接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  東日本大震災からの学びと教訓-1.

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

今回の大震災での学びと教訓-1.
  <6W.3H.とT.P.O.


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

今回の地震に関する国や報道機関からの様々な告知連絡報告に於いて
改めて知らされたことは「6W.3H」の夫々の大切さ、
及びT.P.O.=[Time.Place.Occasion]を弁えた発言の重要性ではないかと思われます。
特に、地震の詳細やそれに関するあらゆる情報伝達や対処方法、状況など、
また原子力発電所の被害状況や経緯、対策と言ったことの会見などで6W.3Hの重さ大切さを
まざまざと体験出来たことは、これからの私たちの暮らしや仕事上に大きな学びとなりました。
そこで今後の為にも、改めて6W.3H.とT.P.O.を振返り、見直してみることにします。

6W. 3H. .

6W.

1.When<いつ>⇒日時・時期・時刻

2.Where<どこで>⇒処・場所・場面・エリア・どの地域

3.Who<だれが>
 ⇒主体者・主催者・責任者・どの様な地位でどんな役割を果たす人・場長・首長

4.Whom<だれに>⇒対象者(誰を主に・誰に対して・どの地域に対して)

5.What<なにを>⇒内容・結果として・成果として

6.Why<なぜ>⇒理由・目的・源点・原点・原因(誘因・動因)

3H.

1.How≪どのように≫
 ⇒方法・手段・手法・各段階別・状況の推移毎(プロセス)

2.How Much≪幾らで,どの程度の労力で≫
 ⇒予算・労力・人数・経費・費やす時間

3.How Long≪いつまでに≫
 ⇒期限・完了時期・費やす期間・具体的年月日

T.P.O.=[Time・Place・Occasion]

(Time) =時刻・時間や季節、

場所(Place) =場面・状況、状態

場合(Occasion) =機会・好機・理由・根拠・理由・原因・誘因

※この6W.3HとT.P.O.は、様々な信頼関係構築の原点とも言えます。
 同時に、この二つの重みと大切さを改めて認識しておくことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1013-1da9650a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック