接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「にんげん力」の可能性を引き出す-5.(発信力)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

にんげん力≒ライフスキルの様々な可能性を引き出す

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

経営者運営管理監督職発信力.

情報の発信.

1. 流す相手に合せた情報を適時、適切に伝える
2. 不特定多数の情報の収集ルートを作る
3. 情報やその入手先の信頼度の物差しを持つ
4.言葉で伝えるか、文書で伝えるか、或はネットURLで伝えるかなど内容と目的の認識、
 伝える相手により手段を変えるなどの手法を用いる

5. 情報の活用方法と活用プロセスの確認を忘れない
6. 守秘義務のある情報は、伝える相手を選択する
7. 何のための情報なのか目的を明確にして置く
8. 情報によっては、情報を伝えたり、流したりするだけで終わらせない

9. 受けての反応を観察し、捉え方や意識を察知すべく心掛ける
10. 情報の内容により本気で、真剣に伝える
11. 何時の情報なのか時期を明確にする
12. 情報により出所を明確にする


情熱勇気の発信.

1. 勇気と決断力が周りを動かすことを強く自覚する
2. 情熱勇気の裏付けに成る心が持てるよう精進する
3. 優しさと思い遣りを履き違えないように常日頃心掛ける
4. 強い責任感より生まれる役割を、情熱を持って果たす
5. 魅力と能力は求める物にあらず、与える物

6. 自らの取組姿勢が周りを動かすことを自覚し、勇気情熱を備え活動する
7. 跳ねあがる見込みのある社員にこそ、勇気を持って試練を与える
8. 仕事や部下に対する情熱は、言葉と行動で知らしめる(言行一致が原点)
9. 組織の透明性を高めることに情熱勇気を備えあたる
10. 情熱と勇気の姿は信用、信頼を創り出すことを常に自覚する

11. 「情熱と勇気は望み、求めるにあらず」と言うことを認識しておく
12. 情熱と勇気は流せば、流すほど自らに戻る意識を忘れない
13. 情熱と勇気を持ち部下育成をする(コーチング手法に依存せず、飴と鞭を使分ける)
14. 本気と真剣さや誠実さが、情熱を表現することを意識する
15. 一方的な情熱は時により温度差を生み重圧感を与えてしまうことを自覚する

16. 挑戦心、向上心に情熱と勇気が付き物であると自覚認識する
17. 部下にワンランク上の仕事をさせる勇気を持つ
18. 勇気を持ち、部下に試練を与えて才能を見極める
19. 他者から情熱と勇気についての評価や感想を求めず、望まない
20. 自らの情熱と勇気を指さしてみることを怠らない

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1121-22a55d1a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック