接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  復興の為の街造りは、人創りから

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

街造りと人々の『

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

人々の生活は、会社や組織を中心に考える塊(集団)の生活から、
個人生活を柱に考え行動する、即ち【個】の時代へと変化して来ています。
更に我が国では少子高齢化が進み、経済状況が悪化し、格差社会になりつつあるのが現状です。

このような社会環境の中で、今回の東日本大震災の被害にあいました。
【復興の為の街造りは、人創りから】は、今回の大震災に合った被災地ばかりか、
これからの日本の健全で豊かな社会をつくる為の大切な≪キーワード≫であると考えます。
この人創りの≪キーワード≫の一つは、日本人の「にんげん力」であり、
それは触合い繋がりを持つ人々が、お互いが目に見えない処まで心遣いをし、
相手を思い遣る「日本のおもてなしの心」を、持つことであると思います。
私達一人ひとりが日々触合う周りの人々へ「思い遣る心」で接することであるとも
考えられます。
そしてそれは、「日本のおもてなし」の≪原点≫であると言えます。
「日本のおもてなしの心」の表現と伝達の第一歩は、互いの心の窓を押し開くこと
(=挨拶の語彙) である≪挨拶≫から始まります。
挨拶≫はあらゆる場に於いて、円滑な人間関係に不可欠であり、かつ大切なことです。
同時に、心の感じる挨拶力はこれからの日本の復興に欠かせないことであり、
一人の人間としても身に付けて置かなればならない大切なことであるとも言えます。

日本人の【人創り】の「原点」は、「おもてなしの心」であり、
簡単に思えて意外と奥深い挨拶力とも言えます。
同時に【街造り】は、目に見えるものや形を作り上げる原動力となり、
基礎となる街を創り上げて行く「人の心」を重視した「にんげん力人創り」の創造から
であるではないかと考えます。

以前のNHKの大河ドラマ篤姫の中で、
「徳川の時代は終わっても、徳川の心は残る」の
言葉にあるように、形の在る物は、いつか消えて無くなってしまいますが、
行いや心は、人が生きている限り永遠に消えずに残ると言う言葉に表現されています。

東日本大震災に見舞われ、少子高齢化の社会環境だからこそ、
これから復興に向かう被災地を含め日本全国の街を造る上で、一人ひとりの心を大切にし、
一人ひとりの「にんげん力」を育くむことに重きを置かなければならないのはないでしょうか。

日本には、古くからの伝統である素晴らしい「おもてなしの文化」があります。
その文化には少子高齢化社会の中で、復興に立ち向かって行く人々の心を支え、
被災しなかった人々の育むための様々な多くの教えや学びがあります。

被災地でこの様な寒く厳しい状況下においても、多くの被災された方々から、
自分のことより周りの人を気遣い、思い遣る、心に響く温かなコメントが沢山聞かれます。
このような中でも「思い遣る心」を忘れない被災地の人々の言葉に強く心を打たれ、
本当に頭が下がります。

これから復興に向けての街造りをしなければならない被災地で、今こそ、
街造りをする一人ひとりの人々が「にんげん力」の原点であり、「心の礎」となる、
互いに相手を確り見つめ、「思い遣る心」を強く持ちながら、
モラルを守り、思い遣りを形として表現する<マナー>の大切さをより強く認識する
必要があるのではないかと考えます。

そしてそこから、人と人との繋がりが生まれ、やがては太い『』となって、
様々な人が結び付き、そして其処から色々な物事が創造され生まれます。

大切な人の、大切を、大切にする 
この「思い遣りの心」は、この心は被災地を支援して行く私達一人ひとりも
絶対に永遠に忘れてはならない大事なことであると思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1021-6c1df482
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック