接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  お客様と職場の「不」の排除

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

の解消は「安心と安心感」の【礎】

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

不の解消

大切なお客様に安心して頂き、安心感を感じて頂くためには、
先ず、「三現=現場・現物・現況」を以ってあらゆる角度から店舗や職場内の
様々な「」の要素をアセスメントし、現在あるを排除(解消)をしなくてはなりません。
そのためには「」の種類と内容、その熟語を知っておく必要があります。

営業形態や業種に別けての排除が出来るように、様々な「不」の要素を【不のリスト】にしてみました。
お客様にお店の『心』を伝える為に、[不の排除]は私達が必ずしなくてはならない大切な事です。

◇「不」のリスクアセスメント

◆お客様が受止める主な「不」は、

不安感 初めての来店、店舗の新旧、接客態度、客質、客層、等々・・・

不潔感 スタッフの身嗜み、店舗のクリンリネス度、商品、等々・・・

不信感 商品知識の不足、曖昧な応対、応対姿勢、店舗、等々・・・

不足感 商品自体、言葉、店舗と商品のバランス、接客サービス、等々・・・

不快感 視覚をはじめとした五感関連の様々な要素、接客、等々・・・

不公平感 一見さんと常連さん、老若男女、身なり、サービス、等々・・・

不和感 スタッフ同士、商品(メニュー)内容と価格、店舗と営業内容、等々・・・、

※営業形態、業種に合わせ振り分け、6W3Hで排除しましょう。

◆【不のリスト】

不揃い・不正・不安・不確か・不潔・不注意・不調和・不都合・不信・不意・不釣合い・不手際・不適・

不当・不満・不可能・不和・不義・不完全・不機嫌・不規則・不気味・不朽・不況・不遇・不適切・不当・

不謹慎・不心得・不在・不作・不作法・不測・不徳・不仲・不慣れ・不似合い・不如意・不人情・不備・

不必要・不評・不服・不平・不便・不本意・不真面目・不敏・不足・不屈・不調・不公平・不合理・不明

不向き・不明瞭・不滅・不愉快・不快・不行き届き・不要・不用・不利・不慮・不味い・不可欠・不精・

不可解・不恰好・不自然・不実・不躾・不仕付け・不十分・不順・不便・不均等・・・

◆五感で感じ取る「不」

※営業形態、業種に合わせ振り分け、6W3Hで考え、排除しましょう。

 (代表的なものを一つだけ記しました。他は店舗や職場に合わせ【不のリスト】からお選び下さい)

 視覚⇒不潔  (                                        )

 聴覚⇒不作法 (                                         )

 嗅覚⇒不快  (                                        )

 味覚⇒不味い (                                        )

 触覚⇒不備   (                                        )

 意識⇒不潔感

◆店舗(会社)

※営業形態、業種に合わせ振り分け、6W3Hで排除しましょう。
 
 (代表的なものを一つだけ記しました。他は店舗に合わせ【不のリスト】からお選び下さい)

 A.人 
  (例) 不真面目(                                        )

 B.商品(メニュー)
  (例) 不評(                                           )

 C.店
  (例) 不潔(                                           )

◆店舗職場(会社・仲間同士)の「不」の解消

 お客様ばかりか、働く環境の「不の解消」もしなくてはなりません。
 人に関したものでは不服・不平・不仲・不慮・不満などが代表的なものです。
 一方、職場や会社の不当・不合理・不合理・不向き・不明など「不の解消」も大切です。
 ここも、人と職場に別けて【不のリスト】から選び、改善されて下さい。

 A.人
 (例) 不仲(                                           )

 B.職場
 (例) 不満(                                           )


不の排除(解消)は、お客様へおもてなしの心《思い遣り》を伝えるばかりか、
職場内においても、重く捉え意識しなくてはならない大事なことです。


※皆さんが考え気付くに繋げることがポイントです。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/134-87c0e0b5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック