接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心は行動を変える

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「心」は自らの意識と行動を変える

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

現在まで数多くの店舗や会社などでビジョン、理念、テーマ、コンセプト、指針や規定類を作ったり、
その作成のお手伝いをしたりして参りました。
そのような中でよく引用させて頂いた言葉に
心理学者「ウィリアム・ジェームズ」博士の言われたとても意味の深い次の言葉があります。

心が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

運命が変われば、人生が変わる


このジェームズ博士の言葉の最初に記されてある「心が変われば」の文言について考えてみると、
人間は自分自身の心を含め、人の心を変えることは言葉や文字で表現すことは安易ですが、
実際に自らの心や人の心を変えることは、変えなければならないと言う揺るぎない強い意思と信念、
その為に何をどの様にしたいかを明確にした上での日々の努力精進が必要とされると言うことを
教えていると解釈出来ます。

さて、今後の復興、少子高齢化による2050年問題円高に立ち向かう日本では、
今まで日本の社会通念とされてきた人の思惑や目を意識した物事の考え方、
捉え方即ち自分の意思より周りの思惑や意見を重視して考えることを改めるべきではないかと考えます。
そのために現在の社会を動かしている人々を始め、これから日本を担って行く若者ひとり一人の
確りした意思決定と意思表示が必要不可欠であると考えます。

そこで、このような現況の中で企業・施設や店舗の手本にして頂きたい
「物語コーポレーション」と言う会社の行動指針を紹介します。

以下、株式会社「物語コーポレーション」の行動指針の内容。

我々は、お客様のため、自らのプロの人生のための意思決定者である。

理想の店作り、会社作りに向かって意思決定し行動する。

理想あるものは、希望あり

希望あるものは、目標あり

目標あるものは、意思決定あり

意思決定あるものは、計画あり

計画あるものは、行動あり

行動あるものは、結果あり

結果あるものは、反省あり

反省あるものは、進歩あり

進歩あるものは、理想あり


※この内容は飲食以外の全ての企業や店舗にも参考になると思います。
(この記事に関連した以前の記事) http://projectishizue.blog60.fc2.com/blog-entry-816.html" target="_blank" title="自らの「心」を変える">自らの「心」を変える”

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1196-60cfb7f7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック