接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心を伝える声の表情 

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

言葉の表現伝達と口調

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

私達は、日々他者との会話やコミュニケーションを図る為、仕事を円滑に進める為に、
主に言葉と言う手段を使い人と触合います。
人は、其の時の様々な感情や気持ち、意思や考え方を色々な話し方で表現し相手に伝えます。
世の中の人口の数だけ一人ひとり夫々話し方も違いますし、個性のある独自の声を持っています。
人との触合いで声や話し方にも、第一印象があることを知って置くことはとても大切です。

このように私達は、日常生活で意識的に、時には無意識の内に声で感情や気持ちを表現します。
T.P.O.(時、場所・処、目的・理由・訳)を弁え声の強弱、高低、イントネーション、スピード、
口調などを意識し、言霊と様々な「心」を言葉にのせ、それに合わせた適切な発音発声
口調で表現し、伝えることを「声の表情」と言います

この「声の表情」には、相手や大切な人へのおもてなし、思い遣りの【心】が不思議と現れます。
そして、「おもてなし」や店舗(会社)、自らの心を伝える会話時に様々な声の表情があります。

例えば、「はい」返事の短いひと言でも、話し方、伝え方次第で様々な表情になり、
話を聞く側は声の表情の変化から、話す側の様々な印象・感情・意識を感じ、受け止めます。
その話し方ひとつで相手に好感を与える場合、好意や好印象などを持って貰える場合もありますし、
不愉快や不快感を与えてしまい、話す側にとって不本意な敵意を抱かせかねません。

また、もてなす側の真心や誠意が伝わり、心遣いや誠実さを理解して戴けることも場合もあれば、
声の表情が不十分で無理解、無関心にさせてしまう場合もあります。
特に、相手やお客様、患者さんに感謝の心を表現する「ありがとうございます」や
謝意を伝える為の「申し訳御座いません」などの接客用語を使う会話では、
声の表情」を意識する必要があります。

声の表情を伝達するための第一歩は、標準的な発音発声法を身に付けることからです。
そのためには、自らの発音発声の個性や弱点を熟知し、自覚しなければなりません。
その上で、自分自身に合った発音発声の訓練をすることが肝要です。
先ず、表現伝達の基礎となる正しい発音腹式発声は習得しておく必要があります。

◆会話のポイント(発音発声)

a)T.P.O.に合わせた声の大小
b)T.P.O.に合わせた声の高低(トーン)
c)T.P.O.に合わせた声の強弱

d)正しいイントネーション
e)滑舌さ (ハキハキと、歯切れの良い)
f)質(個性)

g)速さ(スピード)
h)リズム感
i)間の取り方

j)句読点の入れ方
k)ブレスの仕方
l) 訛りや方言の是非(使うべき時と使わない方が良い時)

l)言霊(語彙)の表現
m)タイミング
n)返事の返し方(認証伝達)


◇心掛けたい口調の種類.

大切なことは心を表現伝達する口調とそれに合わせた態度を常に意識して会話をすることです。

1. 優しい口調
2. 柔らかな口調
3. 物静かな口調

4. 心地良い口調
5. 聞き取り易い口調
6. 語彙に合わせた口調

7. 力強い口調
8. 明るい口調
9. 明確な口調

10. 繊細な口調
11. ハキハキとした口調
12. 誠実な口調

13. 感謝謝意を表現する口調
14. お客様(相手)に合わせた口調
15. 環境に適したに合わせた口調

16. 場の空気に合わせた口調
17. 場面や場所に合わせた口調
18. 時間に合わせた口調


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1231-b163aa7c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック