#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 管理監督職の意識と能力(2)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

職能面接の進行とそのポイント

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

面接の狙い
1.会社、部門・部署のビジョン目標の共有化を図る。
2.方針の徹底を図る。
3.問題点の共有。
4.ソリューション。
5.社員一人ひとりが目標や課題を設定するためのガイドラインを示す。・・・など。

面談のポイント
a.予め面談の内容と目的をまとめ、整理しておく。

b.面談内容について、タイムテーブル(時間管理の分配)を作ってから行う。

c.面談する部下の資質に合った面談方法を前以て抑えておく。

d.面談は誰に対しても平等な意識でする。

e.コミュニケーションではなく話し合う場としての雰囲気を作る。
 イ) 上司と部下が同じ目線で話し合えるようにする。
 ロ) いきなり本論に入るのではなく、身近な話題から面談に入る。

f.面接の目的を明らかにする
 ・面接の目的を明らかにし、共通の基盤を作る。

g.部下本人に自主目標設定の要点を説明させる。
 イ)プランの要点や狙いについて説明を受けます。
 ロ)上司は「聴く」姿勢で臨みます。(部下の話を最後まで聞く)

h.上司としての考え、アドバイス・サポート・修正案を明確に提示する。

i.上司としての役割、本人への期待について状況に応じて話して行きます。

j.現況打破言葉(明元素)で会話する。(駄目などの暗病反言葉は出来る限り使わない)

k.部下の立場や等級レベルを考慮した上で、追加や修正案を話す。

l.部下との話し合いをベースとして各プランを構築する。
 イ)今期の目標・プランについて、1つずつ具体的に確認して決める。
 ロ)目標設定については、具体性、到達可能性、チャレンジ性を考えて行います。
  ①こういう目標にしよう 。
  ②目標に向かい起こるであろう障害やリスクはこうして解決しよう。
  ③こういう内容に仕上げよう。
  ④ここまで精度を高めよう。
  ⑤こういう結果、成果を出そう。 
  ⑥ここまで目標の水準を高めよう。
  ⑦こういう改善、改良をしよう。 
  ⑧何時までに、あるいは何時やろう。
 ハ)現在と期待目標とのギャップやもんだ店を掘り下げ、遂行手段、方法、
   実行に関し必要とされる能力開発プランや修得方法について、
   解決策を(6W・3H、PDCAでまとめる)も加えて意見交換を行う。
 ニ)上司の意見を押し付けるのではなく共に思考する姿勢で臨む。
 ホ)上司と部下が話し合いの上で、共通の理解と納得をベースとした合意を形づくります。

m.上司としての立場で協力、指導援助します
 イ)上司の立場でサポートや協力、指導援助できる事柄についてはその旨、部下に伝える。

n.会社や上司、環境に対する要望事項を、出きる限り聞き出す
 イ)各プランに関する上司の指導、援助についての要望事項を具体的に聞き出す。
 ロ)上司は、聞き出した要望事項を実行可能なものと不可能なものにキチンと分け、
   夫々に対して適切に対処する。

o.部下を激励し、目標面接を終了する
 ①合意に達した今期の各プランの要点を互いに再確認する。
 ②追加・修正事項がある場合は、部下自身に手直しさせる。
 ③最後に、励ましの言葉、期待の言葉を上司が述べて、目標面接を終える。

P.後日内容をまとめた物をコピーし、上司と部下夫々一部保有する。


※部下も「心を持っている人」であることを強く認識し、思い遣る心を持ち
 本気で面談をする。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1110-b549f37c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック