接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  日本の復興と人創り、マナーを見直す(№2)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

日本人の特質とメラービアンの法則-1

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

見た目人の目

日本人の大半は、
人の目が気になる人」
「人の視線が気になる人」
「人の思惑が気になる」
と言っても過言ではないと思います。
同時にこのような日本人の特質からも、自分に対する他者の見方
即ち意識・思惑を無意識に気にするのは当然であるとも思います。
最近はあまり使われなくなった、「外面(そとづら)と内面(うちづら)」と言った表現の仕方も、
日本人が人の目を気にする特質によるとものだと考えます。

さて、見た目人の目第一印象と言うと、先ず思い浮かぶのが「メラービアンの法則」です。
メラービアン氏は、第一印象を構成する要素は、
1:見た目55%、2:声38%、3:言葉遣い7%
の3つで構成され、夫々の比率があると説いています、
このことは、人付き合いに於いて「見た目」という要素が如何に大きいのかを説明しています。
人との触合いに、見た目身嗜みを大切にすることが好感を与える第一歩であると教えています。
以上を踏まえ、現在の日本人の仕草を振返り、改めて見直し、よく考えなければならないことは、
古昔から、日本の人々が持つ世界に類を見ない独自の特質とも言える、
見た目と人の視線を気にする」
「他者の心を気にする」こととメラービアンの法則の関係です。

上記した日本人の持つ特質から、私達は単純に他者の[見た目が55%]も占めるのだから、
他者から見られる自分自身の様々な外面的な要素の向上、身に着ける物、持ち物などを
気にすれば良いと考えてしまうのはある程度仕方がないと思われます。
このことは世界中から、日本人はブランド嗜好が強いと言われる所以かも知れません。

さて、メラービアン氏の説く見た目の身嗜みには、心と身体の二つことがあると考えます。
先ず手軽な見た目の身体に関連することを重視する傾向があるのではないでしょうか。
身嗜みに最も大切なのは、その人の心の状態が如実に表れることを自覚認識することです。
心の身嗜みを疎かにしている人は、どんな素晴らしく高価な物を身に着けたり、
顔や体が美しくなることにお金をかけても瞬時的なものになってしまい幸せが遠のきます。
「顔や身体の美しさ綺麗さだけでは、人と繋がりや結び付を作ることは出来ない」と
言われていますが、男女間や水商売の場等で実際に数多くその現実を体験見聞きしました。
人との結び付きや繋がりを継続維持させるためには、どうしても心の身嗜みが不可欠です。

また、現在日本で人気のグループ韓国の「少女時代」をプロデュースされた方のお話しで、
「外面的な顔やスタイル、アクションなど何でもお金で解決できるが、
どんなことがあっても挫けない心の体力、一人ひとりの心魅力はそうはいかない。
デビューする前に数年間かけて様々な形で心の力を付け、心を磨く訓練をさせる。」
と聞きました。
近年、日本で韓国の色々な芸能人に人気があるのは、このような要因からかも知れません。
他国でも、学び見習うべきことは学び見習うことも、今後の復興には必要であると考えます。

私達が復興に向けて大切にしなければならないことは、日本人誰もが「心身の身嗜み
を認識し、現況を見直し、修正すべきことは改めることであると思います。

報道によると、この度の大震災や原発事故によって変わったことは、
自分の為から、誰かの為に」の意識と、
豊かな当たり前の生活を見直す≒節約の大切さ」であるそうです。

震災後の今だから出来ることは、一人ひとりの国民が
日本の国と日本人の心のターニングポイント」を強く認識し、より良い方向付けをし、
皆で力を一つにし努力精進することであると考えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1078-59002246
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック