#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 日本と日本人の「心の体力」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

日本と日本人の「心の体力」の認識

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

東日本大震災に見舞われた地域での今年の夏祭りは、
目を見張るばかりの素晴らしい祭りが行われていました。

この度の震災で尊い命を失われた方々のご冥福を祈り、同時に先祖への想い、
これから復興に向けての決意がこのような祭りの姿になったのではないかと思います。

震災直後、目を覆うばかりのガレキが散在していた各地域での復旧、復興に向けて
地元を始めとした多くの皆さんの力の大きさ、凄さに唯々感服するばかりです。

そのような中、仙台の七夕まつりを裏で支える商店の方が次のようなお話しをされていました。

「この震災が起きる前迄の、七夕は本来の心と姿を失いつつありました。
しかし今年は本来の姿を取戻し今までに味わったことのない感動と感激を与えてくれました。
それは、この震災が大きな転機になり、地元に住むひとり一人の心に本来の七夕まつりの心と
その在り方を気付かせ知らしめたからではないでしょうか。」


前記した被災各地の夏祭りやこのコメントは、日本人が忘れかけていた日本の心の素晴らしさ、
日本人の心の体力の大きさを伝えていると思われます。

さて、現在の日本国内に目を向けてみますと、接客サービス、接遇やおもてなしが凄まじい成長や
進化しているのにも関わらず、いつまでも数十年も前の常識や当たり前を引きずっている
経営者、管理監督職や年長者を多々見受けます。
それは企業(店舗)で、成長が止まり、業績の芳しくない場合に多く見られると思われます。

このような方々に共通するのは「人源力」に対する認識不足、甘さではないかと考えます。
そして、そのような会社や組織、事業所、店舗などで、以下のような言葉を必ず耳にします。
「人に時間やお金をかける暇があったら、業績を伸ばし、成果を出すことに尽力しなさい」

このようなことを聞かれる企業(店舗)で共通することは、「企業と人の心の体力不足」です。
即ち、このことは様々な問題解決や危機管理を適切に対処する企業としての能力不足であり、
そしてそれは予期出来ず突然見舞われた想定外の出来事や物事の解決にあたる当事者の
「心の体力不足」によるものであると思われます。
このことは、豊かで恵まれた社会環境で、企業や人が大人になってしまった所以からかも知れません。

それは、企業や事業を経営運営する人々の「企業は人なり」の理解認識不足による場合や
三現主義(現場現物現実)」実践不足の結果から生じたことであるとも考えられます。
一方、行政や関係機関のこの度の大震災や原発事故の対応、対処にも
この心の体力不足と自らの保身をする事例が多々見られました。

この様な心の体力を保有する為に大切なことは、
経営陣から現場のスタッフに至るまでの夫々の人々が、
この度の夏祭りを行った被災地の方々のような、
日本の心への回帰、日本人としてのおもてなしの心を持つことではないかと考えます。

東日本大震災から五か月が経ち、お盆や終戦記念日を迎える今、
私達は日本の力と日本人の心の体力の大きさを改めて振返り、見直すべきではないかと考えます。

そして、第二次大戦後の我国と同様に世界に誇れる復興を果たし、そこに暮らす私達ひとり一人が
互いに思い遣りの心を持ち心豊かな生活が送れるよう夫々が行動しませんか。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1161-d15ea7d0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック