接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「心配」と「心配り」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

心配」と「心配り」を知り、人との繋がりに生かす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心配・心配り赤長角横

接客やおもてなし、人との触合いに於いて特に大切にされる言葉に、

目配り」「気配り」「心配り」「心遣い」「気遣いがあります。

この言葉は全て、相手を思い遣ること原点(源)と言えます。
そして、お客様や相手を人眼力=心眼とも言える目配り(≒観察・察知・洞察)することから始まります。

この目配り気配り心配り、古より「思い遣りの三要素」としても知られています。

さて、先年の大震災に合った人々の心が大きく様変わりしたことがあります。
それは、信頼していたり、愛していたり、頼ったりしていた人の地震直後の行動によって、
その人の自分に対する心の持ち方(心のポジション)が明確に判り、人によっては信望を深め、
またある人は信頼していた人、愛していた人に失望して別離に至ってしまった場合があったことです。

このように自らの大切な人、愛情を抱いていた人の震災後の行動により
人生の大きな転機を迎えた人も少なくなかったと聞いています。

上記したような事例に於いて、人に対する意識が明らかにされるキーワードが、「心配」です。
言い換えれば、自らの大切な人、愛する人などを「思い遣る心」です。

人は、災害や苦難に会った時に本性が現れると言うことを数多く見聞きし、体験もしました
特に災害時は、自らの「心配」を如何に早く相手に伝えるかが重要なことであると考えます。

また、この「心配」をすることは、常日頃の「感謝」の表現であると言っても良いでしょう。

口先だけで如何に「心配している」と言っても、実際の行動が成されないために
折角作った友人関係や信頼を無にしてしまったことも体験し、見聞きしたことがありました。
このことも、感謝の表現の仕方と類似しているように思えます。

この「心配」に類似した言葉として「心配り」がありますが、
「心配」と「心配りは、多少なり異なる意味を持つと考えます。

即ち、「心配」は、自分の心の中に生まれることであり、
心配り」は相手(他者)に対してすることであると考えます。

このような意味では、「優しさ」と「思い遣り」と同様であるとも考えられます。

要約すると
「心配り」「心遣い」「感謝」「思い遣り」 は、相手に対して遣わす(届ける)ことが主であり、
「心配」「優しさ」「感謝拝謝(有難い)」は、主に夫々の心の中に生まれ感じることと解せます。


(参考)大辞泉による解説。
心配
 1 物事の先行きなどを気にして、心を悩ますこと。また、その様。気がかり。
 2 気にかけて面倒をみること。世話をすること。

[類似語]として、次のような言葉があります。
相手方が≫ 
 ・ご心配・ご心労・ご心痛・ご憂慮・ご懸念・ご案じ・お心懸かり・お気懸り。
自分側が> 
 ・心配しております・心痛しております・憂慮しております・懸念しております
 ・案じております・気を揉(も)んでおります・気に病んでおります・頭(心)を痛めております
 ・気懸かりに存じます・心懸かりに存じます。

心配り
 あれこれと気をつかうこと。心づかい。配慮。活用例として「温かい心配り」。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1157-c41248c8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック