接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  被災時の知識と対処法

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

防災知識と対処法(参考資料)

天災は忘れた頃にやって来る

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

地震の規模について

● うなりのある地震は大きい。
● 緩慢な揺れは震源地が遠い。
● 縁の下から盛り上がってくる時は大地震
● 2回目の揺れが危ない。
● 引き潮が大きければ津波がくる。

避難行動の心得・・・緊急時こそ冷静な判断が必要!

・命より大切なものはない、逃げるが勝ち
・家財に執着しない
・火の元確認忘れずに
・お年寄りや子供から目を離さない
・裸足で飛び出さない、ゴム底の靴で逃げる
・安全な服装、厚着で外に出る
・身支度は厚着で綿製のものを着る
・頭にケガをしないよう何かをかぶる
・棚の下やタンスの下には行かない
・丈夫なテーブル、机の下に身をおく
・マンション、アパートの場合は階段に逃げる
・風上に逃げる
・荷物は出来るだけ少なくする
避難は出来るだけ広い道路へ逃げる

★外出時の心得(地震の時はどこにいても慌てずに)

デパート、スーパー、劇場・ホール
カバンなどで頭を保護し、ショーケースなどから離れる。慌てて出口に殺到せず、
柱や壁際に身を寄せ係員の指示に従う。エレベーターは使わない。

地下街
地下街はほとんどが耐震構造なので、60m間隔で出口がある。
停電後は、非常用照明が直ぐ点く。
柱や壁際に身を寄せ、係員の指示に従って避難する。
火災が発生時は、ハンカチで鼻と口を押さえ、体を屈めて壁伝いに避難する。
(この場合、煙が流れる方向へ)

エレベーターの中
・最寄りの階で止めて降りる。(階の表示ボタンを全て押す)
・ドアが開かない場合でも脱出口から出ないで救助を待つ。

商店街・ビル街
・頭をカバンなどで保護して近くの建物や空き地などへ避難する。
・垂れ下がった電線には近づかない。
・間口の広い木造の建物、自動販売機、ブロック塀のそば、ビルの壁際などには近づかない。

車の運転中
地震を感じたら徐々にスピードを落とし、道路の左側に寄せてエンジンを切る。
・揺れがおさまるまで車外には出ず、ラジオ等で情報を得る。
電車や地下鉄の車内
・急停車することがあるので、つり革や手すりにしっかりとつかまる。
・途中で止まっても、非常コックを開けて勝手に車外に出たり、窓から飛び出さない。

海岸・がけ付近
・速やかにその場から安全な場所に避難する。
・海岸にいた時は、高台などに避難し津波情報を聞く。

備えあれば憂いなし】 日頃からの準備が大切!
● 緊急連絡先リストをつくる
● 普段から家具類を固定する
● 消火器や消火用水の用意をしておく
● 枕元にスリッパや羽織るものを準備する
● 逃げ道はいつも整理整頓しておく
● 非常持ち出し袋を作る・・・

災害用伝言ダイヤル「171」の使い方の知識
※音声ガイダンスに従って伝言の録音、再生を行って下さい。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1010-96efe183
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック