接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「日本のおもてなし」の余韻

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

いつまでも心に残る「おもてなし」の余韻

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

心に残る余韻はお迎え時より、見送る時に生まれます。
おもてなしや接客のポイントは、お客様が来店された(お着きになられた)時とお帰りになられる時、
共に大切ですが特に帰られる時が大事です。
どんなにお店が混雑し、お客様が多くいらっしゃっても、ひとり一人のお客様を心から大切にする心を
表わす行為の一つがお見送りです。

銀座の一流クラブのママさんや売上制のホステスは、状況や天候に関係なくお客様の姿が見えなくなるまで、
感謝の心で手を振りお辞儀をしています。
プロのサービスの極意とも言われることの中に、一級と言われるプロのサービスマンは
料理や飲物の知識だけでサービスが出来るものではないと言います。
そして、それはあまり重要視しないとも言っています。
とても快適で素敵な食事だったと、思って頂けるサービスが最高であり、
気が利きすぎても煩く感じて邪魔になる、けれどもお客様が望まれ必要とされ時には、
傍らに居て素早く適切なサービスが出来る気配りこそが大事だと説きます。

また家庭で時々あることですが、遠くに住んでいる親しい友人が暫くぶりに我家を訪ねて見えた時を
仮定した場合、先ず懐かしい想いでお互いに再会を喜び合いつつ迎え入れます。
そして、心を通わせ合える会話や料理、飲物で心を尽くした「おもてなし」をします。
その友を送り出す直前には、お帰りの交通手段の状況を調べ、雨の日は傘の手配をしたり、
汚れていた場合はお履物の手入れをしたり、忘れ物はないか、お土産は渡したか、
など様々な気配り心配りを相手に気遣いをさせず、自然にさり気なくします。
お帰りになる時は、家族全員で家の前に立ち、友人の姿が見えなくなるまで手を振りながら
お見送りをしたりします。

また、観光客のお客様の場合は、その土地に昔からある郷土(家庭)料理や、
その土地ならではの味わいのある独特の食材を使った、その土地ならではの料理法や提供法で
出されたものを食したいと思ってお見えに成ります。
観光地では、その土地だけで味わえる料理を提供することも「おもてなし」なのです。
このようなことは、古から日本に伝わる「おもてなし」の表れのひとつです。
それは、お客様への「日本のおもてなし」の所作として、
日本旅館や料亭、日本料理店で時により姿形を変えて行っています。
大切なお客様の心の中に、お帰り際の余韻(後味)として、
「さり気なく、心の篭った温かなお見送りを受けた」
という素適な思いを強く残し、「また来店してみたい」と言う気持ちを決定付ける要因にもなります。

日本の「おもてなし」は、自然さ気遣い心遣い気配り心配り気働きが原点です。
そして、それは大切な相手やお客様を「思い遣る心」から生まれるのです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1342-100f54c5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック