接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  アクションプランの作成

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

アクションプランを組立てる

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

様々なチャレンジシートモニタリングなどと言ったアクションプランの作成をする際は
6W.3HP.D.C.Aで組立てることです。


1. 何の為に行うのか(何故・目的)

2. 結果・成果として得られる物事は何か(先見・予測)

3. 対象となる店舗・部門・部署

4. 誰(何)に対し行うのか
 a. 対象となる人物
 b. 対象とする活動
 c. 対象とする商品(物品・メニュー)

5. いつから、いつ迄、実施するのか
 a.対象となる時期(期間)≒タイムスケジュール
 b.実施する為に必要な時間と労力≒タイムテーブル

6. 誰が実施するのか(人数・職位)

7. どの様な方法で実施するのか(書式・形体)

8. 対象となる仕事や物事の項目を洗い出す

9. 対象となる仕事や物事の項目を分解、分析し、整理する

10. 夫々の項目について、押さえるべき点を必ず明らかにする

11. 夫々の項目を出来るだけ評価や達成値として数値に落とし込む

12. 進捗を誰がいつ、どのような形で点検し、確認するのか

13. 報告業務はいつ、誰が、誰に、どんな所で、どの様な方法で行うのか

14. 人や物の妨げになることなどの問題が起きた場合、誰が対処するのか

15. このアクションプランは定期的に行うのか、随時行うのか

16. 数値化した結果はどの様な方法で周知するのか


以上のことなどを、図表に転換して活用することをお勧めします。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1058-a3eb5c48
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック