#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 和の心を紐解く-2.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

の心」と「

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

日本人の物事の考え方を表していることに聖徳太子の作った、
十七条憲法の中に記されている「を以って、貴し(トウトシ)と成す」と言う説きがあります。
私見ですが太子の言う「」とは、単にプライベートや職場の仲間同士で仲良くすることではなく、
互いが「」の心を以って話合い触合うことで、そこに自ず(オノズ)から物事の「理」が通い合うと
言うことであると解します。

」の別の読みとして、「(ナゴ)む」と読み、「場を和ます」などに使われるのも、
このようなことによると考えられます。

また、職場内や様々なスポーツでの仲間の「和」は、「」とも解され、
「和」を以って仲間同士「」を作り出すこと、即ちチームワークと称されています。
このチームワークは、目標や課題に向かい全員が「和の心」で「心をひとつ」にすることを指します。
最近の出来事の実例として、なでしこジャパンがチーム内での「和」と「」を大切に、
重んじて先のワールドカップで世界一になったことでも明らかです。

東日本大震災の復興に向かう現在、私達一人ひとりが心をひとつにするためにも
「和」と「」の心を重んじて行くことが必要であると考えます。
生活の大半を占める職場や仕事上でも、「和」は大事なことです。

何かの課題や計画を行おうとする時や様々な問題を解決する時に、皆がお互いを信じ合い、
「和」を以って取組むことで、最初は不可能ではないかと思えた課題でも解決出来ます。

また、一つの目的や目標に向かい、職場の全員が心を合わせて考えたり、行動したりすることで、
一人では想像もつかない色々な発想やアイデアが湧き出ます。

私達日本ではこのような「和」と「」を称し、「調和」と言う言葉で表します。
日本人は古より、「人を許し、人を生かして、共に調和して生きようとする心」を
持つ国民性があると言われています。

この「調和」は、目的を同じくする様々な集団を一体化し、単なる要素を組み合わせた総和を越え、
想定外の大きな創造力を生み出します。

このような私達日本人ならではの「和」と「輪」、「調和」を図る上で
日本の文化おもてなしの心」はとても大切です。
同時に「おもてなし」の礎とも言える出会い、触合う人々や相手を「思い遣る心」であると考えます。

表面だけの形ばかりのコミュニケーションではなく、人々が思い遣りの心を持ち互いがその心を
感じられるコミュニケーションこそ、少子高齢化や経済不安など数多くの厳しさに立ち向かう
これからの私達に必要不可欠であると考えます。

また、人々がこの「おもてなしの心」「思い遣る心」を持つことは、
昨日結審したオウム事件や日々起きている人として行ってはならない様々な悲しく辛い事件
引き起こさないためにもとても大切なことであると強く思います。

私達一人ひとりがもう一度日本人である『原点』に立ち返り、
「日本の文化おもてなしの心」を熟知し、身に着けるべきであると考えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1265-3ae38e33
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック