまいます。我々凡人は、人に何かをしたり、あげたりしたら、多かれ少なかれ何らかの見返りを心の隅で求めているのではないかと思います。もし、何も返って来なかったら、その人を...

Post image

「思いやり」の心と活動を知る-2.

2.「思いやり」に大切なことお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用さて、「思いやり」に大切なこと、って一体何でしょうか?こ.の大切なことの幾つかの要素を取り上げてみます。イ) 総てに感謝する意識を心に刻むこうして出会えた御縁に感謝、相手と過ごせる時間を得られることに感謝、気持ちを支え合えることに感謝、楽しく素敵なひと時を持てることに感謝、と言った様々なことに対する感謝の心とその表現を忘れない。感謝の反対語「当たり...

Post image

「思いやり」の心と活動を知る-1.

1.心を遣わす「思いやり」の知識と表現お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用思いやりは、心から出る行動の一つで、その表現法や大きさは人様々です。日常や社会生活の潤いのある人間関係に他人への「思いやり」は欠かせません。でも、その「思いやり」の気持ち自体の語彙さえ知らずにいる人、具体的にどんな気持ちを言うのかを知らず理解もしていない人、そして、実際に思いやりの心を言行や態度に表せる人になるのは中々難しいものです。そ...

Post image

対人関係構築の心身の活動

「気遣い」と「心遣い」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「気遣い」は、相手へあれこれと気(神経)を使うことです。この「気遣い」はある程度定められたルールが記載されたマニュアルに沿ったものであり、サービス業などで対人関係として教わり習う、最低限の対人関係上のルール(マナー)です。「気遣い」の意味は、基本的に 相手に必要とされる言行をすること。 →(ルール・マナー)例を挙げると、温かい「気遣い」と言う表現は適しま...

Post image

優しさの自己診断

優しい心と言行の自己診断 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【評価】自信あり=◎、有る=〇、無い=✖、判らない=?1.自分の事は二の次に考えて行動出来る2.自分のしたことに見返りを求め、望まない3.自己犠牲の精神で言動する(奉仕の心で行動する)4.感情(欲)のコントロールが出来る 5.相手の話すことを本気で、真剣に聴ける 6.相手の気付かない処で活動出来る7.人がミス(誤り)を、先々を考え親身になって考えられる8.愛他利他の...

Post image

神対応

神対応と神応対お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用最近、心豊かな人達の「〇〇〇の神対応・・・」と言う言葉を耳にします。この「神対応」は、相対する人を思いやる心から自然に生まれ出る言行と考えます。この語は、独りの人が多くの人に対する場合を言い表します。主となる人が相対する人(個人・特定複数)への場合「神応対」と言い表すと考えます。これは、下記した応対と対応の語彙に因るからです。 ■「対応」一人称と「応対」二...

Post image

人生を豊かにするために

「心」を変え育み、人生に活かすお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  現在まで数多くの店舗や会社などで、もてなし、接客を始めとし、社是・ビジョン、企業理念、テーマ、コンセプト、給与規定類営業指針や管理指導テキストなどを作ったり、実施するためのサポートアドバイスをしたり、講座などで色々な話をして参りました。その中での企業や店舗指導活動に伴い、行ったことの一つに、職場の意識改革や心を育む活動があります。ま...

Post image

街は人が創る

街造りは、人創りからお薦め度【★★★★☆】全業種・業態用人々の生活は、会社や組織を中心に考える塊(集団)の生活から、個々人の生活を柱に考え行動する、即ち【個】の時代へと変化しています。個々人重視の日々の社会生活に於いては、当然ながら人と人との繋がりは欠かせません。この繋がりの大切さが人々の心に広まりだしのは、平成七年一月に起こった阪神大震災後からではないでしょうか。この被災されたた神戸の人たちが、口を揃...

Post image

「自信」は心の礎

自信を持つために!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用自信を生みだすプロセス自分自身が自信を持つことは他者や会社から認められることも必要とされますが、それよりも、自らの心の中に生まれるようにすることであると考えます。その自らの心に自信を深めるための第一歩は、貴方自身の心構え(≒意識・概念)、即ち、表に現れない内面的な心(意識)の要素に頼ることから始めることです。自信の意識を成長させるためには、「自分は自信を...

Post image

思いやりがある人とない人

自分は、人を思いやれるか?を知る(自心と向き合う)お薦め度【★★★★★】全業種、業態用思いやりがある人とは、その語彙は広義であり結構な数ありますが思いやりがない人の特徴からの方がやや少なく狭義ではないかと考えます。即ち、思いやりがないと言われる人の特徴と真逆な人が思いやりのある人です。以下の項目は、読まれるそれぞれの個性に合った人付き合いや生き様に活用出来ます。【思いやりがない人】は※自分を見つめ直すため...

Post image

お店やホテルでのおもてなし

一体何を以って「もてなす」のですか?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇〇の「おもてなし」〇〇で「おもてなし」「おもてなし」の○○・・・などと言ったキャッチコピーを様々な処で観る機会が多くなりました。同時に、それは具体性に欠ける抽象的な表現方法が多いのではないでしょうか?例えば、一般的な専門飲食店やシティホテルの場合、メニューやお部屋(商品)、個性的な店の内装と共に顧客へのお世話や配慮に心を尽くした提供する側の「...

Post image

自らを愛し信じる力!

自己認識力を育むお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人は誰でも、自分を心から愛し、その自分を信じ大切にして生きています。そのために、自らの心、自分の力を信じて生きて行きたいと考えながら生活しているのではないかと思われます。しかし、今の日本の社会や日常生活では、その意識過剰のためからか、自分だけの安心安全や身勝手な保身の言行態度が多く見受けられます。私達は、自らの日々の生活姿勢を振返ると共に、自らの心や...

Post image

#思いやり ってどんなこと?

拡散しましょう「思いやり(遣り)」の心 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「思いやり」は、人として純粋に親切で温かな心から生まれでる行動「心の活動」のひとつだと捉えます。人は相手への思いの大小やその表現の仕方は、思う人、思われる人によって様々です。そしてこの「思いやり」は、相手への想いから自然に自心に生まれ、多様な人間関係の中で相手があって始めて成立する人の心の概念です。仕事、社会生活や様々な人との触れ合いの...

Post image

輝く個性を自信とする

自分の良さ、魅力を見付け出す(見留める)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用此処に挙げた項目は、今迄の人との触れ合い、人生体験や学びから記しました。素敵な人との繋がり、愛され信頼されるためには、先ず愛する自分と向き合い、理解し、受入れそれを自信とすることです。●印をいつも心に意識しておくことも自信を持つために役立ちます。下の項目から、先ず有る=〇印、その中から大いにある=●印にする。【自心の項目】-抜粋1.[ ...

Post image

対人分析力(≒人間力)

人間分析に必要な能力(スキル)-抜粋お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用個性的で魅力あふれる人間力を発揮するために必要な能力は、夫々の持つ個性的な感性と豊かな分析力です。それを備えてないで人と触れ合うと自他の心が傷付く結果になります。最近女性の活躍が目立つのは女性ならではの感性に次のような分析力が備わってきているからだと考えられます。この分析力を正しく使うために相手に対して「感情の剣は見せても、決して刃...

Post image

現代社会で見直したい「理性」

理性の認識お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今社会で多発している、いじめ、ハラスメント、自殺、犯罪などと言ったことは自分と向き合うことに背を向け、「理性」を失うことが原因(起因)の一つであると考えられます。そしてこの「理性」は、自心に人として生きる道を正すこととも考えられます。理性は、辞書に載っている1.道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的に思考する能力。2.善悪・真偽などを正当に判断し、道徳...

Post image

人間力「躾」

躾の形と心お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用:現代社会では、人の目や思惑を気にしながら生活する人が多くなってきているのではないか、また、自分の都合優先や好き嫌いで生活や仕事をしている人も多いと感じています。中でも特に『心の躾』は、善悪の決断、活動の是非、行動の良し悪しと言った自分を正しく律するために必要とされるものですが、疎かにされているようです。。躾は、社会生活での人との触合い、人と繋がりながら生き...