接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  職能面接の内容と目的

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

職能面接の実施

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

職能面接は職務に従事する一人ひとりの保有する様々な能力・スキルを最大限に引き出し、
活用することにより一人ひとりを見つめ、その個性や能力、意思と適正、意欲に応じて
育成を進めつつ、個人のモチベーションアップや人間力の強化と組織の活性化を図ることが目的です。
また、この面談は、企業理念に基づく全社・部門・部署の目標課題、並びに方針の共有化を図る為、
その為に必要とされる諸要素・条件、遂行プロセス上における諸問題や障害に関するソリューション
ついて行います。
職能面接は、上司と部下が年に数回定期的、或は必要に応じ話し合う場を設けて行います。

職能面接制度導入の主な目的

1. 理念の確認。
2. 職責の確認と認識。
3. 役割の明確化。
4. 職務上で期待し、求める職務内容の明確化。(基準の明確化)

5. 職務に関する心の体力(≒心の知能指数EQ)の育成。
6. 上司と部下のコミュニケーションの円滑化、良好な人間関係の形成。
7. 上司と部下の情報の共有化、認識の共通化。
8. 動機付け。(チャレンジ・モチベーション)

9. 目標チャレンジシート記載内容の確認と共有。
10. 職責職務遂行の諸要素や条件の確認。
11. 様々な問題点の確認と共有。
12. そのプロセス上のソリューション

13. 部下が自らの仕事、実績等に関して意見を述べ、オープンで納得性の高い職場環境を作る。
14. 人事考課目的の認識と活用法。
15. 企業として必要とされる人間力育成。
16. 企業イメージの確立。

以上が主な目的ですが、各項目のプロセス作りを6W3HPDCAで組立てることも重要です。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1105-b5e3f3b0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック