#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 挨拶の講座テキスト(小・中学生用)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

お辞儀とひと言の挨拶(小・中学生向の講座テキスト) 

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

お辞儀 「礼」

マナーと言うと、まず「礼(お辞儀)」を思い浮かべます。
挨拶や返事の話をする時には、どうしても「礼(お辞儀)」の説明が必要になります。
「礼(お辞儀)」の表し方はお辞儀の角度により様々です。
会釈から最敬礼まで色々な種類があり、言葉や状況によって使い分けます。

例えば軽い挨拶時の「おはようございます」「こんにちは」の言葉には会釈、
「ごめんなさい」とお詫びする時「申し訳ございません」と謝る時は敬礼、最敬礼を用います。

「綺麗なお辞儀の仕方はどうすればいいんですか?」と言う質問をよく受けます。
「お辞儀って何のためにするの?」
と素朴な疑問を投げかけてくる人がいます。
この質問は大きく捉えると 「技術」と「心」の二つについて、ではないかと思われます。
現在は、情報として豊富なマニュアルあり、 知識と経験豊かな上司やトレーナー、コンサルタントが
「技術」を教えてくれる時代になりました。
この様な豊かな時代になればなるだけ、私達は「心」の大切さを自覚しなくてはなりません。
この「心」についての「お辞儀って何のためにするの?」と質問された時に
相手に、自分の大切な頭をさし出し、警戒心が無いことを表現すると共に、
「お辞儀はお互いの心と心を近づけるためにするのです」と説明し、
心臓即ち「心」を指さし「お辞儀は心のある胸から相手に近づける様にするのです」と答えます。
そして「当然ながら、頭を下げるコックリはお辞儀ではありません」と付け加えます。

お辞儀はする人の心と品格を伝える大切なマナー(相手への思い遣り)です。
「相手への思い遣る」「他者を気遣う」気持ちを分かり易い「形」にしたものが「マナー」と呼びます。
それは、挨拶を交わすお互いの心を大切にすると共に、幸せな生活の知恵です。

「心をこめた挨拶、お辞儀をしよう、ってどんな風にすればいいの? 」の質問を受けた時、
心を込めた挨拶とは、その人の声、笑顔、姿勢、表情、目配り、お辞儀に人柄、「本気」の度合いが
心 (意識≒愛情・感謝・思い遣りなど)に表れた挨拶のことを言い、
身体全体で言葉に合った丁寧な動作で、お辞儀をすることですと説明しています。
心のこもった挨拶、お辞儀の徹底は人との触合いや豊かな人間関係を築く上でも、
魅力溢れた人になる為にも欠かせません。

お辞儀は、あなたの「心」を伝え、表すためにあるのです。
同時に、素敵なお辞儀は仕事上でも、個人生活にも素晴らしい効果をもたらします。

□お辞儀の訓練
【ポイント】黙って心を伝え、表わす≪黙礼≫の訓練を仲間同士でしてみましょう。

1.こんにちは(おはようございます)
2.ありがとう(嬉しい)
3. ありがとう(有難い)
4.ごめんなさい
5.はい

〇お辞儀の仕方素敵なお辞儀、仕草

背筋を伸ばし、優しい視線と笑顔で、物品の受渡の時は両手を使う。
指先をピンと揃え、指と指との間を無くし軽く円を描くような手の仕草は相手に対し、
指先まで神経を張り詰めている思い遣りの心を必ず伝えます。
動作は、一つひとつ区切りをつけメリハリをつけることです。⇒けじめと誠実さを表現出来ます。
お辞儀の最後に、下腹に力を入れ、お尻とお尻を合わせるようにし、背筋を確り伸ばし、
かかと(又は足先)を揃え、顎を軽く引くようにするのがポイントです。

A)お辞儀をする時のポイント

◇時期( ヶ月以内) 月迄に習得⇔出来てない項目毎に、期間と時期を決め習得しましょう。

① 始動時はアイコンタクトから
② 言葉の内容に合わせた種類と角度
③ 言葉の内容に合わせたお辞儀のスピード
④ 胸を前に出す様にし、腰から行う(首だけのコックリはお辞儀とは言えない)
⑤ 身体を起す際の静止(倒して一時静止)
⑥ 最後の決め(起した際背筋を伸ばして静止) この時の静止の有無で印象が変わります。
⑦ 相手、お客様を中心に(対面位置)

B)お辞儀の種類

お辞儀は、礼の深さによって、会釈、普通礼、敬礼、最敬礼の4種類に別けられます。       
また、無言の礼として黙礼があります。
⑧ 目礼  目と瞼を使い行う礼
⑨ 会釈  5~15度の礼
⑩ 普通礼 30度の礼
⑪ 敬礼  45度の礼
⑫ 最敬礼 60 度~90度の礼
⑬ 黙礼  黙ってお辞儀をする。

C)お辞儀の仕方【ポイント】心の中で声に出した同じ言葉を意識し、念ずる。

↓かかとを揃える
↓背筋を伸ばす
↓お尻とお尻を付ける
↓手を軽く前で組む(待機の姿勢) 男性の場合は中指をズボンの縫い目に添えることも良い
↓あごを引き、ひざをしっかり伸ばす
↓相手に向かって正視する(目合わせ=アイコンタクト一秒程度)
↓腰から上体を倒す。倒す速度はお辞儀の種類によって変わります
↓上体を倒しきったところで静止する(静止する時間はお辞儀よって長短がある)
↓上体をゆっくり起こす(角度によって変化する)
↓お尻とお尻を付ける
↓相手を正視する(目合わせ=アイコンタクト)

D)お辞儀の区分け 

お辞儀には大きく別けて次の区分があります。

①同時礼 言葉と動作を一緒に行う(出来る限り避ける)
        なぜなら、○○○しながらのお辞儀になり折角のお辞儀が活かされない場合がある

②分離礼  言葉と動作を別々に行う(始動は最後の言葉が起動時、又は一呼吸おいて)

◎ひと言の挨拶言葉

〇普段の挨拶

1) 「おはようございます」は、

 あなたに支えられていることに感謝します。
 私は元気です。あなたも元気ですか?
 皆さんはいかがですか?
 朝早くからお疲れ様です。(ご苦労様です)
 皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしないで下さいね。
 今日と言う一日の為に、新しい気持ちでスタートしましょう。
 今日一日皆さんにも、私にも悔いの残らない一日にしましょう。
 皆さんは、頑張っていますか?私もこれから頑張ります。
 この「おはようございます」のひと言は、人の文字のように、人々の支えがあり生かされている、
 その支えがあればこそ日々生きられて生活出来ることへの、「感謝」を凝縮した言葉です。

2) 「こんにちは」は

 今日と言う一日、どうぞよろしくお願いします。
 あなたに出会ったことに感謝します。
 皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしないで下さいね。
 今日と言う一日の為に、新しい気持ちで仕事に励みましょう。
 今日一日皆さんにも、私にも悔いの残らない一日にしましょう。
 今日の心のお天気は如何ですか?
 私は元気です。あなたも元気ですか?
 皆さんはいかがですか?
 皆さんは、頑張っていますか?私もこれから頑張ります。

3) 「こんばんわ」は

 今晩は如何お過ごしですか?
 こんな晩まで、お疲れ様です。
 夜になりましたが、お元気ですか?
 今日も晩方になりましたね。
 挨拶した相手への一日の労いや慈しむ心が篭められています

4) 「行ってきます」は

日常的な出かける時の「行ってきます」には、これから外へ出かけてきます。(学校に行ってきます)
外出先で頑張ってきます。
留守にしますが、留守中の色々なサポートやアシストをお願いします。
留守中の安全と保守をお願いします。用件が入ったら、代わりに応対や対処しておいて下さい。
このような語彙のある「行ってきます」に対しての返事は、
「はい」だけでは不十分ですので、「はい、気をつけていってらっしゃい」と伝えることが肝要です。

5) 「いってらっしゃい」には

 気をつけて行ってきて下さい。あなたの留守中、お任せ下さい。
 留守を頑張って守りますから安心して出かけて下さい。
 あなた宛に電話や用件が入った場合は代わりに応対対応しておきます。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1277-c69811bd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック