#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 管理監督職の取組意識と能力(1)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

面談時の取組姿勢と能力

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用
面談の目的は部下の能力が十分に発揮でき、各人が何事にも耐え、チャレンジ出来、
会社が必要とする人間力≒「心の体力」と、豊かな人間性を身に付けさせることを目的とする。


A.必要とされる知能と取組姿勢(抜粋)

1. 部下に対する気配り、思い遣りの気持ちとその表現伝達
2. 人間関係を冷静に考察出来る力
3. 自らを指させる自己認識力
4. 自らの感情や意識を、相手に合せコントロールできる自制力
5. 言語や態度による表現力
6. 管理全般に渡る幅広い知識とその吸収力

7. 必要とされる専門知識の保有と吸収力
8. 他人に責任を転嫁することなく、職責を遂行する意識と意欲
9. 進んで問題に挑戦しようとする姿勢と行動
10. 部下の個性と役割認識
11. 部下を有効に使う、掌握力、統率力
12. 自分の考えや意見を部下や他者に理解させる能力

13. 相手と粘り強く話し合い円満に処理する能力
14. 新しい計画に対し、論理的に企画立案する能力
15. 仕事の経過、結果を、口頭・文書により正しく表現する能力
16. 現状にとどまらず、絶えず問題点を解明しようとする意欲
17. 論理的な手順で、問題を解明し適応させる能力
18. 状況の変化に対応できる判断を下す能力

B.取組姿勢と心構えのチェックリスト(抜粋)

1. 部下を大切な人として認識しているか
2. 平常心で部下に接しているか
3. 部下を公正、且つ公平に扱っているか
4. 面談時や指導時に、コーチングと叱咤激励を上手く組合せているか
5. 部下の仕事上(遂行時の技能力・マネジメント力)の得意、不得意を確りと捉えているか
6. 部下の職務、目標計画を常にキチンと立てさせているか

7. 仕事をどういう方法や手順で進めるかを理解させ、自覚認識させているか
8. 気軽に声を掛けたり、積極的に「挨拶」をしたりしているか
9. 部下の将来のビジョンや進むべき道について親身になり考えているか
10. 各自の仕事の意義や重要性を分からせているか
11. 部下が難問に遭遇した時、その打開策を共に考えているか
12. 仕事が上手く進まない点について、本気で指摘し、改善を促しているか

13. 目標、方針等上司の意図を的確に部下に伝えているか
14. 部下の有能な点や得意なことを上司や周りの仲間にP.R.しているか
15. 一人ひとりの役割、分担業務を明らかにしているか
16. 部下が仕事のし易いように関係者と調整、根回しをしているか
17. 部下が間違った判断をしないよう、日頃から広く自己啓発や情報収集に努めさせているか
18. 自ら部下が相談し易い、雰囲気を作っているか

19. 部下のスキル、職務遂行能力、特性を思考した上で仕事を与えているか
20. 仕事の流れの中で他との関連を分からせているか
21. 部下の提案や意見を認め歓迎しているか
22. 部下に任せた仕事がまどろっこしくても、自分でやらないようにしているか
23. 努力や成果について労をねぎらったりほめたりしているか
24. 部下の性格的な特徴、強み弱みを把握しているか

25. 各自に仕事で何をアウトプットし、何をインプットすべきかを明確にしているか
26. 部下の能力に合わせたテーマ(宿題)を与え、そのプロセス上で鍛えているか
27. 仕事の優先順位の決め方を導き、教えているか
28. 部下の悩みや抱えている問題について話合う機会を適時、適切に作っているか


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1109-66416feb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック