Post image

除夜の鐘 108の由来

除夜の鐘-百八回突くの由縁は!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間に備わっている煩悩は、心を汚し、人を苦しめる心の働きを言います。代表的なのは、貪(むさぼり)、瞋(いかり)、痴(無知)の気持を表します。その煩悩を清浄にするための除夜の鐘の意味とされています。※三大煩悩 貪り=貪るように食べる。がつがつと食べる。 怒り=他者への怒り。 無知=肉体や心の欲望。静かな大晦日の夜に清らかな除夜の鐘の音を聞きながら...

Post image

あなたの今年の一文字は?

今年のあなたを漢字一文字で表すと?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今年の一文字は「北」でしたが、皆さんが選ぶ文字は?徳目と言われる文字を集めてみました。下記から探してみて、もしありましたら今年一年のメモリーとしてみては如何でしょうか?※ [ ]は、〇や×または0~4などの評価採点にお使い下さい1.[ ] 【仁】愛・思いやり2.[ ] 【義】正義・義理3.[ ] 【礼・禮】礼節・礼義4.[ ] 【智・知】知恵・知識5.[ ] 【...

Post image

広げよう #思いやり 

拡散しよう #思いやる心 お薦め度【★★★★★】全業種、業態用今年は相手のことを慮る「忖度」の言葉が話題になりました。「思いやり」は、人として純粋に素直に他人に親切で温かな心から生まれでる行動「心の活動」のひとつだと捉えます。人は相手への思いの大小やその表現の仕方は、思う人、思われる相手によって様々です。そしてこの「思いやり」は、相手への想いから自然に自心に生まれ、多様な人間関係の中で相手があって始めて成立...

Post image

「心の礎」って?

人として、企業人として「心の礎」を築く体験を元に組立ててみました。随時、自分自身と向き合うことを心掛けましょう。お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用...

Post image

アンケート・プラン作成

年末・期末アンケート  (サンプル)今年を振り返り、自己啓発、ビジョン構築、目標設定のためのアンケート内容を幾つかの項目にしたサンプルです。今迄を振り返り自分を見つめ、その上で具体例で明確な目標、タイムスケジュール(計画)を立て、チャレンジし、日々の生活や仕事を楽しみ、そして自分を創りに役立てましょう。◆ビジョン構築 【今後の自分のビジョンを構築してみよう】Q.今一度自分の仕事を、人生を見つめ直すことをし...

Post image

Nippon人力 「義」と「和」

Nippon人力-武士道の「義」と「和」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 武士道の「義」と「和」「義」、とても重みがある言葉で、打算や損得のない人としての「正しい筋道」即ち「正義」を表わしています。人は、自己顕示や我欲ばかりを追求していると利己的な生き方に陥ってしまいます。それは人と人の競争や対立を生み、組織と組織の争い、国と国の戦いをも生み出します。また、現代を生きる私達にとって重要な課題となっている少...

Post image

感性を磨くのは何故?

本物の「人・モノ・コト」に触れるくお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用本物とは一体どんなものかを知るためには、人として何が正しいのかと言う意識の元、人の心や物事の原義原則を知り、どんなものが本当に良いものなのか、本物なのかを、頭だけでなく心と体で理解することです。私見ながら、『本物の人』と言うのは、「明確なビジョンを備え強い志の元、 それに向かい精進する人、 物事の原点・源を理解しようとする人、 人と...

Post image

自社(自店舗)の状況チェック (年末用)

 三現(現場・現実・現況)を以って         自店舗・自社を見直す 会社やお店の診断シート(総合・運営)と(人事・教育育成)を載せます。自社(自店)の現状を見直し、自社(自店)の「礎(基礎)」の創りに参考として使えます。現況-総合・運営 [採点基準 優れている=4.良い=3.多少あり=2.不足=1.無=0]1.「経営方針」は明確に確立され、周知されていますか(有・無)(必要・不要)[  ]2.“経営理念”(社是、社訓...

Post image

おもてなしの実例 (三配り・気遣い心遣い)

【目配り・気配り・心配り・気遣い・心遣い】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 ~実務リスト~ 【採点規準】出来る=5.多少出来る=4.時々出来る=3.やや出来ない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.[ ]一度でも会った相手やお見えになったお客様の進んでお顔を覚えていますか[ ]相手やお客様の個性、特長、お名前、社名を覚えていますか[ ]相手やお客様の癖や仕草を覚えていますか[ ]相手やお客様の服装やセンス...

Post image

依頼事を受ける、断る!?

豊かな人間関係の心得  「受ける決断」&「断る勇気」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇依頼されたことを分析し、判断する先ず、依頼内容を平らに、感情を抜きして何故の心を以って、相手の言葉の端々や態度から冷静に受け止め思考することです。受ける際、断る際に重要なことは、「自分自身の受けられる限界を確り弁えておくこと」です。それを知るには、ある程度仕事をこなすことによる経験値も必要ですが、常に自分に「出来...

Post image

五感を磨こう-5 ☞  味覚

味覚【味わう・味・食する・三味・美味】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用味覚=味動物の五感の一つで、口にする物の化学的特性に応じで認識される感覚です。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられています。基本味の受容器はヒトの場合主に舌にあります。基本味が他の五感の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚として、味は風味(flavor)と呼ばれることがある。また...

Post image

五感を磨こう-☞ 4  触覚

触覚【触れる・触る・感じる】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用触覚【触れる(触れる)】【触る(さわる)】 触覚には、「触れる」と「触る」の二つ表現の仕方が出来る。仏教における「触覚」を表わす語句=六根-身(しん)/六境-触(そく)六識-身識(しんしき)イ)「触れる」「触る」の語彙を知る。ある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。(ちょっと触る)手などをそのものに軽くつける。また、何かが身体に触れて、その...

Post image

五感を磨こう--3 ☞ 嗅覚

にんげん力【臭う・香り・薫る】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用嗅覚嗅覚は様々な「におい」を感じる感覚。揮発性の化学物質の刺激を受けたときに生じる。臭覚とも書く=物から発散されて、鼻で感じる刺激。香り・臭みなど。臭気。仏教における「臭覚」を表わす語句=六根-鼻(び)/六境-香(こう)六識-鼻識(びしき)イ)「におう」の語彙を知る。1.「匂う」は香りが快く、心地よく感じる場合に多用される。2.「臭い(におい)」...

Post image

五感を磨こう-2 ☞ 聴覚

にんげん力-2.【聴くと聞く】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用にんげん力とは、「磨かれた五感」と「豊かな感性」(第六感)が人としての元(根本)と私見で捉える。にんげん力の要素「五感(five senses)」=視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚を知るにんげん力の聴覚には、リアル(Real)なものとして感じること、アンリアル(Unreal)≒Virtualなものとして感じることがあります。普段の生活での人とのお付合いはもちろんのこと、おもてな...

Post image

五感を磨こう-1 視覚☞(心眼・人眼力)

にんげん力-1.視覚 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  「人眼力」⇒人をみる眼(=心眼・眼力☜人原力) ※人眼力=人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目や能力・眼力を称した自作の語句です。     いかに他人と違う人眼力を持ち、それによって異なった捉え方や動きが出来るかが勝負。 【眼力】 目で物を見る力。視力。ガンリョク。 物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力。 人や物事を理解する気持ち 理解のあること...

Post image

自分の「役割」ってなんだろう?

自分の役割を知り、認識する お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 心に響きいつまでも心に残る感動や余韻の「おもてなし」や質の良い「仕事」は、 <させる・やらせる・やらせられる>のではなく、 自然体で積極的(自主的・自発的)にすること、 前向きに取組むことが何よりも大切です。 その為に自らの果たすべき役割を認識しなければなりません。 ⦿夫々の役割を明確に知る《三つのステップ》 ◇第一のステップ 「誰のためにするのか?...

Post image

筋を通すって、どんなこと?

筋を通す-心の位置お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人との触合いで、あの人の話は「筋が通る」とか、彼は「筋が通らない」ことを話すとか言います。話に人としての“筋”がなければ、その場その時の気分や感情で話をしているように相手に聞こえてしまい、信用性や説得力に欠けてしまいます。“筋”とは、人間の精神の指標を指し、それはその人が持つ判断基準です。人は夫々の立場で判断を迫られ、自分の判断基準に照らして、「良い悪...

Post image

五省ってどんなこと?

「五省」を以って顧みる(五つの自省)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 人生の終半なった今、年の末に、上記の五省の言葉と「人の道に外ること、なかりしか」「情欲に流さるること、なかりしか」「傾聴せぬこと、なかりしか」「己から逃避かること、なかりしか」「仁・礼に反すること、なかりしか」このそれぞれの言葉も、五省と共に意識するようにしています。そうすることに因って、色々な体験や学びを改めて顧みることが出来ます...

Post image

人的スキル再認識しよう

人的スキルを指差すお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用職場リーダー、管理監督者の人的スキル今迄の自分の職務遂行状などを振返る為の【人的スキル】のチェックリストです。人間社会は勿論のこと、職場は言うまでも無く「人」によって構成されています。ところが仕事と言うスチエーションにおいて、部下やスタッフに対し「人」であることを忘れてしまい、「人」いう認識を感じない態度や言動をしている職場リーダー、指導、管理、監...

Post image

自信ってどうやって着ける?

自信を育むプロセスはお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用自分自身が自信を持つことは、他者や会社から認められることも必要とされますが、それよりも自らの心の中に生まれるようにすることであると思います。その自らの心に自信を深めるための第一歩は、貴方自身の心構え(≒意識・概念)、即ち、表に現れない内面的な心(意識)の要素に頼ることから始めます。自信の意識を成長させるためには、「自分は自信を深められる」と強く思うこと...

Post image

なにを続けるの?

『継続こそ力なり』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 人生を省みて、自らが深く反省すべきことが多々ありますその一つは、『恩は石に刻め、情けは水に流せ』を『継続こそ力なり』に繋げる活動が出来なかったことです。正直、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ことばかりで、数々の人々から受けた恩や情けを心の石に確りと刻めず、人にかけた情けを心の中にいつまでも引きずり、水に流せなかったことが多々あります。その報いなのか、...