接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  理念構築と問題解決

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

理念構築と問題解決のポイント

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

理念構築の為には、先ず各ポジションに於けるビジョン(≒目標)を明確にする必要があります。
次に、ビジョンが決定したら、実施し達成するための様々な要素を洗い出します。
その後、その障害や妨げになるリスクアセスメントを人・物・環境別に行い項目毎に別ける。
夫々に明確化されたビジョンを精査し、成果の予測、まとめ等を行い理念とし掲げます。
以下、その際の【ポイント】です。

1. 現状(現況)の掌握と認識

2. リスクアセスメントの実施し、リスクマネジメントに移行する

3. 2.をまとめ、先々を見通す(結果・成果の予測)

4. 3.の各項について今後の活動指針を示す

5. 夫々の項目について役割分担を行う

6. 具体的な対処、対応、対策をP.D.C.A.6W.3Hで示す

7. 理念達成の為の問題解決(ソリューション)を実施する

8. 問題点を解決するには為に必要とされる能力(問題解決力)

 イ)「問題に気付く感受性」
 ロ)「問題になる物事を適正に判断する力」
 ハ)「問題自体を表現し伝達する力」
 ニ)「問題を多方面から正しく分析判断し、問題解決の構造要素として構築する力」
 ホ)「問題をそのまま受け容れる忍耐力や自信」

※「問題」とは、何か指針や目標を定めた際、それを達成するには、どの様なことに注目し、
何処に視点を置けば最も効果的なのか見定め、その最重きを置くべき点を指します。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1061-30a08cc0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック