#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 日本の復興と人創り、マナーを見直す(№12)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

人に与えた心や物は姿形を変え、
             必ず自らの元に戻って来る


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

今回の大震災や原発事故の被害に合われた被災地への支援や援助をしている殆どの方々は
見返りを求めてこのような行動や活動をしているとは到底思えません。
そのような中で、スポーツマン、芸能人や著名人のそうした支援活動を、
ごく一部の方々が見返りを求めた売名行為だと評していますが、
決してそのようなことで活動しているのではないと信じたい気持ちで一杯です。
また、それが喩え売名行為であったにしても、活動そのものは生かされ、
被災された人々の心に温かな気持ちを生み出していると思います。

此度の大災害が起きる前、日本は世界でも類を見ない支援や援助をする国でした。
その日本で起きた東日本大震災の被災地へ、多くの国々からボランティア活動、
支援活動や予想すらできない位の金銭的、物質的な援助も数多くありました。
この様な活動をなされた世界各国の皆さんは、口を揃えて
お世話になった、日本への恩返し」と言った心の温まるコメントを発しています。

それでは、日本が今迄行って来た様々な支援活動や援助は見返りを求め、望んでしたのか
と言うと決してそのようなことはではなく、同じ地球で生活する人間として、
多種多様な被害や災害を受けた国々へ人道的な立場と夫々の被災地の人々を思い遣る心
で行って来たと確信しています。

さて、話は変わりますが、昨日このブログに
「上着・貸してくれる男・心理」の検索語がありました。
この男性の心理は、何等かの見返りを求めて上着を貸す場合とその男性の持つ相手を思い遣る
優しさから自らのことを意識せずに上着を貸す行動をする場合があると考えられます。
後者と同様に相手を思い遣る優しさから、自らのことを意識しない行動や会話が
今回の大震災の被災地でも数多くの被災者や支援する人々に見られました。

この行動は、正しく「利他の精神」や「情けは人の為ならず」と言った言葉で表現されている、
人を思い遣りの心の現れであると言えます。
この「心の礎」の案内文にもあるように、思い遣る心を形として表すものがマナーです
それ故に、マナーは、見返りを望んだり、求めたりするものではありません。
私たちの日常生活や仕事上で思い遣りの形であると言うマナーの原義を忘れ、
挨拶感謝を望んだり、求めたり、酷い場合には強要したりしている場合が多々あります。
また、挨拶の語彙や目的を知らずして、挨拶を返すのが当たり前と言う認識からか
マニュアルに載せたりして無理強いしているサービス業などのお店も少なくありません。

或は、「してあげた」と言う心があるが故に、その心の裏側にある「してあげたのだから」
と言う見返りを望み求める意識が大切な人を失ってしまう行動や言葉になる場合もあります。
このことと共に、魅力、知識、能力は求めるものにあらず、与えるものだということを自覚し、
認識することも、同時に弁えておきたいことです。

人との触合いがある職業で、お客様や相手から「ありがとう」感謝の言葉を頂いた時の喜びは
心の中に何とも言えない感激や感動を呼び起こします。
それは、サービス業に関わる人々のみが味わえる醍醐味とも言えます。

本当の感動は、望んだり、求めたり、感動させる為を意識した言動や態度したりすることで
生まれるものではありません。
相手のことを心から思い遣った何気ない気遣いや心配りの態度や言葉、おもてなしの心から
触合った相手の心の中に生まれるものなのです。

マナーは人の心に生まれる思い遣りを現す形であるが故に、
マナーと言われる挨拶感謝の言動は、決して求めず、望まず、
与えてこそ生かされ、それは与えた側の人に、形を変え何らかの姿形で必ず戻ってきます。
同様に、人の魅力も求めたり、望んだりせずに、与えるものだと認識しておくことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1097-69abe0f4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック