接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  ホスピタリティマインド自社(自店舗)診断

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


ホスピタリティマインドを自己診断する(全員用)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

 経営理念が会社全体に浸透し、スタッフ・社員ひとり一人が実行をしている
 経営者・責任者は、社員ひとり一人のことを大切にしている
 経営者・責任者が率先して、お客様を大切にすることを実践している
 経営者からスタッフ全員に至る迄、自らを振返ることを怠らない
 スタッフ全員がどんなお客様に対しても変わらない挨拶している

 お客様が求めている以上の商品、サービスを提供しようとする意識を持っている。
 お客様への思い遣りであるマナーを、アルバイトを始め社員全員が身に着けている
 お客様の台帳やメモを付けている
 お客様や患者さんから感謝や感動のメールや手紙がく届く
 お客様とは仕事以外でもプライベートでお付き合いがある

 お客様に対する陰口や非難するような会話が社内に殆んど聞かれない
 仲間同士が陰口を言ったり、非難中傷したりするような会話はない
ホスピタリティ、お客様満足(CS)などの言葉が社内で自然と交わされている
 商品、サービスの質は年々良くなっている
 自社のサービス、商品へのクレームや苦情は滅多に聞かれない

 苦情・クレームへの対応がスピーディーである、
 苦情・クレーム対策をしっかりと行い、再発防止策を実行している
三現主義の心と行動を徹底している
 スタッフ全員のあらゆるデータがある
 経営者からスタッフ全員に至る迄、何事に対しても満足せず、常に上のクラスを見据えている

 社員の離職率が低い
 相談し易い職場環境である
 仲間同士の挨拶が心地よい雰囲気を醸し出している
 スタッフ全員が楽しそうに仕事をしている
 社内の雰囲気が明るく清潔感がある

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1179-ce6fb023
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック