接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  大切な人への意識と行動

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自らの大切な人への意識と行動を振返る

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

触合う相手を大切にすること、思い遣ることは生きる上で不可欠な人としての「心」です。
それは、人として生活する家庭、会社などあらゆる場で必要と言えます。
人を大切にすることは」などの言葉や態度・行動に現れます。
そして、日常生活のマナー、ビジネスマナー、接客マナー、C.S.などの「源」「礎」と言えます。
中でも、相手を大切に思う「思い遣り」は全ての「マナー」の原点でもあります。
そこで、大切な人への意識と行動の主なことをピッアップしてみました。


☑意識と行動チェック 
 (○と×で評価してみると、日々〇×の付く項目が変化する場合があります。)

1. 相手を許せる愛情を備え持っている。
2. 相手の心のポジションを察した言動をする。
3. どんなに身近な人にも、心からの感謝を日々キチンと伝えられる。

4. お互いが理解し合おうとする前向きな心を持つ。
5. 相手の精神状態、コンディションを表情から汲み取る。
6. 相手の心で考え、思い遣りの心を持って言動する。(目配り、気配り、心配り)

7. 今何が必要かをあらゆる方面から考え判断し、黙って行動する。
8. 心の痛みや苦しみを共有出来るように心を配る。
9. 嬉しい事は出来るだけ早く伝え、喜びを共有する。

10. 大きな目と心で相手を見守れる。
11. 愚痴や他者の陰口は言わない。
12. 其の場しのぎや言い訳をしない。

13. 嫌な事でも相手のためになると思ったら真剣に伝える。
14. 悩みを分かち合える。
15. 心配事や悩みは逐次経過報告を絶対に怠らない。

16. 相手の痛みを自分に置き換える。
17. 相手が大切にしている人、心や物を大切にする。
18. 見返りを望まず、求めない。

19. 自分の考えや心を押し付けない。
20. 自分だけの事情で相手に接しない。
21. 謝罪はキチンと伝える。

22. 私利私欲で言動しない。
23. 不安を与えない。
24. 心配かけない。

25. 常に誠の心と包みこむゆとりを持てる。
26. どんなことがあっても相手を裏切る行為はしない。
27. 相談されたことには、どんなことでも本気で真剣に考えられる。

28. プライドや信念を確りと持ち、言動に表わせる。
29. 見栄を張らず出来ないことは素直に出来ないと言える。
30. 明元素を心と行動で示している。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1218-13febd35
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック