#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 当たり前の接客・接遇を見直す

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

日本のおもてなしへの回帰

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

新しい年に入り、日本をリードしている経済界・大手企業のトップや様々な企業人が、
今年は、これからの新しい日本を造るための「チャレンジ元年」であると話しています。
その為の行動を、今迄の通念や当たり前を捨てて行動を起こす時であるとも話しています。
現在のような厳しい時期は、あらゆる面で最大チャンスであるという声もあります。

現代の日本の社会は、数多くの情報が満ち溢れていて、稍もするとその情報に振り回され
物事の本質や自らの意思決定に色々な意味で影響を与えています。
と同時に、実績やスキルばかりを重視し、大切な「人を見る目」を失いつつあります。

このよう中、最近は、テレビやネットなどを通じて得られる、グルナビなどの店舗情報、おもてなし
接客や接遇に関連した様々な情報の豊かさには目を見張るものがあります。
当然ながら接客や接遇に係わる「おもてなし」や「C.S(顧客満足)」に関する
消費者の意識や見方や捉え方、サービス業全体に対する見方や受け止め方も、
数年前とは違ってかなりの差が出てきている現状です。

また、顧客満足、感動(期待以上のことを受けた時に味わう)についても、
以前に感動を与えられたからと思い、また同じことをしても二番が効かなくなってきている現状です。

このような世情の中、おもてなし、接客や接遇関連の仕事や係わりを持っている人々は、
今までの【当たり前】や概念を改めて見直す必要性があります。

大切な相手や人、お客様への私達のおもてなしの≪当たり前≫とされていることは、
相手と触合う私達の心を伝達し、お客様と心を通わせ合う為の内なる基準です。
様々な人との触合い場や人と接する接客接遇業界で多々見られることですが、

わざとらしく感じる作り笑顔、口先だけで、心が感じられない、声として発するだけの接客接遇言葉、
すればいいだけの心の表れていないお辞儀、通路やコアですれ違っても、
歩きながらやアイコンタクトの無い形ばかりの会釈や挨拶等々を多くの所で見聞きします。
また、接客接遇おもてなしの登竜門も言える挨拶についても、社会生活で上手く出来なくても、
接客・接遇、おもてなしのレベルアップを図りたいと言う話も度々耳にしたりします。

また、接客接遇用語や言葉使いも、語彙や目的を弁えず、言わなきゃいけないと言われているから、
言わないと叱られるからなどの理由から、原義やT.P.Оも弁えず言動していると
しか思えないことが多々あります。

最近は、テレビや書籍・ビデオ・DVDなどでも第一印象の大切さや多くの具体例が伝えられ、
様々なサービスを受ける側ユーザーの目も以前とは違ってレベルアップし、豊かになって来ています。
そのサービスを大切な相手やお客様・患者さん・クライアントに、
会社(お店)・施設の心や自らの「心」を現し、伝える手段としてマナーがあります。
応対時のマナーは相手やお客様に対する思い遣りの心を生かすためのもの(所作)です。
常日頃から、思い遣りの心を意識し、態度や言動で表現伝達する癖を付けることによって、
マナーのレベルアップが計れサービス意識を育むことが出来ます。

顧客やクライアントを確保し、お店や会社のファンを創る為にも自店自社の現状を振り返り、
今の「当たり前」と思って行っているサービスを見直す必要があります。
※此処で言うサービスは、一般的なサービス、ホスピタリティ、おもてなしを指します。

また、その為にはサービスの「当たり前」を改めて見直した上で、適正な基準を洗い出し、
確りと認識すると共に、全員のサービスに関する意識改革に着手し、些細なことでも出来ることから、
即実行するための行動に移して行かなければなりません。
同時に、サービスに関するリスクアセスメントを、高い水準で行う必要もあります。

『現在までの経験や体験を自らの常識とし、それを基にサービスをしていませんか?』 

年の始まりの今だからこそ自店舗、自社、自らのサービスの常識としている基準や取組みを
相手やお客様の視点(目線)でもう一度振返り、見直してみましょう。

先ず、自社や自店舖の全てのサービスを見直し、そのレベルUPを図ることです。
今は売上目標を達成しているからとか、面倒くさい、忙しいから出来ないと言っていては、
サービスの当たり前の見直しやレベルUPは出来ません。

今後の為にも当たり前の基準(ものさし)の向上こそ、今直ぐに行はなくてはならない大切なことであると、
全員が自覚認識することからスタートしなくてはなりません。

サービスの原点は相手を立てることでどちらかと言うと提供する側が従となります。
ホスピタリティ、おもてなしは相手と同じ立場で心を通わせ合うことが柱となります。

日本独自の文化「おもてなし」は、茶道の心としても知られているように、一期一会の心、
何気ない自然な立ち振る舞い、目に見えない心遣いや気遣いと言ったことを重んじます。

人と人とが繋がり、結び付きを強くして、新たなチャレンジ、一日も早い震災復興に向かう為にも、
私達ひとり一人が「日本のおもてなしの心へ回帰」が不可欠であると考えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1316-aba3b9ff
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック