接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  三現主義とにんげん力-其の1.

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

三現主義にんげん力の解説

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

三現主義

三現主義は、“現場”“現物”“現実”の三つの“現”を重視し、机上での空議や空論ではなく、
実際に現地に赴きその“現場”で“現物”を観察して、“現実”(現状・現況)を認識した上で、
今後の施作や問題の解決を図らなければならないと言う考え方のことです。

現地、現場現実を見ず(触れず)、机に向かい思考しているだけでは、
現場での様々な問題点や改善点は何も見えてきません。
従って三現主義により現状を直視すると言う考え方です。

日本国内の三現主義の実践は、一流企業と言われるホンダ、トヨタ自動車、花王、P&G、
セブン-イレブンが、三現主義の原理原則に基づきモノづくりを行っていることは知られています。
また、成長し続けている中小企業や物販店、飲食店など様々な処でこの三現主義は取入れられ
常にこの意識を持ち取組んでいます。
これから数回に別け、私見を交えこの三現主義について紐解いてみることにします。


〇三現主義とにんげん力

三現主義を実践するには、それ対象となる三つの“現場”“現物”“現実”の夫々を、
「原義(原点)」を踏まえた上で「原理」※①「原則」※②であらゆる方面から
思考し、対処することが必要とされ求められます。
その為には、“現場”“現物”“現実”の夫々を分析できる能力である優れた
にんげん力※③を備え持たなければなりません。
同時に、当たり前の尺度、モラルコンプライアンスに対する
正しい基準を備え持っていなければなりません。


※①「原理」様々な不の要素を引き起こすメカニズムや、製造・販売条件、
   製造・販売環境などの多角的に機能を知り認識すること。
※②「原則」顧客の立場に立ち、顧客目線・顧客意識で見たり考えたりすること。
※③「にんげん力
 
 ◇人元力. 
  「豊かな経験と知識」「磨かれた五感※④」と「豊かな感性」が元(根本)となる
  ※④五感(五官)=味覚・臭覚・触覚・聴覚・視覚
 
 ◇人原力. (原点=物事を考える時の出発点。)
 思い遣る心≒ホスピタリティ(おもてなし)の心を持ち、表現伝達の為のマナーが基となる

 ◇人源力. 
 店舗・企業の成長や繁栄の源は≪人≫であると言う考え方
 お客様も従業員も同じく≪人≫であると言う考え方

 ◇人眼力. 人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目・眼力※⑤
  ※⑤眼力=物事の善悪・真偽・成否などを判断し見抜く力

 ◇人現力. 
 自らの人格、意思、意識、ビジョンが明確に表現、伝達出来る力

 ◇人言力.
 心を表現出来る言語力と適切な言葉使い(遣い)が出来る力
 ひと言の重さを認識し、相手やその場に合わせた適切な言葉使い(遣い)が出来る力


次回、三現主義とにんげん力-其の2.に続く。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1165-051471f9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック