#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「何故」の心で思考し、行動に移す

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

察知力洞察力を、気働きに生かす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

昨日の記事「何故の心で考える」で書いたように、物事や人の行為を何故の心で観察することは
おもてなしや接客・接遇・様々なサービス業だけでなく、日常の生活上でもとても大切です。
人の仕草や行動にはその時の心理が現れます。
この心理の状態は何故の心で触合う相手やお客様の態度や言動から目配り気配りなどから
察知することが出来ます。
相手の状況をいち早く察知し、気付かれないように心遣いや気を利かせ(気配り)をすることは、
日本の文化である「おもてなし」であり、サービスマインドとも言えるのです。
おもてなしや接客販売、接遇のプロは [察知力]と[洞察力]に長け、上手に生かしています。

このプロセスの基本
1.予め、判断基準となる態度や言動の基礎的な様々な行動様式の知識を備える。
 ※経験の少ない人判断基準の曖昧な人は、先輩や年長者に訊いてみることです。
(例-1.)発する言葉に力が無い時は、ネガティブな意識を持っている。
(例-2.)挨拶時に目線を逸らした時は、こちらに良い感情を持っていない時。
(例-3.)周囲をキョロキョロと見廻している時は何かを望んだり、探したり心が安定していない時。
(例-4.)珈琲を一口飲んでから、カップを置かない時は美味しい時。
(例-5.)相手にアイコンタクトしないで会話している時は心がその場に無い時。・・・・・など

2.何故の心で相手の態度や言葉、行動を細かく観察する。

3.何かを察知出来たら、相手の状態に合わせ速やかに適切な言葉や行動に移す。
4.自然で何気ない態度、温もりの感じて頂ける言葉、表情で応対をする。

5.応対後の相手の態度や表情、会話内容の変化をそっと見守り、観察する。

以上のことは、全て相対する人への「思い遣り」を伝える【気働き】なのです。
このことは、「日本のおもてなしの心」であり、「ホスピタリティの精神」でもあるのです。
この度の大震災や原発災害に日本の国民全体が一つになっている時だからこそ、
今後の日本の復興の為にも「何故の心」で、人々や物事を確りと見つめ、
その場、その人に合わせた【気働き】をして行くことが何よりも大切ではないかと思われます。


参考-【気働き】を辞書検索すると
 *その場に応じて、よく気が利くこと。機転。
 *相手の気持ちを害することなく、人との関わりを持つ思いやり。
 とあり、類語として、
 *気遣い目配り手配り気配り・・ 機転 ・ 親切・ 気転・料簡(リョウケン)・ 如才なさがあります。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1043-ca327a5a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック