#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「大切な人を、大切にする」ために

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2016・6


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載せてる記事は、現在までの実体験と人生後半の学び、その中で得られた自心の気付きや知恵です。
コミュニケーションや人財育成のポイント、自心の持ち方などがありますが押し付ける内容ではありません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は、人と触合いでの参考資料にお使い下されば幸いです。

尚、私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断での引用転載は禁止します。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

"大切な人の大切な〇〇〇を大切にする"

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

私達は日々触合う相手を大切にすること、思うことは生きる上で不可欠な人としての「心」です。
それは、人として生活する家庭、会社などあらゆる場で必要と言えます。
人を大切にすることは、「挨拶」「思い遣り」「感謝」「誠実」などの言葉や態度・行動に現れます。
そして、日常生活のマナー、ビジネスマナー、接客マナー、C.S.などの「源」「礎」と言えます。
中でも、相手を大切に思う「思い遣り」は全ての「マナー」の原点でもあります。

また、それはサービス業やホスピタリティ、日本のおもてなしの原点でもあります。
このようなことに必要とされる「マナー」の目的を考えると、そこには触合う相手に対しての
様々な思い遣り、気遣いの心を育むためなのです。
その手段や方法として目配り、気配り、心配りが基本的な要素です。
この様々な要素は、沢山の人との触合いや交流によって具体的に学ぶことが出来ます。

私達は、日々の生活、会社、職場、友人や仲間、お客様から
大切な人」に関する心や行動について多くの学びや様々な知識、色々な体験が得られます。
この様な目線や意識で生活することは「幸せを掴む」為の手近な近道と言えるでしょう。
そして、人は感動や感激を始めとした様々な感情を味わいながら成長して行きます。

マナー」=「思い遣り」は「大切な人」に対する意識や心を育む源とも言えます。
特にお客様や顧客から多くの教えや心の学び、感動を頂ける接客や営業の業界で働く方々は
計り知れない多くの学びのチャンスがあると思われます。

大切な人の大切な○○〇を、大切にすることに気付くか否かで、その人の生き方が変わります。
即ち、利他の心※である人を思い遣る心に気付くことです。
利他の心とは、他者の利益を重んじ、他者が利益を得られるようにと振舞おうとする心。
その為には、先ず、心から【大切な人を想う心】ことに、自らが目を向けることです。
そして、常々から本気で真剣に『大切な人の大切を大切にする』ことの言動に取組むことです。
きっと、今迄に味わえなかった新しい素敵な人との結び付きや心の世界が開けます。

【大切な人】この言葉は、これからの厳しい時代を乗り切る為のキーワードの一つです。
その為に先ず、【大切な人】ついて、夫々が大切な人の定義※2を知り、認識する。
※2この定義は職種や業態により変化しますが、全てに通じることは人としての「思い遣り」です。
次に、【大切な人】への心と態度を表わし伝える。
そして、【大切な人を大切にする】心と(態度≒仕草)を身に着け、表わし伝える。
最後に、【大切な人の、大切な○○〇を大切にする】心と態度を身に着け、表現伝達する。

下記の内容は前の記事に載せた内容ですが、改めてより知って頂く為に再度掲載しました。

自分の最も【大切な人】に、接する「思い遣り」の心と態度で相手やお客様に応対すること。
自分の最も【大切な人】に、接する「思い遣り」と「感謝」の心と態度で部下に接すること。
自分の最も【大切な人】に、接する「思い遣り」の心と態度で周りの身近な人々と触れ合うこと。
自分の最も【大切な人】に、接する誠実な心で「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えること。
見返りを望まず、求めない「奉仕の心」と態度で自分の最も【大切な人】に接すること。


「あなたは、愛する大切な人の大切な心を、大切にしていますか?」
「あなたは、愛する大切な人の大切にしている物や環境を、大切にしていますか?」
「あなたは、大切な御客様の大切な時間を、大切にしていますか?」
「あなたは、大切な社員の大切な心を、大切にしていますか?」
「あなたは、大切なお店の大切なスタッフを、大切にしていますか?」


ここでの大切な人とは、個人生活、会社、店舖、職場、営業など、総てに当て嵌まります。
人の部分に、親族名、個人名、部下や仲間名前、顧客、お客様(の名前)、患者さん(の名前)、
クライアント名(の名前)、会社組織名、施設名、店舗名、ブランド名などを差し替える。


◎大切な人の大切を、大切にする語句の具体例.

大切な人の(人への)大切な1~40を、大切にする
下記1~40の文頭に、次のA~Cを用途に合わせて当て嵌めて下さい。

A.大切な人の
B.大切な人への
C.大切な〇〇〇(=会社・お店など)の、


1. 大切な心を(大切にしている心)
2. 大切な夢を
3. 大切な一日を
4. 大切なひと言を
5. 大切な想いを

6. 大切な真心を
7. 大切な一途な気持ち(心)を
8. 大切な思い遣りを
9. 大切な思考する時間を
10. 大切なやる気を

11. 大切な志を
12. 大切な利他の心を
13. 大切な意思を(意思決定)
14. 大切な信頼を
15. 大切な信用を
1
6. 大切な絆を
17. 大切な挨拶を
18. 大切な感謝の表現伝達を
19. 大切な時間を
20. 大切なひと時を

21. 大切なビジョンを
22. 大切な理念を
23. 大切な課題・目標を
24. 大切な物を(大切にしている物事)
25. 大切な仕事を

26. 大切な職責を
27. 大切な社員を
28. 大切な部下を
29. 大切な書類を
30. 大切な資料を(本・テキストなど)

31. 大切な機材を
32. 大切な職場を
33. 大切な仲間を
34. 大切な家族の存在を
35. 大切な家族(人)を

36. 大切な食事のひと時を
37. 大切な語らいの時を
38. 向き合う大切な時間を
39. 大切な見つめる観察する時間を
40. 大切な会話(面談)の時間を


(参考)
上記各項目を、プライベート(P)と職場(C)総てに共通(全)に別けてみることもお勧めします。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1214-dc266d37
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック