#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 信頼を紐解く(新)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

信頼の心と言動

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

少子高齢化、無縁化、核化といった社会環境にある日本に於いて、この春先の東日本大震災は、
私達日本人一人ひとりに、人との繋がり、人としての信頼のよって生まれる「」の
大切さを改めて知らしめ、認識させてくれました。
「自分の為より、誰かの為に」と言った心が多くの人々に生まれました。

第二次世界大戦後の復興に向かっていた時以来、「日本がひとつ」となり、震災復興のために
人々が支援や行動で繋がりの輪を持つようにたことは大切なことであると思います。
また、全世界の人々から日本への信頼の大きさを知らされた震災でもありました。

そこで、この「信頼」について紐解いてみることにしました。
信頼を紐解く上で、信用信頼の関係を知っておくことは大切です。
信用は文字の示す通り、信用は信じて用いると書き、信頼は信じて頼ると書きます。
大辞泉以下の様に記されてあります。
・「信用」は確かなものと信じて受け入れること。
・「相手の言葉を―する」。
・それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。
・また、世間が与える、そのような評価。「信頼」は信じて頼りにすること。
・頼りになると信じること。また、その気持ち。


信頼の文字は分解すると、「人」 「心」 「口」 「束」 「頁」の五つ文字で構成されています。
この五つの文字を人間的、仕事上、組織・会社の夫々に当て嵌めて考えみると、
「頁」の部分が以下のように解釈出来ます。
人間的な信頼の場合には、心の「頁」の厚み、人として大切な心や言動と言った様々な「頁」を、
日々怠ることなく一枚一枚の積み重ね「束ね」をして行くことを意味し、一方、仕事上では、
実績やスキル、普段の取組み姿勢や、言動の一つひとつを「束ねた」こと、
組織・会社では評判や歴史、人とモノを「束ねた」ことと意味すると考えられます。
何れにしても、上記した五つの文字が信頼を紐解く上のキーワードと言えるでしょう。
この「信頼」と言う実に深いことについて人間関係と接客接遇の場を中心に考えてみることにします。
さて、様々な人間関係においても、仕事上でも、お店や会社、お客様・顧客とスタッフの関係など
あらゆる場面で使われるこの「信頼」という言葉はいったいどんなことなのでしょうか?

信頼は小さな信用の積み重ねが大きな信用となり、そこで初めて信頼が生まれるのです。
信用、信頼は共に築くのは大変ですが、失ったり、消したりしてしまうのはホンの一瞬です。

日々の陰日なたの無い、努力精進と相手への思いやりの心と言動が信用の源です。
その結果として信頼が生まれてくるのです。信用は信頼の礎とも言えます。

信用と言うものは信頼を築く為のプロセスの一つであり、
信頼はその結果や成果と言えると考えます。

信用と信頼は同じようですが、用いると頼るとの言葉にもあるように違ったことと言えます。
信用と信頼は魅力や感謝、感動、感銘、感激、余韻と言った心に生まれること同様に、
こちらから見返りを求めたり、望んだりすることではありません。
常日頃、感謝思い遣りの心のキャッチボールをして行く内に、自然と生まれ創られるのです。
そして、そこから「信頼の」が生まれるのです。
裏表のない心で、様々な見返りを求めたり、望んだり決してしない思い遣り
表現伝達(マナー)やおもてなしをすることは「信頼関係の礎」です。

人や会社は信頼の「」を築く為にとてつもなく計り知れない時間を要し、労力を費やしますが、
失い、無くすことはほんの一瞬です。

以下、人としての「信頼」を表す代表的な八つの要素を記します。

1. 常に感謝の心の表現と伝達が出来ること。

2. 思い遣りの心で人と触合い、思い遣りの伝達出来ること。

3. 誠実であること。

4. 人を大切に出来ること。(立場転換意識で触合う・相手を守れる)

5. 奉仕の精神で何事も行えること。
 (何事に対しても見返りを求めない.計算しない言動が出来る)

6. 常に自分を省みて、陰日なたなく自己啓発(己を磨く)すること。

7. 確固たる信念と豊かな知識を持ち、現実として生かし行動出来ること。

8. 周りの人々に安心感を与えられること。


特に1.感謝、2.思いやり、3.誠実は信頼を構築するために特に大切なことです。

このような信頼とは、相手を信用し、頼りにすることです。
信頼の礎は組織・会社の仕事上でも、そして人間的にも自制(自己管理)が出来ることが条件です。

「仕事上で〇〇さんは信頼出来るけど、人としては?」と言った会話を時折耳にしますが、
震災復興に向かう、日本の社会や日本人にとって【人間的】な信頼こそ大切であると思います。

人は同じことをしても、相手との間柄どのような関係か、信頼する心(意識)の有無によって言葉、
態度、行動や結論、結果について見識は変化します。

相手に対し「信頼関係を作ろう」と意識し、表面上や形だけで作る損得の「信頼」は
見返りを求めていることであり、信頼ではありません。

「信頼」は「信じて頼る」ことの以前に、相手が心から喜んでくれ、
優しく温かな気持ちを持って貰うなども前提の一つと言えます。
信頼することに用心するようになったら、人は全てを失うと言っても過言ではないと思います。

信頼は「自分の味方になってくれる」との、積極的な意味合いがあります。
お互いが認め合い、誠実さ、思い遣り感謝の心を持ち、表現伝達することは、
信頼関係を構築し、互いの『』を創るために、無くてはならない大切なことです。


人としての信頼度を測る「ものさし」

[採点]大いに在る=4・在る=3・多少は在る=2・僅かに在る=1・ない=0.

1. 人の痛みを我身に置き換えられる。
2. 言行一致している。
3. 自らした約束事はどんな小さなことでも必ず守る。
4. 相手を裏切らない。
5. 相手の大切を大切に出来る。

6. 思い遣る心がある。
7. 感謝の心を持ち、表現伝達出来る。
8. 互いの立場を認められる。
9. いつも誠実な心と態度で触合える。
10. 互いが日々の小さな信用の積み重ねが出来る。

11. 相手の心になって約束を履行する。
12. 警戒心を持たず、心を開いている。
13. 互いが無条件、かつ一方的に信用している。
14. 一方的な思いやりが双方向に生れた状態である。
15. 信頼関係は、慎重に作るようにする。

16. けじめと節度を持って触合える。
17. 場合によっては、互いが甘え合える。
18. お互いの心や態度を受け入れている。
19. 相手の言動の結果が予測出来る範囲内にある。
20. 互いが、自ら指差せる。

21. 互いの意識、思考、物事の捉え方や判断と異なることでも許せる。
22. 互いが、許し合う心を持っている。
23. 互いに依存し合うところに根差している自覚を持つ。
24. 互いに我慢や我欲を自制が出来る。
25. お互い関係を感情の刃でを切り、絶つことが出来ることを認識している。

26. 優しさだけでは、信頼のは作り得ないことを自覚している。
27. 対象の相手が、こちらが信じていることに反する結果を選択しても裏切りとは思わない。
28. 信頼関係の成立は、信じたのは自らの責任であると言い切れる。
29. 絶対に裏切られることはないと確信を持てる。
30. 信用と信頼は、互いに切り離すことが出来ないとの認識を持つ。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1240-5405d19b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック