#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 普段語と接客用語

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

接客用語 (普段多く使う言葉を抜粋してみました)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

接客時の言葉は「言霊」とも言い、お店と接客係の心(魂)を表わし、伝えるために用います。
言葉はお店と私達の大切なお客様との「心を通わす」ために用いることを自覚することです。
また、口調(イントネーション、強弱)と間を意識し、お客様に話すことがポイントです。

※番号は一般的な言葉、「  」内は接客用語

1. ○○さん                  
「○○さま」
2. 客                       
「お客様」

3. 僕、私                     
「わたくし」

4. 田舎の人                   
「地方の方」
「○○地方の方」

5. 洋服、着物                  
「お召し物」

6. 靴、草履、下駄              
「お履物」

7. ここに置いときます
「こちらにお置きしておきます」

8. はい、そうです
「はい、さようでございます」

9. はい、そうします              
「はい、そうさせていただきます」

10. ◇◇◇は、あっちになっています・なります      
「◇◇◇は、あちらでございます」

11. ◇◇◇は、まだ開いてないんですが   
「◇◇◇は、まだ開いておりませんが」

12. はい、知っています            
「はい、存じております」
「はい、存じ上げております」

13. はい、わかりました
「はい、かしこまりました」
「はい、承りました」
「はい、承知いたしました」

14. 何人さんですか
「何名様でいらっしゃいますか」

15. すみません                 
「申し訳ございません」
「おそれいります」
「ありがとうございます」

16. こっちの○○を使って下さい      
「こちらの○○をご利用下さいませ」
「こちらの○○をお使い下さいませ」

17. ちょっと待って下さい
「少々(しばらく)お待ち下さいませ」

18. お待ちどうさまでした
「お待たせ致しました」
「長らくお待たせ致しました」

19. 持ってきますか             
「お持ちしてよろしいですか」
「お持ちいたしますか」
「お持ちしてよろしゅうございますか」

20. 下げていいですか
「お下げいたしますか(お下げしてよろしいですか」
「お下げしてもよろしゅうございますか」

21. はい、今もって来ます
「はい、只今お持ち致します」
「はいかしこまりました、只今〇〇をお持ち致します」

22. いくつ持ってきますか
「お幾つ、お持ち致しましょうか」

23. すみません、いまないんですが
「申し訳ございません、只今切らしておりますが」
「申し訳ございません、只今在庫が御座いません」

24. こちらのお席でいいですか        
「こちらのお席でよろしゅうございますか」
「申し訳ございません。こちらのお席だけで御座いますが如何いたしますか」

25. 今いっぱいなんですが
「只今、満席でございますが」
「申し訳ございません。只今満席のため、お席が御座いません」

26. 満席です、ちょっと待って下さい
「恐れ入りますが、満席でございますので少々(暫く・〇〇分程)お待ち下さいませ」

27. そこにかけてお待ち下さい       
「そちらにおかけになりお待ち下さいませ」
「どうぞそちらの席にお掛けになり、少々お待ち頂けますか」

28. そう言っておきますので      
「そのように申し伝えますので」
「お伺いしたことを、〇〇に申し伝えますので」

29. 失礼ですが、どなたですか
「失礼でございますが、どちら様でございますか」
「大変失礼と存知ますが、どちら様でございますか」

30. 誰を呼ぶんでしょうか          
「どなたをお呼び致しますか」

31. 店長ですか、ちょっと待って下さい
「店長でございますか、少々お待ち下さいませ」

32. 店長は、いまいないんですが
「店長は、只今席を外しております」
「店長は、只今離席致しております」

33. 私が聞いておきます
「私で宜しければ、お伺いさせて頂きます」

34. こちらで、しておきます  
「こちらでさせて頂きますのでよろしゅうございます」

35. その通りです
「おっしゃる通りでございます」

36. わかっています               
「存じ上げております」
「存じております」

37. ○○さんですね、待ってました   
「○○様ですね、お待致しておりました」

38. ○○はここに置いておきますので   
「○○はこちらにお置きしておきますので」

39. すみませんけど、ここは予約席です
「申し訳御座いません、こちらはご予約席でございます」
「申し訳御座いません、こちらのお席は〇〇時から御予約を頂戴いたしております」

40. 相席でいいですか 
「大変申し訳ございませんが、宜しければ御合席をお願い出来ますか」
「恐縮と存じますが、御合席をお許し頂けますか」


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1284-e7006416
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック