#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 会話に心を現わす

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

心を現わす会話(人現力)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

様々な触れ合いのある日常生活で人と人の繋がり、結び付きを作るためにも話をしたり、
聞いたり(聴いたり)することは、なくてはならない大切なことです。
日々触合い接する相手へ、おもてなしの心や自らの心を伝え、相手の心に届き、
互いの心の通い合う会話は、マナー(思い遣りを形にすること)無しでは出来ません。

おもてなしや普段の会話は様々で、十人十色、百人ならば百通りあります。

このように相対する様々な相手やその時のスチエーションにおいて同じ会話は全くありませんし、
言葉(内容)はその場限りで消えてしまいます。
当然ながら、会話の雰囲気は金庫に入れて大切にしまっておくことなど到底出来ません。

おもてなし会話をするためには、このような会話の特質を念頭に置き、
会話の礎ともいえる語彙や原義などをシッカリと理解し、認識しておく必要があります。
人によって違う、心の通ったおもてなしの会話は、マニュアルにして残すことも出来ません。

おもてなし、接客や接遇の場で、思い遣りの心を相手に伝えるには、
話す言葉の組立てや伝え方だけでなく、話す際の表情(顔・声・目)、姿勢、態度、気配り、
心遣いを示し表す仕草は必要不可欠です。
耳に快く、聞き取り易い声、話す内容に合った口調で話すことは、誰にでも好感を与えられます。
イライラ調、どなり調、気のない調子、大きすぎる声、ささやき声などのネガティブ的な話し方、
早口や抑揚のない口調は、おもてなしやビジネスには不適切です
顔に表情があるように、声にも表情があることをシッカリと自覚しておきましょう。
適度なスピード、ハッキリした発音は、口の開き方、舌の運び方、間の取り方、
呼吸の仕方の要素が結びついて出来ることなのです。


心を現す会話のポイント】 (抜粋)

1.話の文字構成「心」「口」「舌」を意識して会話する。それは貴方の心を伝え、表します。
2.言葉の語彙や内容をよく考えた上で、一言一句を話します。
3.言葉で物や形が想像できる声の表情(抑揚や間、強弱など)で話し、伝えます。
4.相手の心の動きに合わせた会話をします。(観察・察知力)
5.会話する相手に見合った敬語、謙譲語を用いて話します。

6.真心を相手に届ける気持ちで会話を組立てて話します。
7.話す相手に答えを強要する話し方は、相手の心の窓を閉ざしてしまいますから避けます。
8.話す相手から、何等かの心の見返りを望み、求める話の組立て方は絶対に避けることです。
9.何らかの邪心や疑問を心に持たず会話や応対をします。
10.おっしゃる通りです、はい、有難いです、ありがとうございます、恐れ入りますなどの、
  何気ないひと言の重みと大切さを意識して話します。

11.「。」「、」句読点による間の取り方を意識して会話することです。
12.時、場所、目的(T.P.O.)に合わせた声量と語調で話します。
13.先ず相手のことを思い遣る意識「自分の為より相手の為に」、の気持ちで会話します。
14.会話の内容に合わせたスピードで話します。
15.会話内容によっては、自信と信念を持って誠実に話します。

16.会話は、その時の閃きやその場の思いつきで組立てることは避け、前以て考えておきます。
17.大切な会話は、その目的を整理し、まとめて置き、先ず伝えます。
18.言葉を生かす話し方→明るい口調で→判り易く→肯定的に→正しい言葉を選びます。
19.話す言葉のスビード、イントネーションにより、相手を不快にさせてしまうことがあります。
  口調には十分意識して使います。
20.正しい日本語、適切な敬語を使い分けるように話します。・・・・・など。
  ※相手の立場を認め、敬意の表現として使うことにより、スムーズな潤いのある人間関係を
   保つために、欠かせない言葉、それが敬語です。

心の篭った思い遣りのある会話は、相手の心に響き、魂を揺るがし、感動を味わって頂ける
と共に、心温かな余韻を相手の心に残します

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1112-d2c04443
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック