接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  手を組むスタイルの変化?

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

何故、胸の前で手を組むのでしょうか?

エレガントや美しさを見せる手組みのスタイルは、礼を表わすマナー

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

最近ある大手のI・Toと言うフランチャイズのレストランチェーンで会食しました。
びっくりしたのは、食事を運んできたウエイトレスがテーブルに注文した料理を置いた後、
肘をL字型にするようにして、手を胸 (胃の前) で組んで立礼をしている姿を見た時です。
その時、肘が横を通ろうとしていた人に、当りそうになったことも事実としてありました。

今迄は良くレジや巡回時にそのような手組みをしている姿は目にしてきましたが、
まさかお客様の居る客席でこのようなことが現実として成されているとは驚く限りです。

また、スーパーのレジでの立礼時、ある公立の文化施設では案内係の女性がカウンターの中で
訪問者との会話時にも同様な姿をしているのをよく目にします。
その他、極端に手の位置が上(胸の中央)で行っているパーラーもありました。
景品カウンター内では女性だけでなく、男性も極端に手を胸の前に持って来て
手組みをするような姿を目にしました。
北京オリンピックのコンパニオンがこのような胸での手組みをして以来多く見られます。

私見ですが、本来の礼儀作法とは全く懸け離れた仕草(スタイル)であると考えます。
また、若い女性がこのようなスタイルをしているのはエレガントさがあるとは思います。

このような手組のスタイルが大手を振って通用するような時代に変化している結果からなのか、
否かは解りかねますが、少なくとも礼儀の持つ原義から外れていると思われます。
手を胸や意の前で組むことが、現代の礼を示し、表わすことになるということであれば
かろうじて納得出来ないわけでもありませんが、日本の礼儀に今迄はなかったことです。

現在に至る迄は、マナー原点である礼を表わす姿勢は、坐位も立位も、「気をつけ」と
「休め」の二種類があり、礼は畏(かしこ)まった気をつけの姿勢でするものと言うことが通念でした。

サービス、ホスピタリティ、おもてなしの全ては、相手(お客様)を中心に想い、
思い遣りや感謝の心を意識し接することが原義であり、原点であると考えます。

そして、それを相手に表し、示す形として礼(お辞儀)があるのです
礼儀マナーは、元来相手への思い遣りを表わすことが原義とされています。

エレガントだから、かっこが良いから、綺麗に見えるからなどと言ったことは
本来のマナー原義、原則から外れたものであると考えられます。

日本のおもてなしでは、相手への礼は目立つことなく控え目にすることとされています。
よって、和服着用時の礼の如く、お腹の前で手を重ね合わすように作法では教えられます。

今迄、礼(お辞儀)をする際、手を前で組むことは、相手への畏まった礼の表現と共に、
「私はあなたに危害を加えません」と言った心を示す表わすことを意味していました。

また、女性の場合、肩が厳つくならないように手を前にすることで肩に丸みが出ることも
手組みの原義とも言われています。

古くは、武士の時代に右手は刀を握る手であり、
この右の手を左手で上に覆うようにして押さえることで、
相手に対して刀を抜くようなことはしない、という考え方です。

このようなことが礼儀作法マナー原点原義であり、
それは相手への思い遣る心控え目で、遜った心を表わすものだと思います。
見た目重視に作られた姿、形は、自然になされた姿には到底及ばないのでないかと考えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1232-1ceb42d4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック