Post image

おもてなしの知識-診断リスト

 おもてなしの知識と説明力診断 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 知識と説明力診断項目(抜粋)   【知識】-[採点例] 解説ができる=5、良く理解している=4、やや理解不足あり=3、 部分的に知り理解している=2.どちらとも言えない=1、知らない=0 【表現伝達方法の知識】-[採点例] 熟知している=5、良く知っている=4、大体知っている=3、 部分的に知っている=2.僅かに知っている=1、知らない=...

Post image

どうして期待に答えてくれないの?

 期待と利他の心 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  仕事や日常の人間関係での体験からですが、 誰かに何かを期待して、それが期待外れだった時、 惨めで寂しく残念な気持ちになることがあります。 また、大きすぎる期待を想定し過ぎ、それが外れると、 時に自他への怒りの感情もおきることもあります。 「なぜ○○○してくれないの!」 「難しいことを言ったわけじゃないのに!」 「どうして○○も出来ないの!」 「お互い...

Post image

人それぞれの想像力

 今求められる「考える力」-想像力  お薦め度【★★★★★】全業種、業態用    実社会で仕事や生活、人との和・コミュニケーションには  「想像力」と「共感力」・「判断(決断)力」の大小は大きく影響します。 中でも「想像力」は、総ての源(元)と言ってもよいと思われます。 人は与えられた環境で、安定した生活を過ごしていると、 その行動はパターン化しがちで、「想像力」を育めず鍛え上げられません。 皆さんよくご存知のスティー...

Post image

気働きってな~に?

 目配りを気働きに繋げましょう!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  お客様や会話する相手の状況を素早く観察し、いち早く察知し、 気付かれないように心遣いや気を利かせ(気配り)をすることは、 日本の文化である「おもてなし」の心であり、サービスマインドです。 おもてなしや接客サービス、販売接客業、接遇のプロは  [察知力]と[洞察力]に長け、上手に生かしています。 このプロセスの基本は、 1.予め、判断基準と...

Post image

リアルな人の温もりを感謝に!

 「大事なこと、感謝の気持ち」は       リアルに伝え合いましょう! お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  数か月前、都内に出向いた時の帰り道、 文具で有名な銀座伊東屋に行きました。 何気なく2階フロアーに行ってみると “感謝と喜びを伝える。       人とのつながりをかたちにする場所“ と書かれた案内がありました。 そこには実際に投函出来る〶ポストがあり 「はがき・カード」や「手紙類」だけを扱う ...

Post image

今日のひと言 -2017年9月23日

今日は「秋分の日」“祖先を敬い、亡くなった人々を忍ぶ”という意味があり、豊作や先祖に心からの感謝を表す日と言われています。ただ一つだけの有難い命を授かり、社会や周りの人から生かされ、生きていられることに心から拝謝する日であると思います。日本人らしい心の文化です。因みに「春分の日」は、「自然を称え、生物を愛しむ」、という意味があります。※【拝謝】の意味  出典:デジタル大辞泉(小学館)  [名](スル)...

Post image

日本人らしさって?

 魅力的な Nippon人力 を創ろう お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 最近、日本人らしさや他国に類のない素晴らしい魅力があるに、 人の思惑や恰好を気にし過ぎるばかり、外面を重視したり、 言葉やパフォーマンスを誰かの真似をする傾向が見られます。  ※この真似がうまいと言うのも独自国民性からかもしれません。 リアルに見える姿形は「心」があってこそ生かされることを、 外見や恰好ばかり気にしていてばかりではいけ...

Post image

商品(メニュー)を知っていますか?

お客様とお店の心を繋ぐ商品知識  お客様へのおもてなし(思いやり)には豊富な商品(メニュー)知識を 当たり前のこととして身につけておく必要があります。 また、接客にあたって、真心を込めて真剣に料理を作った 調理人の心をお客様に伝える役割があり、同時にお客様に 食の安心感=商品知識を与えるのも接客係として大変重要なことです。 そのために原材料に関する知識ばかりか、 商品に関連したもの(器など)の知識も備え...

Post image

どうして書いたの?「心の礎の手引き」

 「心の礎の手引き」の使い方 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  思いやりってどんなこと? 40代半ばに仕事先で若い方から訊ねられた この質問がその後の生き方に大きく影響しました。 そして、50代後半からの心の学びの礎になりました。 この質問を受けるまでは、読み書きが全く苦手で 委託指導先でのみんなと一緒に汗を流して導く 現場が総てと言う気持ちの実践中心な活動をして来ました。 また、この質問をされ...

Post image

役割と認識 [挨拶-CH]

挨拶の役割と認識のチェックシート(アンケート) お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用Q-1.現時点で、あなたはお客様や患者さんにアイコンタクトして挨拶をしていますか? A.よく出来ている、B.大体出来ている、C.時々は出来ている、D.出来ていないQ-2.挨拶時に、相手の心身の状態を察知出来ますか? A.よく出来ている、B.大体出来ている、C.時々は出来ている、D.出来ていないQ-3. 挨拶時、相手の心身の状態をどこか...

Post image

ミーティング項目リスト

ミーティング進行リスト※今までの進行の仕方や内容について振り返り見直し、客観的にチェックしてみる。評価採点)出来る~出来ない⇒5点~1点で採点する。1.事前に目的、内容と時間を通知しておき、 各人の意見を前以って考えておくように伝えた。2.ミーティングの主旨や目的、進行について最初に出席者に説明した。3.各検討事項に関しての時間配分は適切であった。4.進行者は確りした根拠・理由示し、考え、意見をわかり易く説...

Post image

「心のエンジン」 モチベーション

 「心のエンジン」 モチベーション(やる気) お薦め度【★★★★★】全業種、業態用  私達のやる気(モチベーション)を動かす源(元)は、 総ての人が備え持つ「認められたい」と言う【承認欲求】の意識が その人の気持ちを充分に満たされていることではないでしょうか。  昨年大ヒットした映画「君の名は」、ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」 の人気は、誰もが持つ潜在的【承認欲求】の表れであり、 成人した若い人達に結婚でき...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-8/8.(サンプル) アンケート

 「社内研修講師」育成の手引き-7.         ※アンケート(サンプル)「共に学び、共に成長する」         職場、店舗、社内で育成担当者を育てる=職場内講師お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用 ステップ―5.研修内容記録シート  (アンケート)--抜粋--  何故、このような内容記録シート&アンケートを皆さんに書いて戴いたかを考えて下さい。  その答えは、あなたの中 にあります。  【認め、認められる】研...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-7 (テキスト—サンプル.)

「社内研修講師」育成の手引き-6. 「共に学び、共に成長する」         職場、店舗、社内で育成担当者を育てる=職場内講師  お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用  自分自身を知り、認めるには! 人&自分と「向き合う」ために、 先ず自分と向き合い自分が知らない自分を知る、そしてその自分自身を認めることです。 その為に先ず、自分の強み弱みと真摯に「向き合う」ことから始め、 他人とは、お互いが人として...

Post image

素直な心で傾く

 豊かな想像力「プロの傾聴力」 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用傾聴力を高めることで身に着けられる【実例】  察知力・洞察力が身に着けられる  お互いが理解し合おうとする心を持てるようになる  相手の精神状態、コンディションを会話内容から汲み取る力が付く  相手や大切な人のために、信念や勇気を持てるようになる  話を傾聴することから、相手や他人のために役立つことを考えられるようになる  人の嫌がる...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-6 (テキスト—サンプル-3.)

 社内研修講師育成の手引き-5   研修の解説用テキスト-(3)(サンプル-2.テキストの内容)-抜粋- ◆社内講師制度で「共に学び、共に成長する」  職場、店舗、社内で育成担当者を育てる=職場内講師 お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用 ステップ―3.「認める、認められる」言葉認めることは、人の為ばかりではなく、自分の為でもあることを自覚しておくことが肝要です。★語句(言葉) 1. ○○○さん、おはようございます...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-5 (テキスト—サンプル-2.)

 社内研修講師」育成の手引き-4 研修の解説用テキスト-(2)(サンプル-2.テキストの内容)-抜粋-  社内講師制度で「共に学び、共に成長する」 職場、店舗、社内で育成担当者を育てる=職場内講師 お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用  ステップ―2.【認める】から始まる心の触合い 「オハヨウ○○○さん」と挨拶して「オハヨウ△△△△さん」アイコンタクトして返してくれると、  とっても自然で爽やかに感じます。 こ...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-4 (テキスト—サンプル-1.)

「社内研修講師」育成の手引き-3 社内講師制度で「共に学び、共に成長する」 職場、店舗、社内で育成担当者を育てる=職場内講師 お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用 研修の解説用テキスト-(1)(サンプル・テキストの内容)--抜粋--   ※このテキストは以下にある、5つのステップで組立ててあります。    ステップ―1. 人を認める=全ては【認める】から  ステップ―2.人を認め・人から認められる=【認める】か...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-3 (形態と方法)

 「社内研修講師」育成の手引き-2 社内講師制度で「共に学び、共に成長する」 お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用  職場、店舗、社内で育成担当者を育てる=職場内講師  〇形態と方法(システム) 1.何のために行うか、何故行うかといった目的を明確にする(前記、育成の手引き-1参考) 2.毎回の課題(テーマ)を決めて行う➡身近で仕事に限らず、私生活にも役立つ課題で  (例=認める・立場転換・感謝・誠実・お...

Post image

仲間と作る 社内研修講師-2. (環境・目的)

「社内研修講師」育成の手引き-1社内講師制度で「共に学び、共に成長する」お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用(店舗、社内で育成担当者・講師を育てる=職場内講師)貴重な時間とお金を使い色々なセミナーや研修に参加しても、一ヶ月もすると学んだ内容の6~7割は忘れてしまうとことを多く見聞きし、体験もしました。同時に、日々の仕事に追われて、折角研修で身に着けたことも怠りがちになる場合もあります。社内研修講師制度の...

Post image

仲間と作る 社内研修講師ー1.

 社内、職場内研修講師を作る お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用  社内や職場内で、皆で学び合う研修のスタイルは大きく分けると二種類あります。 全員(若しくは、経験一年以上のスタッフや社員など)が講師になって研修を行う形態と、 特定の研修講師(=C.S.リーダー)が中心となって行う形態があります。 この場合は、スタッフ一人ひとりの「※人元力」を考慮した上で、講師を選考することをお勧めします。 店舗や会社(...

Post image

なぜ?の心を以って、当たり前を見直す

「気付き」に勝るものなし“気付きはいつまでも心に残り、             形あるものはいつか崩れる”お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用この図にある項目で見直してみましょう。「気付き」は、何故の心で物事を見聞きし、何故の心で考えるから始まる。多くの研修や対象者が様々なセミナー、仕事の現場に於いて何故の心を以って行動や態度、言葉の使い方などについて「目的」や「結果・成果」を話したり、教えたりしない場...