#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 自衛隊の皆さんに深謝

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

各被災地で日夜活動する、自衛隊の皆さんに深謝

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

とても心に響き、深く考えさせられる内容なのでご紹介します。
株式会社フェイスホールディングス小倉広氏のメルマガより引用

自衛隊員の皆さんへの深い感謝の気持ち

どうしても書かずにはいられない。
自らのすべてを投げ打って人命救助復興支援に奔走する自衛隊の皆さんに対
する深い感謝と敬意の気持ちを伝えずにはいられない。
昨日のコラムで「正々堂々と胸を張って仕事をしよう」と書いた。
その手前、震災関連のコラムは書くまい、と決めていた。しかし、許してほし
い。どうしても書かずにいられないのだ。
以下は主にインターネットを通じて入手したニュースやツイッター、ブログなどを
ソースとした情報だ。
そのため、若干の正確さに欠けるかもしれない。
しかし、たとえそれを差し引いて考えたとして、
おそらく僕の気持ちに何一つ変化はないだろう。
深く頭を垂れ彼らに感謝し、心から敬意を表したい。

自衛隊員は、災害支援を最優先とし、たとえ自分の家族が行方不明であった
 としても、他人の救出を続けている。

自衛隊員は、被災者の方に対して温かい食事を炊きだしで提供する時も絶対
 にそれに口をつけない。そして自らは冷たい缶詰の米を食べる。

自衛隊員は、被災者の方に対して温かい風呂を用意する時も絶対に
 自らが入ることはない。そして氷点下の雪の下で水のシャワーを少しずつ浴びている。

●人を殺した数よりも助けた数が多い軍隊は世界中で自衛隊のみ。現時点で既
 に1万人を救出している。

●24時間交代で休憩3時間。

●ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、
「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ」

●自衛隊の友人より「少し歩く度に死体ばかり。一人ずつ生存確認をしていく。
 サイレンが鳴り響く中、上官から言われたのは
 『一斉に救助者がすがり付い来ても絶対に笑顔を絶やすな。絶対に泣くな
 泥だらけの救助者達が力の入らない手で俺の手を握り「ありがとう」と
 言われる度に涙を堪えるので精一杯

●災害支援で現地に行っている、自衛隊員の友人からのメール。
 『子供の遺体を収容した幼稚園くらい。
 兄弟だろうか、抱き合ったまま、亡くなっていた。
 子持ちの仲間は、肩を震わせていた。
 でも、俺たちは泣くことはできない。
 この町が復興するまで、俺たちの涙なんか意味がないから


ここまで書いてあることに気づいた。
正々堂々と胸を張って仕事をしよう
昨日、そうコラムに書いたから、震災関連のことを書くのはよそう、と考えていた。
しかし、それは浅はかな考えだった。
上記のような自衛隊の方々の献身ぶりを知ることこそが、
最高の仕事の教科書になるのではないか。

これこそがプロフェッショナル
これこそが仕事の素晴らしさではないか。そう思ったのだ。

最後に、かつて、防衛大学第1回の卒業式にて、当時の内閣総理大臣であった
吉田茂の言葉を記して本コラムを終わりにしたい。
くどいようであるが、命を賭けて、すべてを犠牲にして、
人命救助復興支援に奔走する自衛隊員の皆さん、

そして、警察、消防、東京電力社員他、すべての方々に心からの感謝の気持ちと
深い敬意を表したいと思う。

<昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式にて>

君たちは自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく
自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。ご苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか国民が困窮し、
国家が混乱に直面している時だけなのだ。
言葉を換えれば、君たちが日陰者である時の方が国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい。

≪内閣総理大臣 吉田茂≫

株式会社フェイスホールディングス代表取締役社長 小倉 広


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1011-ccf96db9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック