#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「思い遣りの心」は、人の原点

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

思い遣りの心」は、心を豊かにし、魅力度をアップする

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

思い遣りの心」、それは人として豊かな人生を送る為の「原点」です。
日々の生活をする上で、思い遣りの心は、仲間や大切な人、周りの人々との円滑で豊かな人間関係を作り、
豊かで幸せな生活を手に入れる為に欠かせないものです。
人間としての「思い遣り」と「優しさ」は、人生に不可欠なものと言っても良いのです。
と同時に「思い遣り」は相手とのコミュニケーションや心の繋がり、
信頼を作るために無くてはならないものです。

あなたは、「思い遣りとはどんなことですか?」と聞かれたら、どう答えますか。
様々なマナー講座、講話セやミナー、研修の場などで、先生や講師に訊ねてみて下さい。

昨年の東日本大震災が起こって、全世界の人々が被災された方々に対し、今の自分自身が被災者や
被災地の為に何が出来るかを精一杯考えていることが未だに報道されています。
このことは、まさしく被災者の方々への「思い遣り」の表れなのです。

そこで「思い遣り」について改めて再認識する為にも、「思い遣り」ついて書いてみます。
「思いやり」は一般的に「その人の身になって考えること、察して気づかうこと」と言われます。
細かく言うと「思い」は相手の気持ちになって考えたり、共感したり・同情したりすることであり、
「やり(遣り)」届ける・差し向ける・行うと言うことです。

私達は、日々の生活や職場、社会に於いて多くの人々に接し、触れ合います。
家族や友人など、職場ではお客様、同僚や上司など沢山の人々に出会います。
どんな時でも、相手を「思い遣る心」で接することが人として生きて行く為に必要とされるのです。
その「思い遣る心」は、「思い遣り」と言われます。
それは、貴方自身の心を豊かにし、成長させてくれますし、人として信頼される元になります。
当然のことながら見返りを当てにするようなものでも、求めたりするものでもありません。
人は思い遣りの心を持つことで、自分を本物の人間に育ててくれるばかりか、本物の愛を教えてくれる、
嬉しくて、有り難いものです。

その「思い遣りの心」は、会話や行動・態度に表れます。
それは、相手に対するあなた自身の”心の姿勢”の現われです。
そしてそれは、大切な人との「」を作るためになくてはならないものです。

この「思い遣り」を心に発動させるためには、お互いの気持ちが交換可能な状態が必要です。
即ち、相手の気持ちに同調、若しくは共感する必要があるということです。
要は、自分が相手に対して共感していないのに、何か親切な事や、何らかのアクションを
起こす事は「思いやり」とは呼べないと言うことです。
同じ行動であったとしても、思い遣りになる場合も有れば、お節介や迷惑に成ることも有ることは、
皆さんが日々実感していることだと思います。
人との繋がりやお付合い、触合いをする上で「思い遣り」があるのと無いのでは何が違うかと言うと、
「共感出来るか、出来ないか」と、言うことです。

また「思い遣り」のつもりで戒めたり、突き放したりしたことが誤解を受けてしまい、
思っていた逆効果として憎しみや恨みを生んでしまう場合も有ります。
この様なことを頭に置きながら具体的な「思い遣り」の言動を考えてみることにします。

相手に対する「思い遣り」のスタートは立場転換です。
接するその人の身になって考えること、それは貴方がもし相手の立場だったらと考えてみること、
即ち相手の立場に立ってあらゆる角度から思い巡らすことです。
それは、もし貴方の言った言葉をあなた自身が聞いたり、同じ行動をあなた自身が受けたりしたら、
どう思うかを自分自身に置き換えて考えることです。
その一つが、その人の置かれている立場に立って、その心中を推し量り、一緒に悩んだり考えたり、
同情、共感したりすることです。
そして他者の痛みが解かること、言い換えると他者の気持ち(心)が理解出来ることであり、
決して強者が弱者に対する憐れみではないのです。

おもてなしや接客業の場合では、お客様が客として認められるような挨拶や言動が無かったり、
また、接客するスタッフの態度が無愛想で感じが悪かったりしたらどうでしょうか。
若し、あなたがそうされたらとどうするか、どう思うか考えてみましょう。
このようなことは、要するに「思い遣り」とは相手の立場で考えてみることです。
或は、貴方がした挨拶を無視され、いい加減な挨拶を返されたら、どんな風に感じますか。
又、命令や指示ばかりされ、自分のことを認めて貰えなかったらどうでしょうか。
こう考えることから、「思い遣り」の心が生まれて来るのです。

私達人間は老若男女問わず、誰もが少なからず弱点、欠点、脆さを持っています。
突き詰めて言えば、その人間同士が日々の生活の中で時には対立し、共鳴して互いに支え合い、
分かち合って生活し、生きているのです。
「思い遣り」と言うのは、人間として平等な立場で相手の事を深く考え、何をして差し上げるのが良いか、
何をしてはいけないのかを「考え、思う(想う)」ことです。
このような意味から思い遣りは「おもてなし」と相通じることがあると言えます。
共に等しく生きていると言う温もりである連帯感から生じる、人間らしい温かい心と行為です。

どのような人も、必ず「思い遣り」の心や「優しい心」を持っているものです。
他人や自分に嬉しいことや楽しいことがあった時は、共に喜んだり、笑ったりして共鳴し、
人の心が苦痛にある時や自分が苦痛にある時は、共に悩んだり、考えたり、苦しみを共有したり
苦しみを打開する方法を考えたりすることです。
昨年のような災害のあった時こそ、直接の被害に合わなかった私達は日々の生活の中で常に、
このような「思い遣り」の心と優しさを持つことが最も大切なのではないかと考えます。

自らの心を、以下の項目の中から選んで有ると思うをチェックしてみて下さい。
数が多ければ多いほど、「思い遣りの心」持っている証です。


マナーは思い遣りの形であると自覚、認識していること
□感情や煩悩を自制出来ること
□目配り、気配り、心配りが平等に出来ること  
□優しい気持ちを表現すること
□気軽に相談に乗り共に考えること

□相手の気持ち察した言動のこと
□親しみと明るさのある挨拶に心掛けること
□相手の立場で話をしたり、聞いたり出来ること
□自分の思い(想い)を本気で伝えること
□観察や心配り、気配りから生まれるもの

□本気で真剣に話を聞き、共感し、相槌を打つこと
□時に厳しく接したり、突き放したり、戒めること
□飲ミニケーションをとり愚痴や不満の聞き役になること
□相手を労う心を持つこと 
□自己犠牲の精神無くしては出来ないこと

□お蔭様で思う感謝の心があること
□状況判断、現し伝えるタイミングが大事なこと(周りや相手の状況を見て)
□相手の今のこと、将来のことを考えてあげられること
□相手の気持ちに同調、もしくは共感出来ること
□必要以上の意識を持ちお節介でも良いと思ったことはすること

□「他人の気持ちを想像して理解することが常に可能」だという考え方を持つこと
□真の「思い遣り」は他人の気持ちを完全に理解する事は不可能だと知ること
□伝える側の心の姿勢を安定し、言葉づかいと親近感のある態度で行うこと
□場合によっては、回りの人々より、本人の意思を大切にすること
□嬉しい事は出来るだけ早く伝えて一緒になって喜ぶこと

□相手の痛みを自分に置き換え、知ること
□言われた事は間違いなくし、結果を報告すること
□苦しみを慰めてあげること
□報・連・相をきちんとすること
□感謝や謝罪はキチンと伝えること

□心配かけないこと       
□人と人との触れ合いに必要な心と言うこと
□人を惹きつける源になること
□魅力的な心に成れること
□異性や仲間からのモテ力アップに必要なこと
□優しさが自然と滲み出すようになれること
□相手に要らぬ気遣いをさせないこと


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1346-2896dcb5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック