接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「思い遣り」の説明

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

思い遣り」を学び、知る
※昨日の記事の、仕事をしながら身に着けられる「思い遣り」を学び、知る為の内容です。
 また、この内容はチャートにしある物を抜き出してありますので、やや見辛いですがお許し下さい。


思い遣り溢れる日本に!!

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

大きく捉えると、人として大切な「相手を思い遣る」は、日本人の「おもてなし」と言えます。
その「思い遣り」を表わし、伝える為には、先ず下記した意識の保有からスタートします。

 ❤愛情を持つ
 ❤共感し合える
 ❤共有し合う


思い遣りを「」で紐解く

H.≒Heart・Mind(気持ち・意識・個性)

S.≒能力・法・術 Skill・Technique(technical skill)

Т.≒表現・伝達 Transmission、Communication、Expression 、Representation


思い遣りの「心」とその心を表わし伝える「(抜粋)

H.心≒Heart(気持ち・意識・個性)
 ⇓
H.-1.感謝⇒S.≒有難い・嬉しい
 (感謝の技の具例)
 ☆感謝コンセプト=有難い・嬉しいを表現と伝達。
  ・ 相手を想った言動、節度あるお辞儀をする
  ・ 挨拶を進んでする(目つき・アイコンタクト)
  ・ お蔭様の心で話す
  ・ 感謝の言葉、会話を心を込めて話す
  ・ 相手への立場転換意識を持つ   
  ・ 相手を立てた行動(車道側や通路の端を歩く)
  ・ 相手に対し常に正面で接し、応対する
  ・ 感謝を自ら進んで伝える(言葉・表情・態度)
  ・ 感謝を込めた贈り物をする
 ※このように、各「技」の解説が付きますが、サンプル的に載せました。
H.-2.歓迎⇒S.技≒歓待(おもてなし)の所作(礼儀・尊敬・慈しみ)・相互認識・主客対等
H.-3.利他⇒S.技≒愛他・自己犠牲
H.-4.誠実⇒S.技≒真心・正直・真実
H.-5..立場転換⇒S.技≒察知・気遣い

H.-6.お世話(ホスピタリティ・サービス)⇒S.技≒洞察・気働き
H.-7.謙虚さ⇒S.技≒尊敬・無我
H.-8.奉仕⇒S.技≒無欲・無心
H.-9.寛容さ⇒S.技≒寛大・忍耐
H.-10.優しさ⇒S.技≒慈愛・守る

H.-11.厳しさ⇒S.技≒状況判断(必要性)・目的認識
H.-12.制御(コントロール)⇒S.技≒感情・煩悩
H.-13.予知・先見⇒S.技≒将来・的確
H.-14.安全⇒S.技≒安心・衛生
H.-15.居心地⇒S.技≒心・環境

H.-16.自然さ⇒S.技≒環境・所作
H.-17.ソリュウションSolution業務上の問題や課題の解決・解明⇒S.技≒着眼・洗出し
H-.18.向上心・チャレンジ⇒S.技≒自己認識・自己管理・目標意識
H.-19.危機意識⇒S.技≒分析・診断・現状認識
H.-20.信頼⇒S.技≒有言or無言実行、誠実、真実

◇思い遣りを「」で表わし示す、その表現・伝達の「技」 (抜粋)
Т.(表現・伝達) Transmission、Communication、Expression 、Representation
 ⇓
Т.-1.言葉⇒S.技≒口調・語種
 (言葉の技の具例)
 ☆言葉のコンセプト=心と意識の表現と伝達。
  ・ その場に合った言葉に心を込める
  ・ 一言一ひと言ハッキリと話す
  ・ 応対を意識した言葉、適切な応対用語で話す
  ・ 相手に伝わる言葉を話す
  ・ 相手を立てる言葉遣いをする
  ・ 相手の感情や心を察する
Т.-2.姿勢⇒S.技≒身体・心
Т.-3.態度⇒S.技≒影響度の自覚・表現手段

Т.-4.所作⇒S.技≒原義・目的認識・適性適切
Т.-5.挨拶⇒S.技≒言葉・態度
Т.-6.表情⇒S.技≒顔・目・声

Т.-7.清潔⇒S.技≒身嗜み・環境
Т.-8.美観⇒S.技≒美意識・物・5S
Т.-9.丁寧⇒S.技≒態度・仕草
Т.-10.不の解消⇒S.技≒危機管理・物・環境・リスクアセスメント
Т.-11.タイミング⇒S.技≒観察・行動・スピード
Т.-12.T.P.O⇒S.技≒選択・適合・適切


■「心」と「体」に共通する「技」の例(抜粋)
 ⇓
〇人原力に匹敵する「技」の例(抜粋)
 ・五配り(目配り・気配り・心配り・手配り・身配り)
 ・気働き・気遣い・心遣い・さり気なさ・自然さ・目立たなさ・素直さ

〇人眼力の「技」 (抜粋)
目配り≒人眼力の「技」≒手法の具体例
 ・相手の状況を察知する(心・身体)
 ・相手の置かれている物理的環境全体を見知る
 ・相手の言葉、行動を観察、見守る
 ・相手の特長を見る(知る)
 ・今必要なことを察知する
 ・相手の動作を何故の目でみる
 ・相手の名前、特長を覚える
 ・相手の目線の先をみる
 ・様々な角度から目線を変えて見る

〇人元力の「技」≒手法・スキル(能力)
〇人現力の「技」≒手法・スキル(能力)
〇人言力の「技」≒手法・スキル(能力)

〇自己認識力の「技」≒手法・スキル(能力)
〇自己統制力「技」≒手法・スキル(能力)
〇動機付けする為の「技」≒手法・スキル(能力)
〇共感能力の「技」≒手法・スキル(能力)
〇社会的スキルの「技」≒手法・スキル(能力)

〇感情・煩悩(欲望)の識別の「技」≒手法・スキル(能力)
〇感情・煩悩(欲望)の是非とその判断「技」≒手法・スキル(能力)
〇感情・煩悩(欲望)の区別の「技」≒手法・スキル(能力)
〇感情・煩悩(欲望)の自覚認識の為の「技」≒手法・スキル(能力)
〇感情・煩悩(欲望)の利用の「技」≒手法・スキル(能力)
〇感情・煩悩(欲望)の理解の「技」≒手法・スキル(能力)
〇感情・煩悩(欲望)の調整、制御の「技」≒手法・スキル(能力)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1349-33341251
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック