接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心の体力「誠実さ」の自己診断

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

心の体力」自らの態度、言動をチェックする

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

【自己採点】出来ている=3.やや出来ている=2.僅かに出来ている=1.出来てない=0.

1.真心を持って人や物事に対する
2.誰に対しても変わらない、節度を持って接する(けじめ≒礼儀節度がキチンとしている)
3.いつでも、誰に対しても変わらない挨拶ができる
4.相手によって、会話内容や態度を変えない
5.姿勢が正しい

6.相手を思いやる対人、ビジネスマナーを弁えている
7.素直な言動、態度をする
8.どんな小さな約束でも、必ず守る(何事に対しても、時間はキチンと守る)
9.依頼されたことは間違いなく行い報告する
10.言動に裏表がない

11.真面目に取組む姿勢を持っている
12.いつ、誰に対しても感謝の心を言葉や態度で伝えられる
13.その場しのぎの会話や態度をしない
14.相手に見返りを望まず求めない
15.正直である(嘘がない)

16.信念を貫く言動をしている(話す内容に一貫性がある)
17.小さなことも一所懸命行う(小事を疎かにしないで、全力を尽くす)
18.相手の大切を大切にしている
19.言行一致がしている(自分の言っていることと、現実の行動に矛盾がない)
20.誰の話でも真剣に傾聴する姿勢を持っている

21.感情のコントロールが出来、常に不変な精神状態を保てる
22.以前に話した内容と、現在の話の内容が違わない
23.その場に居ない人のことをあれこれと批評、批判しない
24.他人に望んだこと、求めたことを自ら行っている
25.自分に否がある時に素直に謝る心を持ち実行する
 (自らの過ちや間違いを素直に認め、謝罪する)

26.自慢話や自己顕示をしない
27.相手や仲間に言うべきことは伝える勇気を持って実践している
28.自分の事情で周りの人々に接しない
29.適切な状況判断が出来、自らの想いや感情は素直に出せる
30.話し合いの場や会話を独占しない

31.相手のためになり、成長に役立つと思ったことは真剣に話せる
32.一期一会の心を以ってお客様や相手に接する
33.いつでも変わらないマナー、相手やお客様に態度で接する
34.お客様や相手のことを優先して考える心を持ちと態度で示す
35.お客様や相手の信頼を裏切らない

36.お客様や相手との約束を守ろうとする心を持ち態度で示す
37.お客様や相手の期待を裏切らない
38.お客様や相手の目の届かない所もきちんと目配りしておく
39.お客様や相手の状況を正直に報告する心を持ち、行動する
40.お客様や相手の状況をいち早く察知し、真心で応対する


※採点後、自らが身に着ける必要のあると思う項目の№を◎・○で囲み、
その上で、優先順位を付け今後の自分の課題、目標とし、タイムスケジュールにする。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1191-d94e149a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック