接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  今後の日本を担う、若者の「心の礎」を創る

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

教育の現場で、若者たちの「心の礎」を創る

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

教育者の研修カリキュラム
(これは、震災前に専門学校の先生方と職員に行った研修の概要です)

A.これから社会と教育現場.

1.現在の教育現場と今後の社会環境
 ・計り知れない情報量⇒教育の現場の変貌
 ・心の知能指数向上(EQの必要性)
 ・個人の意識と人と繋がり

2.若者からの体験談(職場・日常生活)
 ・聞いたこと、見受けられたこと、感じたこと
 ・意思決定と意思表示の能力
 ・会話時の言葉(語尾や敬語の曖昧さ) ⇒目的意識

3.日本の10~40年後に至る社会に向かい、今教育者が果たすべき役目と役割
 ・少子高齢化社会、核化社会、無縁社会に対する教育
 ・ジャパンシンドロームへの対策(2050年対策)

4.日本人の国民性の変化と教育の現場
 ・真面目で勤勉、忍耐強い
 ・人の目を意識する(見た目・そと面)
 ・おもてなしの心と行動

5.教育現場の推移とこれからの教育者の役割
 ・教師の背中を見る時代から、教育者を評価する時代
 ・マナー思い遣り
 ・守破離と教育の場

6.にんげん力の解説
 ・人間力にんげん力

7. 二分の一の法則
 ・二分の一の法則の意味

8.「大切な人の、大切を大切にする」の解説

B.教育者として挨拶力を身に付ける (ロールプレイ含)

1.挨拶の心と目的

2.挨拶の効果と効用⇒挨拶力を身に着けることで人は成長する(実話)

3.挨拶と第一印象の関係

4.挨拶とアイコンタクト

5.素敵で個性的な挨拶を身に着ける


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1046-f305e94d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック