接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  秋の季語と挨拶言葉

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

時候挨拶言葉季語(秋~初冬)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

日本独自の文化である挨拶言葉には、日本語ならではの風情があります。
近年は、秋になるとハローウィンと言った日本以外の文化が好まれているように感じます。
それはそれで良いことであると思いますが、日本人として温故知新の心で
古からの日本の季節折々の言葉≒季語を見直してみては如何かとも考えます。
時折目にするのですが、この風情のある季語を生かした様々な日本料理や飲食物、
或いはイベントのタイトルとして季語が使われていることがあります。
そのような時に、日本にはこんな素敵な美しい言葉かあったのだと感じます。

秋、時候挨拶言葉は一般的には、手紙などの文書として使われることが多いようですが、
一捻りして料理の盛り付けや、イベントや店内の飾り付けの参考にされてみては如何でしょうか。
また、文書に著わす場合は書いた人の人柄が感じ取れるように心掛けることが肝要です。
当然、言葉として触合う相手への挨拶に用いることも心得ておくべきことです。


10月(神無月)の時候挨拶言葉

季語-単語

紅葉・秋涼・秋冷・秋晴・秋雨・爽秋・中秋・錦秋・菊花・秋晴れ

季語-言葉

仲秋の候(折)/仲秋の季節/秋冷の侯/菊花の候/秋冷の候/紅葉の候(折)
/紅葉の季節/霜降の候/夜長の候/秋雨の候/味覚の秋/灯火親しむ候

季語-語句

朝夕の空気が心地良い/朝昼の寒暖の差が/秋涼爽快のみぎり/秋気肌に沁みる候
秋涼爽快の候/秋色日毎に深まり/日増しに秋も深まり/燈火(灯火)親しむ候
木々の梢も色づいて/実りの秋となり/空は深く澄み渡り/夜長の頃となり
冷気は日増しに加わり/スポーツの秋/爽やかな好季節になり/年中で一番美しい季節
爽やかな秋晴れの続く/気持ちの良い秋晴れが続きますが/山や渓谷もすっかり色づいて
秋もようよく深まってまいり/天もひときわ高く感じられるころとなり
道に枯葉が舞い始め/快適な日和に心も晴れ晴れする日が続き
気持ちの良い秋色の包まれるようになり/庭の萩も咲き乱れる時季になり
菊薫る今日この頃となりました/紅葉もひときわ鮮やかに彩られて
街路樹の葉も日ごとに黄ばむころになり/庭に枯葉の舞う季節を迎え
朝夕はめっきり冷え込み冬支度に追われる季節となり/秋風の快い季節となり
天高く秋も深まってまいり/小春日和のうららかな陽気/すっかり日も短くなり
秋晴れのすがすがしい毎日です/山の色も日ごとに深みを増し
秋の気配が此処かしこに感じられ/ここ数日小春日和の麗らかな好季節となり
白菊の薫り高い今日此の頃/菊の花が香る季節となり
さわやかな秋晴れの日が続いており/今年も田畑の実りが美味しい季節になり
スポーツの秋、味覚の秋となり/芸術の秋となり/読書の秋となり/文化の秋となり
天高く馬肥ゆる季節となり/散歩道で燃えるような彼岸花を見つけ/いよいよ秋も深まり

10月の花>キンモクセイ、茶、浜菊、パンジー、山茶花、など

10月の野菜>かぶ、ごぼう、さつま芋、里芋、椎茸、大根、玉葱、人参、舞茸、蓮根

11月(霜月)の時候挨拶言葉

季語-単語

初冬・季秋・向寒・初霜・晩秋・立冬・落葉・深秋・秋冷・暮秋

季語-言葉

向寒の候(折・季節)/初霜の候(折・季節)/晩秋の侯/立冬の候/錦秋の候/落葉の候
深秋の候/秋冷の候/夜長の候/秋雨の候/向寒の砌/寒暖不順/暮秋の候/菊薫る候

季語-語句

菊薫る今日此の頃/そよ吹く風が冬を運んで/秋晴れの好天が続いており
秋の実の色づく頃となり菊/の花香る今日このごろ/日増しに色づく柿の実が
紅葉狩りに行きあの色鮮やかな山々/秋晴れの空がどこまでも高く澄み渡って
つやつや光る栗の実がおいしい季節になり/山の頂きも白くなり
秋気いよいよ深まってまいりましたが/街路樹がすっかり葉を落とし
寒さも間近に迎える頃となり/朝夕寒冷を覚える季節となりましたが
日ましに寒さがつのります今日このごろ/朝晩はめっきり寒くなり
吐く息の白さに、秋の終わりを感じる頃となり/鋪道の落ち葉が冷たい雨に濡れ
行く秋の寂しさ身に沁みる頃秋/の色もようやく深みを増してまいり
菊の花も薫る昨今となり/見事な菊の大輪が咲き誇って
素晴らしい菊が目を楽しませてくれ/道には黄色い銀杏の絨緞(ジュウタン)が敷きつめられ
年賀はがきの発売と聞いて/カレンダーも残り一枚となり/庭の木の葉も良く色づき
日増しに寒さの募る昨今を迎え/木枯らしに一段と寒さを感じるようになり
庭の紅葉も終わりを告げ、すぐ近くに冬の気配を感じる頃となり/秋気いよいよ深く
舗道に落ち葉が散る頃/道端の霜にも冬の近づきを感じるようになり
街路樹もすっかり葉を落としゆく秋の気配に寂しさを感じる季節となり
初雪を待たれるころとなり/秋色も一段と深まり/鮮やかな紅葉の候となり
小春日和の今日此/頃朝夕一際冷え込むころ/吐く息も白くなり/夜寒の折柄
冷気日ごとに加わり/日毎冷気が加わり/追々寒さ向かいますが/冷雨が降り続く

<11月の花 菊、山茶花、柊(ひいらぎ)、びわ、八手(やつで)、など

<11月の野菜かぶ、カリフラワー、ごぼう、さつま芋、里芋、椎茸、春菊、大根、玉葱、
      葱、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、山芋、蓮根

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    こんにちは。埼玉県にあります篠崎運送倉庫の柳原と申します。鴻巣市・行田市にて倉庫保管を主体とした物流業を行っています。物流業自体とても奥が深く、お客様やお預かりする商品ごとに物流の仕組みが変わります。ゆえに異業種異職種の方の知恵をお借りしながら自身の業務に、お客様にフィードバックしています。宜しければ貴ブログからも勉強させていただければ幸いです。今後とも何卒宜しくお願い致します。※ブログ構成、すごいですね。同一内容ですがアメーバブログでも行っています。宜しければそちらも御一読頂ければ幸いです。
    2011/10/11(火) 14:01:25 | URL | 埼玉県の倉庫 篠崎運送倉庫 #dM09Ox3I[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1222-0106aa6c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック