#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 報告・連絡・相談-(新)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

報告連絡相談(報・連・相)-(新)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

東日本大地震や原発事故に関する行政や関係機関の記者会見の場でも数多く見られたように、
報告連絡はその内容の重さと影響力、自らが果たすべき役割といったことをT.P.O.
弁えた上で、「スピードと正確さ、情報の確実さ」を以って行うことが最も重要なのです。
この重要さを、常に認識し仕事を円滑に出来るようにすることは職場の安全や危機管理、
人間関係ばかりか、普段の生活上における自らの安全安心の為、人との関わりにも大切です。

同時に報告連絡は仕事を進めて行く上で信用を得、職場での信頼を築く為にも欠かせません。
報告連絡に拠る情報は、仕事に直接必要な情報、間接的に役立つ情報、計画を左右する情報、
安心安全に関わる情報、企業や個人の信用・信頼に関わる情報などといったものがあり
このような情報を生かし役立たせる為には、正確で確実な情報伝達が必要とされます。
報告連絡の両者が、その重要な役割を担うことを常々強く認識しておくことです。

又別なツールとして電話メモ・業務ノートのようなコミュニケーションを補うものもあります。
同時に会社や上司は報告連絡のフィードバックに関するツールも備えておくことも大切です。

報告、連絡は小まめに、素早く、確実にする誠実さとその確認が基本です。
以外と忘れがちなのは点検です。
場合によりその頻度、日時、担当者を予め決めておくことも必要です。

また仕事に関る様々な相談も、日々の職務を円滑に行う上で大切なことです。
一般的に「報・連・相」は部下から上司への一方通行の手段だと勘違いされています。
風通しの良い職場は、上司からの「報・連・相」に対する【確認】が確り取れています。
例えるなら「報・連・相」は社内を流れる血液です。
確認はその心臓の役割を果たします。
人も会社も成長する為には、この血液の円滑な流れがとても重要です。

又、報・連・相にはT.P.O.を弁えることと共に、相手への思い遣り、
自らの誠実さと言った信頼関係の源であることの認識が必要とされます。

●報告・連絡・相談のポイント.

1. 特に報告・連絡に関しては、人選(担当者・責任者)が適切であるか
2. 報告・連絡事項に関して、事前のリスクアセスメントが出来ているか、否か
3. ソリューションに関連する報告・連絡・相談のツールの有無
4. 報告・連絡・相談、各々の目的把握認識の適切さ、適正さ
5. 報告・連絡・相談の内容に関する重要度、優先順位、難易度の明確化
6. 報告・連絡・相談の夫々の環境・状況認識と結果の予測(先見性)の有無

7. 報告・連絡・相談の各伝達ツールの備えと確認、ツールの有無、その必要性の認識
8. 報告・連絡・相談のデータ管理(個別用P.D・内容へのF.B・サポートシート)
9. 報告・連絡・相談の場での人財育成意識と目的の有無
10. 職場環境との適応性(時間の配分や管理・構成人員の資質)を考える
11. 全て人が行うことの認識(心の体力の多少・問題意識と・その解決力・マネジメント能力)
12. 何故の心を以って報・連・相の内容や物事を判断する

13. 間に合わせ仕事やその場凌ぎになっていないかの確認
14. 報告・連絡は、内容に併せその後の指針や活動を予測してあるか否か
15. 書式報告、連絡に関する情報の共有をする
16. 報告・連絡・相談についての点検・確認の必要性認識と実施
17. 報告・連絡・相談のフォローの必要性とその実施サイクル
18. 報告・連絡・相談の処理後、定期的、随時点検や見直しの必要性とその実施

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1086-10c36192
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック