Post image

平昌オリンピック日本選手に見られた変化

人は支えられて頑張れる-心の変化○支えられている実感今回の平昌のオリンピックでは、過去の開催で余り見られなかった選手たちの素晴らしい言行・活動がありました。その一つは、支援・応援して下さる方々へ謝意(感謝)の現れと思える「多くの皆さんに支えら、皆さんを笑顔にするために頑張れた」という言葉やそれに関連した個性溢れた感謝の言葉や見ている私達も選手と共に笑顔になれる活動が印象に残りました。言い換えるなら【...

Post image

平昌オリンピック選手からの学びと気付き

平昌オリンピックの学びと気づき今回の平昌のオリンピックで結果を出した選手(関係者含)、残念ながら思うような成果を出せなかった選手(関係者含)、の皆さんの表情・言行から今迄のオリンピックや大きな大会と異なったこととして以下のような言葉や活動がありました。□周りの人々や応援してくれた方々へ人柄が出た感謝の表現伝達□自分の幸せをみんなの笑顔に繋げる□心からの笑顔でポジティブに取組む□日本全体のチームワークと各々...

Post image

「マナー」は思いやりを表す形!

社会人の「心と行動」-マナー マナーの本質は「他者を気遣う」ことでると解します。また、マナーは、「仁」の表現であると解し、利他の心を以って万人を慈しみ、愛し思いやりの心であり、同時に利己的な欲望を抑えて礼儀を執り行なうことです。大きく捉えると日本古来の「おもてなしの心」ではないかとも考えられます。日本の社会は、過大とも情報に満ち溢れたスマホ社会になり、独りで楽しもうと思えば色々なジャンルで楽しめる...

Post image

自分に足りないことは?

己の『値打ち』は自分で、「評価」は他人に人間は文字通り、人と人の間に存在し生きています。人の間に生きて生活しているから、当然他人の思惑や評価も大切です。でも、他人がなんと言おうとも、自分の存在価値(値打ち)は、自分自身で決めれば良いのです。逆にいえば、「それを失えば、自分は価値がない」ということになってしまいます。無条件に、「自分は、人々に生かされ、こうして生きていられる存在価値のある人間」だと思え...

Post image

認める心の活動って?

認める意識と心掛け認めることは相手の心を支える第一歩1. 相手の為に、役に立ちたいと意識する2. 人間としての温もりを意識し、表せるように意識する3. 相手の話に返事で頷いたり、相槌を打ったりしながらの会話を意識する4. 寛容さを持って接するよう意識する(広い心・許す心)5. 同じテーブルで会話できるよう意識する6. 相手に対する信用、信頼の言動、態度に心掛ける7. 受容・傾聴を意識する8. 内容によって同情、共感、共鳴を...

Post image

認める活動する人

積極的に認める人のタイプは!挨拶をしたり、返事をしたり、感謝したりすることは、人を認める活動の一つです。それは、繋がりや信頼などの対人コミュニケーションの礎です。この対人関係において認める活動がないと「心の闇」を作る原因にもなります。 ...

Post image

立場転換スキル診断

コミュニケーション上の【立場転換診断リスト】※自分自身の立場転換意識、言動や態度について過去を振返り来年からに生かす!相手の立場に立って話し考える事は、もてなしや接客(接遇)力と人間的な魅力を向上させます。(採点)出来る=◎・やや(時々)出来る=〇・どちらとも言えない=△・出来ていない=×・今後必要=◆1. 相手の能力を見定め、相手に合った話し方をしてきましたか?2. どんな人間でも必ず良い処が有ると意識し相手の...

Post image

相手の立場で思考する?

立場転換は「洞察力」「義務と責任」と「謙虚さ」を以って!日々の人との触合いで相手を思い遣る心と言うと、先ず相手のことを思うこと、そして相手の立場に立ち、その人になったつもりで言動や意識、物事を推し量り、行動する「立場転換」が想い浮かびます。この立場転換と即ち相手の身になって考え行動することは、簡単なようで中々上手く出来ません。若しも、自分だったらどう思考する意識を備えることは、人間関係を円滑にして...

Post image

偽りの謙遜をする人って?

偽りの謙遜をする人のタイプ(-中身が空なのに、いかにも入っているように表現する人・その逆の人)前日の謙遜に続き、偽った謙遜をする人はどんなタイプなのか書きだしてみました。これは、公私の対人関係で知ったことですのであくまで私見です。項目№ 1 愛他意識の乏しい人 2 心の貧しい人 3 下心がある人 4 素直になれない人 5 嘘の上手な人 6 劣等感のある人 7 私利私欲の深い人 ...

Post image

「謙虚さ」と「謙遜」って,どこが違うの?

謙虚と謙遜を紐解く謙虚さの“謙”の字は、下へ下へと遜る、“虚”という字は、目に見えないバーチャルな物の総てを、自らが何もない状態からプラスに受け入れることを指すと解します。詰り、謙虚と言うのは、自分のものを何も持たないで、総て受け入れることですから、全部がプラスに感じ取れて、自由な心に成れると言うことです。自分の持たないものを素直に受け入れられる人が最高に謙虚な人だと思います。謙虚さとは、触合う人に対...

Post image

謙虚・謙遜ってどんなこと?

謙虚・謙遜のドリル-(仁・心を育むドリル) * 選択肢を増やすため,敢えて項目を多目にしてあります。 №項目 1 己の真の心身の姿を知っていますか? 2 素直に自分の総てを認められますか? 3 謙虚の語彙「謙は下へ下へと遜る、虚は一番下から総てをプラスに受入れる」  を弁えて行動出来ますか? 4 謙虚さとは、心の器が空っぽのことを言うと理解していますか? 5 総べてを受け入れられる寛容...

Post image

誠実ってどんなこと?

誠実さ・真摯さ-(仁・心を育むドリル) * 選択肢を増やすため,敢えて項目を多目にしてあります。誠実な心を育むドリル※使い方⇒先ず自分に必要と考えられる項目を選んで採点して下さい。 他の人を採点評価する場合は、好き嫌いや感情は抜いてすると良いでしょう。【採点・評価】-(例)  良く出来る=4.出来る=3.時々出来る=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.項目№ 1 言動や態度に裏表がない 2 正直である(嘘がな...

Post image

自ら発した言葉って?

自分の発した「言葉」には責任がある近年人間不信、いじめや引きこもり要因や起因となる得ることの一つに「自分の発した、言葉の重さを弁え、責任を持つ。」と言うことがあります。その一例として、人を管理指導する立場の方などから、「時間を作って、こちらから連絡します。」と言われることが多々あります。この言葉には、捉え方が二、三あると考えられます。一つは、言葉通りで時間調整をした上で連絡するとのことで、他には、...

Post image

「義」と「和」&モラル-Nippon人力の実践

「義」と「和」&モラルの実践活動古より日本の心である「義」、とても重みがある言葉で、打算や損得のない人としての「正しい筋道」即ち「正義」を表わしています。個を優先している現代人は、得てして外見、自己顕示や我欲ばかりを追求し続けていると利己的な生き方に陥ってしまいがちです。また、私達にとって重要な課題となっている少子高齢化、自然環境の変化、環境問題や食糧・エネルギーなどの問題も、今のような格差が広ま...

Post image

あなたの誠実さは?

誠実さの自己診断⇔心の体力〇備えておきたい社会人力【自己採点】出来ている=3.やや出来ている=2.僅かに出来ている=1.出来てない=0.1.真心を持って人と触合える2.誰に対しても変わらない、節度を持って接する⇔礼節 (けじめ≒礼儀・節度がキチンとしている)3.いつでも、誰に対しても変わらない挨拶ができる4.相手によって、会話内容や態度を変えない5.心身の姿勢が正しい6.相手を思いやる対人マナー、ビジネスマナーを弁...

Post image

内外面の異なる人間!

人は「見かけ」たけで破断出来ない!          【自他の内し外の顔と心】〇素の姿に勝る物なし!【表裏一体】現代の生活や社会環境はビジュアル的な面ではもの凄いスビードで変化、成長しています。同時に人としてのオリジナリティや独創的な個性が注目されいます。そこでまず、日本人の持つ表裏の二面性について考えみます。人間の持つ、外への自分=外面と中の自分=内面の統一、即ち「表」と「裏」の顔について考えて...

Post image

感謝は「人を動かす」! 

心を動かされた感謝の活動 (研修での体験) 感動を生む「感謝」の力過去に行った研修の実体験からのことですが、感謝の力の大きさと影響力を痛感し心を動かされたことがあります。それは、三日間に渡り新学卒者の研修をした時のこと、初日の七時間に渡る長い研修が終了した時のことです、受講した八人全員が、突然立ち上がり、気をつけの姿勢で「本日は、お疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。ありがとう御座いました。」...

Post image

ビジネス・プライベートに活かす思考!

ゴールデンサークルと6W・3H&T.P.O&P.D.C.A ※ゴールデンサークルと6W.3H・T.P.O.・P.D.C.Aは、社会で生きるための人間関係構築の原点です。 [6W]1.When<いつ>⇒日時・時期・時刻2.Where<どこで>⇒処・場所・場面・エリア・どの地域3.Who<だれが>   ⇒主体者・主催者・責任者・どの様な地位でどんな役割を果たす人・場長・首長4.Whom<だれに>⇒対象者(誰を主に・誰に対して・どの地域に対して)5...

Post image

電話応対力・対応法-診断

電話応対力、対応法のチェック項目 ※アクセス数が多い以前の投稿[電話応対力、対応法を振返る]の全項目です。電話応対、対応チェックリスト【採点サンプル】 劣::無い=0/可:僅か有る=1/並:有る(出来る)=2/良:優れた面が多少有る=3/ 秀:優れたことが多い(出来る)=4:/優秀:優れ秀出ている(出来る)=51. 電話応対に関するルール(自店舗のマニュアル)を弁えていますか?2. 電話応対時の礼節を弁えています...