#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心と心を繋ぐ、「挨拶と感謝」の表現

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

心と心を繋ぐ、「挨拶感謝」の表現とそのポイント

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

挨拶会話力を身に着ける第一歩は、先ず基本となる礼の形、言葉、仕草を覚えることです。
次に相手に合わせた、あなたにしか出来ない、あなただけの個性的な挨拶を身に着けることです。

また、忘れてはならない大切な心構えとして、
感謝(有難い・嬉しい)と奉仕 (見返りを望まず・求めず) の心を持たなければなりません。

特に大切なのは、感謝の伝え方です。
対面時の最後の挨拶でこちらの感謝の心を表わすことは勿論、
後日のメールや手紙、電話などを用いた感謝の伝達は、
対面時の感謝を裏付ける表現法であることを忘れてはなりません。
と同時に、タイミングや伝達方法を相手や内容に併せてすることです。

喩え、本心からの挨拶(感謝)だったとしても、その場限りだったのだ、
と後になって誤解を招いてしまう場合もありますので注意しましょう。

挨拶(感謝の表現)もマナーと同様、
このような相手を思い遣る心無しでは挨拶する相手の心に届きません。
このことを自覚することは、経営者を始め出来る営業マンや販売員の大切な要素と言えます。

「こんにちは、〇〇会社、営業の佐藤です。」
よく耳に飛び込んでくるビジネスマンの挨拶です。
さて、この挨拶、貴方はどう受け止めますか? 相手に、好印象だと思いますか?

また、別のビジネスマンは
「☆☆☆様、こんにちは。お忙しい中お邪魔いたします。(☆☆☆様)。
いつもお世話になっております。〇〇会社、営業の佐藤で御座います。」と挨拶しました。
前記の挨拶とこの挨拶の違いは何でしょうか。

当たり前のことですが、ビジネスはお客様の存在があって成り立っています。
お客様のタイプに合わせることは勿論、常にお客様を第一に考え、話す側の個性を生かした
独特の言葉の組み立て方や工夫で、相手に与える印象がかなり違ってきます。
いわゆる「おもてなし」の会話です。

お客様や会社から信頼され、成績の良いビジネスマン(営業マン)は、
商品やお勧めする物などの会話は僅かの時間で、成績を伸ばすと言われます。

では、なぜ信頼され良積を上げられるのでしょうか? 

どんな立派な後ろ楯(著名な会社)や商品があっても、販売する営業マンの人となりと魅力が、
商品の価値に勝るからだと考えます。
お客様とのコミュニケーションが上手でいつも話題豊富であれば、
おのずと信頼や購買力向上に結びついていきます。

では、どうしたら会話力やコミュニケーションが上手に取れるのでしょうか?

そのポイントは「話す」と」喋る」の言葉の違いを知ることです。

それには先ず、「話す」と」喋る」の違いを良く理解することです。
「話」は「心」と「口」「舌」の三種の文字から出来ています。
「喋」は「口」と「世」「木」の同じ三種の文字で出来ています。
この違いは、人の持つ「心」の文字が有るか否かです。

上記した仕事の出来る営業マンはきっと「話」と「喋」を巧みに組み合わせてお客様の心を、
確りと掴んでいるのではないかと思われます。

時には心を込めて会話をし、ちょっとした世間話や世情の事などを、巧に織り交ぜてお喋りする。
聞いているお客様はきっと心が和むはずです。
そのビジネスマンの人間性に魅力を感じ、いつの間にか、又話してみたくなるのです。

このことはまさしく、おもてなしの心なのです。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1146-e09cc7e9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック