#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 御縁を大切にする

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

出逢いから生まれる「御縁

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなし接客接遇など人との触合いのある仕事をしていますと、
見ず知らずの人との巡り逢い出会いと、それによって生まれる「御縁」は
不思議なものだと感じることが多くあります。

また、御縁と巡り逢い、出合いは偶然ではなく、必然で運命的なように感じることもありました。
今迄の体験から、一ヶ所で一生懸命に努力して励んでいる時と、
精神的に不安定でフラフラとしている時の、新たな人と出会いは異なっていると思います。

「運命は、自ら招く」と言う言葉がありますが、御縁、出逢いは自らを育み精進し、
心を正しく持っている時とそうでない時に巡り逢う人に違いがあるということも経験し、見聞きしました。

昔、勤めていた銀座のクラブは夜の社交場と言われ、ママさんやホステスの紹介で人脈が出来、
人と人との繋りが輪になり大きな広がりをすると言うことを、数多く目の当たりにして来ました。
ほんの僅かで些細な「ご縁」から成功者が生まれるのを現実として体験したり、
見聞きしたりして若輩ながら「ご縁」の大切さを知り、教えされて大変大きな刺激を受けました。

クラブや今風のキャバクラの一般的に水商売と言われるホステスさんの接客サービスは、
お見え頂いたお客様の来店動機などに合わせてホステス自らが如何にもてなし演じられるかということ、
即ちエンターテナー的スタイルの要素を含んだおもてなし接客と言えます。
このお仕事は、お店と言う出会い場でお酒を仲立ちにし、
色々な役を演じながら「おもてなし」する高度な接客を求められる仕事です。

また、このような水商売に限らず、様々な形の商品やメニューを仲立ちにするおもてなし接客
医療の接遇においても、様々な出逢いから生れる色々な「ご縁」は大切にしなくてはなりません。
同時に接客の仕事に限らず、普段の生活でも人との「御縁」は大切で疎かに出来ないことです。

そこで「縁」の文字を、次のように意識することを心掛けることです。
一般の生活、おもてなし、接客での「御縁」は「五円(えん)」=「輪(わ)」と解すようにします。

出合いや触合いの際、相手の心に「沿」い、人の心の「和」、
心の「輪」は互いにリンクして「環」に成ることと意識し、
前記した水商売などのエンターテナー的なおもてなしや接客の場においては
「ご縁」=お客様と出逢いに沿って、共に援け合い、花園の宴で艶かに役を演じる。
このように意識することで、大切な御縁を生かし、仕事を楽しむことが出来ます。
以上のことをまとめると、以下の二通りに集約されます。

「御縁」=五円=沿=輪=和=環-----→御縁は心と心の和と輪

「御縁」=沿=援=園=宴=艶=演---→御縁は役を演じる


「おもてなし」の第一歩は、巡り合い出逢った、大切な御縁を“大切にする”ことから始まります。
素敵な御縁は、普段の何気ない心掛けから生まれる必然であることを常に意識しておくことです。
人は人により支えられ、御縁により心と心の和、大きな社会の輪を創り出すのです。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1258-7628fed3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック