接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  医療機関人財育成講座のカリキュラム(サンプル)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

医療機関】人財育成講座のカリキュラム概要(サンプル)
このカリキュラムは構成を変え、職場の監督者~見習中のスタッフ用に活用出来ます。

お薦め度【★★★☆☆医療介護とその関連業態用

講座のテーマ・・・信頼と人のを創る「にんげん力

1.医療機関と、人の「礎」
 〇医療の「礎」
 〇医療の礎「にんげん力」を知る
 〇総ては「大切な人」が源

2.にんげん力=人間力
 〇人元力 (元点) 人間の元となること
 〇人原力 (原点) 物事を考えるときの出発点
 〇人源力 (源) 大切な人と物が源
 〇人眼力 (眼力) 物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力
 〇人現力 (表現伝達力) 心と技術を表わし、伝える
 〇人言力 (言葉・会話力 )人としての温もりと心の言葉

3.大切な人・大切な心
1.大切な人は
  a.あなたにとって
  b.医療機関にとって
  c.社会にとって
 2.大切な人を大切にする・・・その為に必要な心と言動
 3.大切な人の大切〇〇〇を大切にする・・・大切な〇〇〇をとは?
 4.大切な人を定義する
 5.二分の一の法則

4.認める、認められる
 A.【認める、認められる】ことから始まる
 B.【認める、認められる】から始まる心と心の触合い
 C.【認める、認められる】から始まる「おもてなし
 D.【認める、認められる】言葉と態度行動

5.思い遣り
 ・思い遣りを知る
 ・表現伝達の為に必要な立場転換とは
 ・優しさと思い遣り
 ・思い遣る心の「ものさし」
 ・思い遣りの挨拶言葉と会話
 ・「ひと声」の思い遣り
 ・思い遣りの構成(図の解説)

6.挨拶力を身に着ける
 1.挨拶は人間力を身に着けるための登竜門
 2.ひと言の挨拶は、ライフスキル
 3.挨拶力を知り、見直す
 4.挨拶力の大切さ、重要さを認識する
 5.挨拶は人現力
 6.挨拶に使う言葉と語句
 7.挨拶と挨拶力のまとめ
 8.季節の挨拶に入れる言葉
 9.挨拶の種類を知る
 10.言葉での挨拶力を身に着ける
 11.「話すと喋る」の違いを知る

7.心を表し、伝えるお辞儀と礼・・・心をお辞儀で伝え、表わす
 イ)お辞儀とは、礼とは
 ロ)お辞儀の種類と方法、キレイなお辞儀
 ハ)トレーニング
  ・種類と角度、
  ・同時礼
  ・分離礼
  ・ポイント
8.「はい」の返事の使い別け
「はい」持つ意味と返〈  〉内に当て嵌まる漢字一文字を記入して下さい。
 1. 話を聴いたり、教えを受けたりする時の〈  〉
 2. 指示や命令など義務を遂行する際の 〈  〉
 3. 気遣い等が不足して注意や助言を受ける時の〈  〉
 4. 教室などで発言や挙手する時の〈  〉

9.感謝の心と表現
 〇感謝の心を知り、表わし伝える
 〇感謝、拝謝、深謝を知り伝える
 〇感謝の伝達法

10.相手の立場で考え、行動する
 〇立場転換の心
 〇立場転換の必要性
 〇人生、仕事に役立つ「立場転換」
 〇誠実の再認識

11.言葉は「信頼の礎」を築く
 〇言葉の伝達
 〇伝えて当たり前、伝えないと不信感 ・・・
 〇伝えないで普通、伝えれば好感 ・・・

12.「サービス」「ホスピタリティ」「日本のおもてなし」の心
 〇おもてなし
 〇サービスの心
 〇ホスピタリティの心
 〇日本のおもてなしの心

13.自らの役割を知る
 〇役割を知る
 〇役割を果たす
 〇大切なチームワークと育成

14.応対と対応
 〇応対と対応の認識
 〇医療機関の電話応対
 〇電話応対対処挨拶言葉と応対言葉
 〇電話のタブー

15.当たり前の「ものさし」
 〇当たり前を振返り、見直す
 〇思い遣る心の「ものさし」
 〇自らの「ものさし」を指差す

16.現場指導者・リーダーの「C」.
 1.コントロール  Control
 2.コンサルテーション Consultation
 3.コミュニケーション Communication
 4.コーディネーション Coordination
 5.カウンセリング Counseling
 6.ケア Care
 7.コーチング Coaching


(参考)
時間の取れない職場には、どこからでも講座を受けられるような形にも可能です。
この講座内容について詳しくお知りになりたい方は、問合せメールにてお知らせ下さい。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1065-bacc90b4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック