接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  仕事と時間を上手に管理する

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

スケジュール管理は効果的な仕事の礎
 
(ビジネスノートスマートフォン・PCの活用)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

<管理項目と内容>順不同

① 本日の予定を出勤時に確認する(月、日のスケジュールを明瞭、明確にして置く)

② 退社時に明日の予定の確認をする

③ 行うべき仕事内容の所要時間をタイムテーブルにする
 ①~③の時間を組み立てる・・・タイムテーブル作成(時間配分)

④ 行うべき仕事内容のランク付けを行う
 (絶対に行う事と時間数=A、なるべく行う事と時間=B、出来たら行う事と時間数=C)

⑤ 社内業務の内容の重要度のランク付け、及び優先順位の決定

⑥ 本日のアポ件数と所要時間のタイムスケジュール管理

⑦ 社外面談所要時間と移動時間の合計を⑥のタイムスケジュールに記しておく。

⑧ 自由になる時間の有無と時間数、時間帯=ゆとりの時間を作る

⑨ 各仕事の進捗状況(進行度合い、予定、期間、達成度合etc.)のチェックをする

⑩ その日のタイムスケジュールを改めて最終的な組み立てをする

⑪ 日毎のまとめは絶対に怠らないこと

⑫ 会社や店舗へ15分前出社を習慣付ける

ビジネスノートなどの活用し各仕事内容や面談人物についてメモをしておく(毎日チェック)

⑭ 翌月曜日~土曜日のスケジュールは前週末までに必ず組む
 (フリーに使える時間を2~3時間、若しくは半日を設けられるようにする)

⑮ 週始め月初めに予定した仕事の進行度合いチェック(配分の見直し)←又は月中、10日毎
 (基本になるスケジュール表を月末、又は月初めに作成しておく)

⑯ 自分しか出来ない事、自分が行うべき事を区分けする→依頼業務の区分

⑰ ギリギリのタイムスケジュールは出来る限り避け、無理のない組み立てをする

⑱ 一日一度は自分を指差してみるユトリを持ち、振り返る癖をつける
 (達成感、チャレンジ意識のモチィベーション向上のため)
 

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1230-8c98f3e8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック