接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  三現主義とにんげん力-其の8.

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

三現主義の取組みに必要とされる知能

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

以下、三現主義を徹底する上で大切と思われる主な能力の項目です。
 昨日の記事内にある、にんげん力を発揮する為の【ポイント】と併用してお使い下さい。


1. 何事に対しても人が源、原点と言う認識で現実を視られる。
2. 何事にも動じない強靭な心の体力を備えている。
3. 思い遣りと感謝の心で現場のスタッフに接しられる。
4. 確固たる信念を持ち、現実を注視出来る。

5. 現場現物に対し常に問題意識を持ち観察出来る。
6. 現実に対し、自らの感情の識別、利用、理解、調整が出来る。
7. 現場現物を、平等且つ冷静沈着に観察出来る。
8. 時代合わせて自らの当たり前の意識を変化させることが出来る。

9. 原義原点を弁えて、現場現物の現状を視られる。
10. 自らの体験、知識に固執せず柔軟な発想で現場現物を視ることが出来る。
11. 何故の心で現場現物現実を視ることが出来る。
12. 良し悪しに関わらず、現場で現実に起きている事実の起因を分析出来る。

13. ビジョンと現実のギャップを正確に捉えられ、その要因要素の分析が出来る。
14. 起因、要素、要因を納得が行くまで追求出来る。
15. トレンド意識と感性を保有し現場、現物を見ることが出来る。
16. 先見性を備え、現実に沿った一歩先の施作、対策が出来る。

17. 現場の不と負の要素・要因を見付けられ、対処出来る。
18. 時流に合った知識と感性で現場の現物を視ることが出来る。
19. 多くの情報を現場に合わせて選択し、活用出来る。
20. 自社(自店)に関する様々な情報収集が出来、それを現場現物に生かせる。

21. 独創的な思考で物事を視ることが出来る。
22. 現場で見られる現実を正しく捉え、表現出来る。
23. 企業理念を確りと認識し、その上に立って物事を視られる。
24. 現場の人、物、環境の夫々現実を、広い視野で観察分析出来る。

25. 顧客、従業員、業者の視点で店舗や会社の現状を視ることが出来る。
26. 自らと自店舗(自社)の現実を指させる。
27. 改良改善意識で現場、現物を視られる。
28. 現場の改善改良事項に関し、適切な優先順位を選択し、指示出来る。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1173-d4c75a5a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック