#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 誠実さは、信頼の礎

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

誠実の大切さを知り、修得する

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

「正直であること」正直な気持ちを、自分はこう考えると伝えることは誠実を表わします。
相手に何か指摘する際に、相手の様々な可能性を考えて発言する事は誠実です。
また「正直であること」と同時に「真心が感じられるさま」を言います。
広辞苑によると、誠実とは「偽り無く、まめやかなこと。まごころ。まこと」。
他人や仕事に対して、真面目で、裏表がない人柄、また生き方を意味するのでしょう。
誠実とは、「誠」を「実らす」こと、
「誠」という字は、「言ったこと」を「成す」と書き偽りのないことです。

〇誠実、誠実さとは

人の心を掴む、その大切な要素の一つが誠実さです。
誠実とは、いつでもどんな時でも決して変わらないこと。
時、人、状況によって、言葉や態度をコロコロと変える人間は信用、信頼をされません。
誠実さとは、言行一致、素直である、些細な約束でもキチンと守る、嘘がない、裏切らない、
身の丈に合わせ見栄を張らない、真実を貫くこと、小事を疎かにしない、
些細なことにも全力を尽くし、真心を込める。
このようなことが上げられます。

誠実な人間にはかなわない。最後に誠実な人が勝つ

誠実さは自分を指差し、省みることで、育って行くものです。
言葉を発することは、自分の心と其の時の気持ちを言葉で表現し、打ち出したものです。
先ず、自分の心構えをハッキリとさせることからスタートします。
そうすることで、自らが成すべき事が自然と明らかになり、迷わずに遂行することが出来るのです。

一方で、誠実さを愚直という見方もありますが、誠実さによって得られる精神的な豊かさが、
その人の人間性を培って行くことになるのです。
誠実とは己がどの様にしたら良いかを、真面目に考えそれをやり遂げようとすることです。
そして人は真面目に、真剣に生きようとすることで信念と誇りを持つことが出来るのです。

知識や言葉だけではなく、人柄を表現する誠実な態度と行動が信頼を育む
 = 末永いお付き合いには、専門性より『人間性』が重要!

人の言うことは信じないけれど、やる(実践する)ことは信用する!」
 例えば、人としての基本的な態度・行動で靴を揃えるという行為は、
 特別の能力が必要とされる訳ではありません。
 時間にして、ものの一秒もあれば出来ることです。
 しかし、それは意識とも言える躾が伴わないと実践はできません。
 頭で判って理解しているだけでなく、継続し、身につけて行くことなくしては、
 いつでも、どんな処でも、自然に実践出来るものではありません。
 靴を揃える行為は、「靴を揃えるのは、自分の『心』を揃えること」
 という人としての『気付き』があってこそ初めて徹底できるものなのです。
 (靴に限らず、整理整頓がなされず乱雑な状況は、心自体が乱れていること)
 一事が万事で当たり前のことが出来ない人は人からの信用を得られないということです。

会社対会社に限らず、人と人との関係に於いても、末永くお付き合いして行くためには、
何より『人間性』が重要だということです。
人は相手に何らかの魅力を感じ、その関係が深まって行きます。
人の魅力には様々なものがあります。
例えば、一緒に居ることで明るくなる、自分にはない情報をもっている、頭がよく、
価値判断力が優れている、教えて戴くことが多い、人脈が豊富、など様々なことがあります。

人は外面的な要素や、何らかのご縁で一時的に触れ合えたとしても、
それだけでは決して継続的なお付き合いには繋がらない。  
「人として誠実だ!」と言う、その人への深い信頼がなければ、いつかは心が離れてしまいます。

スキル、技術や知識と言ったものに代表される「専門性」は時代の進歩に従って、
必ずや古くなり色褪せてしまいます。
「誠実さ」のように、人としての本質やあり方、深い「人間性」は、50年先100年先になり、
どんなに時代や環境が変わろうとも、人間が人間である限り普遍のものです。

一度身に付けてしまい、日々当たり前のこととして無意識に習慣的に実践すれば、
それは必ずその人の「一生の宝」となり「魅力」にも繋がります。

改めて「誠実」という漢字を分解すると「言ったことを成し遂げて実らせる」こと、
即ち「言行一致」を表しています。    
単に言葉や技能、情報、知識だけではなく、言行一致で実践している姿や実らせた成果で、
人と人の信頼を築く事の大切さを心に強く刻みつけるのです。

あなたご自身は、今、日々の生活で何を感じられ、どのように進めていますか?

「人の言うことは信じないけれど、やることは信用する」
「誠実さは意識であり、躾がないと実践できない」
「靴を揃えるのは自分の心そのものを揃えることだ」
人間性という人としてのあり方は、人間が人である限り普遍のものである」    
「誠実とは、言ったことを成し遂げて実らせること」


以上のようなことも含め、この「誠実」ということを掘り下げ、自らを指差してみましょう。

〇自らを見つめ、問い掛けてみる. 

Q1. あなたは人から信用を得るために、どのような点を重視し実践されていますか?

Q2. あなたは深い人間性を育むためには、誠実さを始めとして何が大切だと思われますか? 

Q3. あなたは、次のような言動や態度が出来ますか?

Q4. どんなことでも自分がした約束は必ず守っていますか?

Q5. 喩え約束を違えた時でも、その場しのぎや言い訳をしていませんか?

Q6. 間違がったことは、素直に心から深謝していますか?

Q7. 正しいと思ったことはキチンと筋を通していますか?

まとめると「誠実さ」は

★「他人や仕事に対してまじめで、偽りのない心で接する」ことです。

★「何事にも高い倫理観を備え持ち、公正≒平等、正直に取組む基本姿勢と、
  モノや心のより良き姿を追求し続ける不屈の精神」を指します。
  このような実践を通じて、私達を取り巻くあらゆる人々との間に強い信頼関係を築きあげ、
  仕事や事業を発展させて行くことです。

★「人が生きて行く上で最も大切にしなければいけないこと」です。

★「自分が正しいと信じていることの為に、高い価値観を持ち生きること」です。

★「人に対して、また自分自身や物事に対して正直で真心のこもった行動をすること」です。
  行動と言葉が一致しているとき、あなたには素晴らしい存在感があります。
  決して自分を騙して偽るようなことはありません。
  誠実な人の人生と心は善良で、清らかな人生を生きるのに役立ちます。

★「お客様や相手からの信頼を絶対に裏切らないこと」です。


※誠実な人間か否かは、出会って直ぐには判断できませんが、
その相手に一石を投じる(様々な大きさの石や物)ことにより、その反応や結果をみることによって
比較的早い機会にその人がどんな人物なのかを大まかに判断することは可能です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1226-c6808ab5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック