#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「何故の心」を意識し、「当たり前」を見直す-1.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

何故の心」で現象や物事を見聞きし、「何故の心」で考える-1.

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

日本の社会が大震災復興に向けて一つにまとまりつつある時、
私達は今まで興味や関心を向けなかった様々なこと、或は心の持ち方、
物事の捉え方についてなど様々なことを多く知り、気付くことが出来ます。
例えば、節電によって今迄必要もないのに無意識の内に点けっぱなしになっていた
エアコンや照明などの電気機器、必要以上に置かれている自販機などと言ったものなど
多くの物の豊かさ、それに慣れてしまっていた心に気付かされました。
また、震災や原発、日本の経済への対応、政策に関する政治家や関係機関の
記者会見やインタビュー、意見交換の場に於ける自己保身の発言と意識、ネット上やテレビ、
新聞、始めとした様々な報道機関で多くの被災者、著名人、学者、専門家からの
考え方や発言から多くの学ぶべきことがあります。

一方では、国籍を超えた多くの人々の日本に対する意識や期待感など知ることが出来ました。
さて、様々な人のその時の心の状態や考え方を察知することは、普段の社会生活をする上でも、
私達のような人と接する仕事上でもとても大切なことです。
その為に必要なことは、「何故の心を以って、物事を見聞きすること」であると考えます。
何故の心で多くの物事や現象を見聞きすることは人との繋がりや絆を創り、
ひとり一人の心、会社・組織・お店の心、問題解決力、ブランド力、営業販売力などを育みます。
同時に大切なことは、モラルや常識力を始めとした物事や現象を的確に評価判断する為の
ひとり一人の「当たり前」のものさしの見直しであると考えます。
そこで、何故の心と当たり前について数回に別けて記事にしてみることにします。


おもてなし接客接遇をする場では

何故、あのお客様はあのような表情をしているのかな?
 「もてなす」とはどんなことなの?
 何故、キョロキョロと周りを見回しているのかな?
 何故、料理が進まないのかな?

 何故、飲み物を一口だけ飲んでその後飲まないのかな?
 何故、あのお客様は時計ばかり気にしているのかな?
 何故、あのような表情をしているのかな?
 何故、会計が終わったら足早に帰ってしまったのかな?

 何故マナーは必要なの?
 礼儀作法は何故大切なの?
 身嗜みは何故必要なの?
 アイコンタクトは何故するの?

 挨拶は何故するの?
 何故、挨拶を返してくれないのかな?
 何故、返事をしてくれないのかな?
 こちらが一生懸命に話しをしているのに返事が上の空なのかな?

 笑顔は何故必要なの?
 何故、心から笑ってくれないのかな?
 お辞儀は何故するの?
 何故、こちらを見てくれないのかな?

 感謝の言葉は何故「ありがとう」なの?
 5.S.は何故大切なの?
 何故チームワークが大事なの?
 何故、整然と配置しなければならないの?
 あんなに嬉しそうにしていたのに何故、リピーターになってくれないの?

以上の他に、まだまだあります、皆さんの職場でも考えてみてください。
★では何故、私はこの様な内容を載せたのでしょうか?

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1149-34efe755
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック