#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 大切な人への感謝の表現と伝達

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

大切な人、お客様へ「感謝の心」の表現伝達

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

1. 感謝礼儀

礼儀思い遣り感謝を表す「形」です。その本質は【心】に存在します。
相手を思い遣る礼儀感謝の気持ちを生みます。
礼を示されれば、礼を示すのは形からの作法ではなく、
感謝を示し伝えてくださった人に対して、感謝を感じる人間の本質からです。
その中で最も重んじる必要がある礼儀は「感謝の心」です。
中でも「ありがとう」は礼儀の心を表す本質だと思います。
『御礼』という言葉が、礼儀を示すこともその証明です。

2.“感謝の表現伝達の達人になる”

感謝の言葉「ありがとう」は、「有難い」の語彙「感謝の気持ち、身にしみて嬉しい」から来ています。
感謝は考えていたり、思っていたりしているだけでは伝わりません。
態度や仕種、言葉にして初めて生きて活かされ、またその心を物や形に置き換える時もあります。
時には勤労やボランティアと言う形で現したりもします。形の残らない態度や行動でも表現します。

感謝の言葉にはお金はかかりません。
お金は使えば減りますが、感謝の言葉はどれだけ使っても減る事はありません。
それどころか感謝の言葉が多いほど、人の徳や信頼が高まります。

幸せな人ほど、感謝の心と表現を忘れません。
表現すれば如何なる状況にでも光が射してきます。
感謝のあるところには温かな心が存在し、温かな心が周りの良いものを引き寄せます。
感謝の言葉は、優しさや思い遣りなど人の善を導きます。
感謝の言葉は相手ばかりか、自らの気持ちを良くさせる効果があります。
感謝して憎まれる事はありません。怒りも買うこともありません。

上手く行かない時、思い通りにならない時、悪いことが続いた時は感謝の心と表現伝達
忘れていたせいかもしれません。
そんな時は積極的に感謝を表し伝えることです。
感謝は人と人の間にある溝を埋める働きをしてくれます。
大切なのは感謝の心の伝え方なのです。

感謝の言葉「ありがとう」や「ありがとうございます(した)」は次の①~③の意味があります。
①~③は、夫々によって口調や態度・仕草の表現伝達方法が変わります。
①の場合は、嬉しさの感謝を伝える場合に相手へ投げかけるような明るく元気な口調と態度、
また、有難い(有得ない) を伝える場合に丁寧に優しく柔らかく話す口調と態度を使い分けます。
当然ながらお辞儀(礼」の角度やリズムも①~③の意味によって当然違って来ます。

①【感謝】=一般的な感謝を意味する。
      有難い、嬉しいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。

②【拝謝】=拝 (拝受) し有難いと感じる心を意味する。
      礼を言うことを遜って(遜って)いう語。心から感謝すること。謹んで礼を言うこと。

③【深謝】-1=有難いことを深く感ずることを意味する。心から感謝すること。

③【深謝】-2=深いお詫びを意味する。心から詫びること。

おもてなしや接客接遇の上級者は、この3つを場面や相手に合せて上手に使い分けています。

3. ありがとうの由来

感謝を伝える「ありがとう」の言葉は相手の目を見て[(愛・I)Eyeコンタクトして]伝えます。
「ありがとう」は「有難い」の語彙、「感謝したい気持ち、身に沁みて嬉しい」から来ています。
他に感謝にたえない/かたじけない/自分にとって好都合な状態で/嬉しい尊い// 珍しい
/自然に伏し拝みたくなるような様である/ありそうにない/殆ど例がない/滅多にない
/生きていることが難しい/暮らしにくい/滅多にないほど優れている。などの意味があります。

あくまで私見ですが、「ありがたい」とは「有」ることが「難しい」ことを表し伝える事を指すと考えます。
即ち、他の人には中々出来ないことや、考えもしていないお客様がお見え頂くことを
【ありがとう】のひと言で表現することであると思います。
感謝の心は、相手を思い遣る優しい心で伝えるべき言葉です。
ですからお客様がお帰りになる時には【ありがとう御座います】の言葉でお伝えし、
深々とお辞儀をしながら(又は静止時)に≪有り難い≫を意識するようにします。
このお客様を思う心の姿勢は、不思議と伝わりリピーターや固定客を作るものです。

4.親に感謝

「親孝行したい時には親はなし」と昔からよく言われてきました。
あなたは今まで「親にありがとう」と何回言ったことがありますか?
出かけるときの挨拶「行ってきます」
帰った時の挨拶「ただいま」の言葉も別な意味で感謝を表しています。
親のお陰で元気で出かけることが出来ます。
私はお陰さまで無事に帰って来ました。
正に大切な人へお陰様の心の伝達です。
このような意味も自覚することです。

また、お墓参りもご先祖様に感謝を表すことの出来る行為です。
感謝が感謝を呼び、不満は不満を呼びます。

人と人との触合いに【思い遣る優しい心で】感謝を伝え合いましょう。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1228-077d5a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック