#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「何故の心」を意識し、「当たり前」を見直す-3.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

気付きに勝るものなし!

気付きはいつまでも心に残り、形だけものはいつか崩れる”


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

気付き」は、何故の心で物事を見聞きし、何故の心で考えるから始まる

多くの研修や対象者が様々なセミナー、仕事の現場に於いて何故の心を以って行動や態度、
言葉の使い方などについて「目的」や「結果・成果」を話したり、教えたりしない場合が数多くあります。
研修やセミナーが終わった一定期間は、形や所作が出来るようになりますがある程度の時が経ってしまうと、
また元の姿に戻ってしまう姿を目のあたりにしてきました。

一例を挙げますと、「お客様には、アイコンタクトして笑顔で挨拶するように」と
よくどの職場でも言われます。

或る時に「何故、お客様にアイコンタクトして笑顔で挨拶しなければならないのですか?」と
新人スタッフに質問された先輩がおりました。

彼は「それはお客様だからです。そうすることがあなたの仕事であり、役割だからです。」
と、即座に答えたそうです。

その新人スタッフは、何となく漠然とわかったそうですが、何か解らないけれど、
心に「もやもや」としたものが残ったそうです。

その「もやもや」としたものが心に残った原因は一体何だったのでしょうか。
きっと、「何故お客様にアイコンタクトして笑顔で挨拶しなければいけないの」かを、
仕事と言う名目で表面上の形を伝えた結果であり、
心からの「気付き」が生まれなかったからだと考えられます。

では、「気付き」に結び付ける為には、どの様に解説や説明をすれば良いのでしょうか。
この新人と先輩の会話の中にある、以下の五つ言葉にその答えがあります。

一、お客様
二、役割
三、アイコンタクト
四、挨拶
五、仕事


この言葉の意味と目的、得られる結果を解説しておけば、新人の「気付き」に結びついたのです。
では具体的に、どの様に説明すれば良いのでしょうか。
※この答えは、今までこのブログの中で度々書きましたので省きます。

「気付き」に繋がる「当たり前」の見直し
様々なサービス業界で、多々見受けることですが、顔はお客様に向けずに口先だけで、
言えば良いだけの接客用語「いらっしゃいませ」「有難う御座います」や通路ですれ違い時、
歩きながらの形ばかりの会釈や挨拶等々をよく見聞きします。

接客用語だから、言わなきゃいけないから、言うのが「当たり前」とされているから、
挨拶やお辞儀をしなさいと言われているからなどとの理由で、
言動や態度に表わしているとしか思えません。

どうせ挨拶やお辞儀をするなら、優しく明るい笑顔でアイコンタクトと共にしてくれたり
ほんの僅か立ち止まって挨拶してくれたりしたら、誠実さなどの好感を与えられます。
お客様にとっては、大切なお金を支払う訳ですから適正な対価(サービス)を求めて当然と言えます。

大切なお客様に「三味一体」のお店の心を伝えることが出来るのが
【接客用語】【お辞儀】の本質であり、お客様に対する本来の使い方ではないでしょうか。
ほんの僅かな言動や気遣いで、お客様に
「あのお店はいつ行っても感じが良い」
「お店のサービスや雰囲気が良かったから、美味しく食べられた」
「どうせ行くなら、またあのお店に行こう」

と思う気持ちにさせることが出来るのではないでしょうか。

今の日本の社会は、復興や原発事故、ドル安と様々な不の要素が巷に広がると共に
経済状態も安定していない中不況に打ち勝ち、生き抜いて行く為だけでなく、
お客様を確り確保し、お店のファンを創るためにも自店の現状を振り返り、
今の「当たり前」と思ってしているお店の全てとおもてなしや接客接遇を振返り見直してみましょう。
この厳しい時期だからこそ、「最大チャンス」であると言えます。

また、そのためには「当たり前」を人の意識や思考の基準と捉え、
人の意識改革から着手し、出来ることから、即実行しなくてはなりません。
手間がかかる、面倒くさい、忙しい、時間が無いから出来ないなどと尻込みしていては、
到底「当たり前」の見直しは出来ません。

店舗(会社)と一人ひとり(特に管理者)の「当たり前の基準」の見直しとレベルアップ、
意識改革は今直ぐに、簡単なことから着手することをお薦めします。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1151-cc3afc6f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック