#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「ひと声」「ひと言」のおもてなし

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

言うと好感、言って当たり前、言わないと失礼の「ひと声」「ひと言

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

ひと声」「ひと言」は、一つの声や一つの言葉でなく、人の温もりの感じる語句として使うことです。
又、「こんにちはいらっしゃいませ」などと、「ひと声」「ひと言」を続けて言わないように心掛けます。
あなたのお店の「ひと声」「ひと言」は、人としての心が篭っていて、温もりがありますか?
下記の中から選んで振返って見て下さい。

凄く好感=S./好感=A./当たり前=B./無礼・失礼=C./不快=D.

[  ]「ようこそ」
[  ]「お待ち(致)しておりました」
[  ]「おはよう御座います」
[  ]「こんにちは」
[  ]「今晩は」

[  ]「はい
[  ]「承知致しました」
[  ]「どうぞ」
[  ]「お手数ですが・・・・・」
[  ]「失礼致します」

[  ]「いらっしゃいませ」
[  ]「かしこまりました」
[  ]「恐れ入ります」
[  ]「ありがとうございます」
[  ]「前を失礼します」

[  ]「後ろを通ります」
[  ]「もう少々・・・・・・」
[  ]「こちらに(こちらです)」
[  ]「あちら(こちら)です」
[  ]「あちら(こちら)へ、どうぞ」

[  ]「ただいま(参ります・お持ち致します)」
[  ]「お待ち頂けますか」
[  ]「少々お待ち下さいませ」
[  ]「お待たせいたしました」
[  ]「すみません」⇔ちょっとした失礼があった時以外は出来る限り使用しない言葉です。

ひと声」は「会釈・普通礼の一礼」がプラスされると更に好感度アップになります。
大切なお客様への【気遣い】【感謝】【思い遣り】の「ひと声」「ひと言」に心掛けましょう。
《ハッキリと・伝わるように・笑顔で・一礼と共に・お客様目線で》「一礼」のおもてなし。

★「ひと声」「ひと言」の思い遣り
忙しい時ほど お客様へ思い遣りの心を「ひと声」「ひと言」で伝えるようにすることです。
【ハッキリと・伝わるように・笑顔で・一礼を添えて・お客様目線で】

はい」(拝、配、背の語彙を意識する)
呼ばれた場合は、伝わるように笑顔でハッキリ答え、身体全体でリアクションする。

「ありがとう御座います」
この言葉を使う時は、いつも「有り難い」を意識する。
移動したり、お手を煩わしたりした時など、相手に負担をお掛けした時に使うと効果的。

「どうぞ」
丁寧に優しく心を込めて話すように心掛ける。

「ようこそ」
「○○○様、ようこそ」
「ようこそ、○○○様」
心の篭ったおもてなしの意を表わし、会員制の店舗、常連様などの場合に使う。

「失礼致します」
「恐れ入ります」
どんな場面でも使える、使い易い言葉ですが使い方に注意する。

「お待たせいたしました」
「お待たせしました」
的確な状況判断で声に出さない場合もあります。黙礼で伝えたりする場合もあります。

「少々お待ち下さい(ませ)」
「お待ち頂けますか」
「(もう)少々お時間を頂戴致します」
「お待ち頂けますか」
多少余裕を持たせた所要時間を伝える。(気遣いをする)

実際に2~3分かかる場合にはややゆとりを持って4~5分と伝えておくこと。
「かしこまりました」
「承知いたしました」
確かに私が責任を持って受け賜りました、の意が伝わるように話す。

「恐れ入ります」
「前を失礼します」
「後ろを通ります」
「お預かり致します」」(手配り・身配り)
「あちら(こちら)へどうぞ」(手配り・身配り)
「ただいま(参ります)(伺います)」 
ひと声ひと言は、お見えになられた大切なお客様への目配り、気配り、心配り、手配り、身配り
=「五配り」に忘れてはならない【心】を伝える言葉です。

状況判断と察知に心掛け、「思い遣り」を表わし伝えることです。
積極的にこちらから進んで「ひと声」「ひと言」を掛けられるよういつも意識しましょう。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    Re: 「笑顔で接客する店員・・・
    コメント有難うございます。
    貴殿のブログ拝見しました。
    数多くの情報が満載ですね。
    心の感じられる笑顔はサービス業と人間関係力の礎だと私は思っています。
    2012/01/17(火) 13:06:58 | URL | minoru.motoi #-[ 編集]
    「笑顔で接客する店員ほど実は自分自身が精神的に疲れてしまっている」という調査結果-【私の論評】仕事と割り切る以外に根本的に解決する道はないか?!
    こんにちは。笑顔で接客する人ほど精神的に疲弊し皮肉っぽくなるという研究結果がアメリカで公表されています。これは、アメリカの結果ですから、日本とは少しは異なるかもしれません。しかし、いつも笑顔というのは、どこの国であろうと大変なことだと思います。笑顔のテクニックはいろいろありますが、何のための笑顔かというところがないがしろにされていると思います。一番肝心なのは、いつも心の底からお客様に喜んでもらいたいと思えるようになることだと思います。それがなければ、どんなにの笑い顔のテクニックがすごくても結局はなんにもなりません。自分たちちの仕事場は、結局お客様に喜んでいただくためにあるのであって、たまたま、スーバーの店員をしているとか、飲食店の店員をしていると思えなけば、それは必ずお客様にに伝わります。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。
    2012/01/17(火) 10:59:33 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1323-c09ad5da
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック